匿名通貨であるジーキャッシュ(Zcash)の今後の将来性を徹底調査

zcashの概要・特徴・将来性を解説

ジーキャッシュの概要

通貨名称 ジーキャッシュ(Zcash)
最大発行数 2100万枚
公開日 2016年10月
公式サイト https://z.cash/
ホワイトペーパー https://github.com/zcash/mpc/blob/master/whitepaper.pdf

ジーキャッシュの特徴や目指しているもの

Zcashは、2016年10月に公開された、世界で初めて「ゼロ知識証明」という仕組みを採用した匿名性の高い仮想通貨(匿名性通貨)です。通貨単位はZECです。匿名性通貨自体は他にもありますが、ジーキャッシュはアドレスだけでなく取引量も匿名にできるのが大きな特徴です。

送金スピードもビットコインより早く、発行枚数も少ないため値上がりも期待しやすいなど、総じて高スペックではあります。一方で高すぎる匿名性は、ダークマーケットなどで利用されるリスクにもつながります。それを危惧する国家から規制がかかるリスクは無視できず、投資する場合は注意が必要です。

大半の仮想通貨は匿名ではない

ジーキャッシュの機能の説明の前に、まずはジーキャッシュが生まれるまでの経緯を軽くお話します。ジーキャッシュが生まれた理由は、簡単に言えば「既存の仮想通貨の匿名性が低すぎるため」です。

ビットコインを始めとする大半の仮想通貨は、アドレスを用いて取引を行います。アドレスとは言ってみれば銀行の口座番号のようなもので、数字とアルファベットを組み合わせた、それ自体は意味を持たない文字列です。

アドレスを用いて行われた仮想通貨の取引情報はブロックチェーン上に記載され、その取引情報は誰でも閲覧できます。アドレス自体は維持を持たない文字列なので、それだけで個人が特定されることはありませんが、アドレスと個人情報が紐付けられてしまった場合、すべての取引は外部に筒抜けになってしまいます。

アドレスと個人情報を紐付けられなければいいのでは、と思われるかもしれませんが、個人の努力だけでそれを完全に防ぐことは不可能です。

アドレスを持つためには、アドレスを取得するサービスを利用する必要があります。それは例えば仮想通貨取引所だったり、Webウォレットだったりします。これらのサービスを利用する際には通常、サービスに対して個人情報を登録します。この時点で、アドレスと個人情報は紐付けられてしまいます。このサービスがハッキングされた場合、あなたに過失がなくてもアドレスと個人情報の関係性は外部に知られてしまうのです。こうした問題を解決するために出来たのが、ジーキャッシュという仮想通貨です。

ジーキャッシュは「ゼロ知識証明」で匿名性を確保している

匿名性の高い仮想通貨はいろいろありますが、ジーキャッシュは「ゼロ知識証明」で高い匿名性を担保しています。ゼロ知識証明とは、簡単に言えば、「ある秘密を知っていることを、その秘密の中身を第三者に公開することなく証明すること」です。

例えば、私が洞窟の奥の扉を開くための合言葉(秘密)を知っているとします。この合言葉には価値があり、お金を払ってでも買いたいという人がいますが、その人は私が合言葉を知っていると完全に信頼できなければお金を払ってくれません。

私がその合言葉が正しいことを証明するためには通常、第三者と一緒に洞窟の奥まで行って、実際に開けてみせる必要があります。しかし、それをすれば第三者に合言葉が流出してしまいます。その第三者が合言葉を買いたい人に漏らす可能性は否定できません。かと言って何もしなければ合言葉を買いたい人には信頼してもらえません。

一方、ゼロ知識証明を使用すれば、「私の知っている合言葉は正しい」と主張するだけで、それが正しいと証明できるのです。そんな事ができるのか、と思われるかもしれませんが、出来てしまうのだから不思議です。

ゼロ知識証明についての詳しい解説は避けますが、簡単に言えば「合言葉を知っている人ならば100%正答できるが、合言葉を知らない人には50%の確率でしか正答できない問題を繰り返し解く」事によって証明するものです。

合言葉を知っている人は何問出されても全問正解できますが、合言葉を知らない人は問題数が増えるに従って全問正解できる可能性が下がっていきます。つまり、いつかボロが出るわけです。何十問、何百問、何千問と聞いても全問正解し続けるならば合言葉を知っているものと判断します。

このことからもわかるように、ゼロ知識証明は数学上の証明とは違い、偽を真としてしまう可能性がわずかながら存在しています。しかし、可能性は極めて低いので(二者択一を1000問連続で正解する可能性は概ね1/2^1000です)正しいとしても運用上は問題ない、というわけです。

ジーキャッシュは他の匿名性仮想通貨よりもさらに安全

ジーキャッシュ以外にも匿名性通貨はいくつかあります。少し前までコインチェックで取り扱いがあったダッシュやモネロがその代表例です。しかし、ジーキャッシュはこれらの匿名性通貨よりも更に匿名性で優れています。

ダッシュやモネロは誰が誰にお金を払ったかは匿名に出来ますが、いくら払ったかについては匿名に出来ません。一方、ジーキャッシュはいくら払ったかについても匿名に出来ます。

ジーキャッシュに出資している企業一覧

  • Pantera Capital
  • Digital Currency Group
  • Alan Fairless
  • Devon Gundry

(一部抜粋)

ジーキャッシュの半減期予定

ジーキャッシュの半減期は4年に1回です。前回の半減期が2016年10月なので、次回は2020年10月頃になるものと思われます。それに伴い、発行枚数は12.5ZECから6.25ZECになります。

筆者が考えるジーキャッシュの今後の将来性

基本的には苦しい立場になるものと思われます。国家の規制が入る可能性が極めて高いからです。

前述の通り、ジーキャッシュの最大の強みはその匿名性の高さです。ビットコインなどの一般的な仮想通貨はもちろん、匿名性通貨すら上回る匿名性は最大の武器であると同時に、弱みでもあります。

国家からすれば、あまりに匿名性が高すぎる仮想通貨は危険な存在です。ダークマーケットで使われたり、資金洗浄の手段として使われたりする可能性があるからです。通常の仮想通貨ならブロックチェーン上の取引情報から追跡ができますが、ジーキャッシュではそれもままなりません。こうした仮想通貨は、その性能故に規制される可能性があるのです。

2018年1月になってもコインチェックがなかなか金融庁の認可を得られなかったのは、匿名性通貨を扱っていたからだという話もあります(ビットフライヤーなどは2017年10月の時点で認可を得ていました)。

そうこうしているうちにコインチェックで多額のNEM流出が起き、更にはマネックス証券が買収に至りましたが、そこでは匿名性通貨の取り扱いはなくなる可能性が高いです。大手取引所が取り扱いをやめてしまえば、価値の低下は必至です。

それでもダークマーケットなどの需要はなくなりませんが、各取引所や国家の規制の動向は十分に追うことをおすすめします。

ジーキャッシュが購入できる取引所一覧

かつては日本の取引所であるコインチェックで売買ができましたが、現在休止中のため、海外で購入するしか方法がありません。

  • バイナンス
  • Bitfinex
  • Bittrex
  • HitBTC
  • Kraken
  • Poloniex
  • Bithumb
  • OKEx
0 0

この記事の共有はここから