XMRの今後の将来性はどうなのか?XMRの特徴や購入できるおすすめ取引所まとめ

XMRの将来性・特徴・取引所まとめ

XMR(モネロ)の概要

通貨名称 XMR
最大発行数 1840万枚
公開日 2014年4月
公式サイト https://getmonero.org/
ホワイトペーパー https://github.com/monero-project/research-lab/tree/master/whitepaper

XMRの特徴や目指しているもの

XMR(Monero/モネロ)は、匿名性に重点を置いた仮想通貨です。Bytecoinという仮想通貨を元に開発されたものであり、ワンタイムリング署名という特殊な技術を用いることによって、ビットコインよりもさらに高い匿名性を実現しています。

その他、ブロックサイズの制限がなく、マイニングも比較的容易であるなど、性能的にはビットコインよりも優れている点が少なくありません。

一方で、このような匿名性の高い仮想通貨は、ブラックマーケットなどの違法市場で使われる可能性があることから、国家による規制がかけられる可能性がやや高いです。

また、XMR以外の匿名性の高い仮想通貨とは競合関係にあり、それらとの競争も避けられないでしょう。優秀な仮想通貨ではありますが欠点がないわけではないことには留意が必要です。

ワンタイムリング署名によって高い匿名性を実現

XMR(Monero)は、ワンタイムリング署名という匿名性を高める技術を採用しています。ワンタイムリング署名の元とは、リング署名とワンタイムアドレスという2つの技術を組み合わせたもので、これにより取引履歴の追跡はほぼ不可能になります。

リング署名とは、複数の公開鍵を重ねて署名する技術です。もう少しわかりやすく言えば、誰が行った署名なのかをわからなくする技術です。

ワンタイムアドレスとは、送金時に発行される使い捨てのアドレスです。銀行などのWebサイトにログインするときはワンタイムパスワードを発行しますが、それのアドレス版と考えていただければだいたい間違いありません。送金の際には毎回違うアドレスを使用することになるため、追跡のしようがないわけです。アドレス自体も95文字と非常に長く(ビットコインは最長34文字)、この点でも匿名性は高いです。

一方、ビットコインの取引履歴は、アドレスと紐付けられた上で公開されます。ビットコインのやり取りは個人情報とは関係のないアドレスを用いて行われるため、通常はそこから個人情報が割れることはないのですが、何らかの事情でビットコインアドレスと個人情報が紐付けられてしまった場合、すべての送受金履歴は筒抜けになってしまいます。

このような事態を避けたいと考えている人は少なくないはずで、そうした人たちにとってXMRは大きな味方となります。

ブロックサイズが無制限なのでスケーラビリティ問題のリスクなし

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンのブロックのサイズの上限が小さすぎることによって発生する様々な問題です。これに頭を悩ませているのが、仮想通貨の代表であるビットコインです。

ビットコインのブロックサイズはもともと1MBでした。ビットコインの取引数が少なかった頃はこのブロックサイズでも問題がなかったのですが、取引が増えるとこのブロックサイズに取引記録が入りきらず、送金が遅れたり、取引手数料が高騰したりするようになりました。この問題をどう解決するかで開発者やマイナーは意見をまとめることが出来ず、その結果分裂が発生。ビットコインキャッシュという新たな仮想通貨が誕生しました。

ビットコインはSegwitという技術で取引記録を小さくすることによって、ビットコインキャッシュはブロックサイズを8MBに拡大する事によって問題の解決を図ろうとしていますが、十分に成功しているとは言えません。

一方、XMRにはブロックサイズの上限がないため、スケーラビリティ問題は事実上発生しません。今後使用される頻度が増えても送金遅れや手数料の高騰などとは一切無縁でいられるわけです。

個人でも比較的簡単にマイニングが可能

XMRはビットコインと同じく、POWというコンセンサスアルゴリズム(仕組み)によって支えられていますが、ビットコインよりも簡単にマイニング(記帳して見返りに報酬を受け取ること)ができます。

POWはマイニング(記帳)を行った人に対して報酬を支払う仕組みです。マイニングをしたい人は自身のコンピュータを使って計算を行い、最も早く計算を解いた人が報酬を受け取れます。必然的に、高性能なコンピュータの持ち主ほど多くの報酬が受け取れます。ビットコインのマイニングには、ASICという専用のコンピュータが使われています。

ASICとはそれぞれの仮想通貨ごとに開発されている集積回路であり、個人が買うにはいささか高額すぎる品です。一応ASIC以外のコンピュータでも参加は可能ですが、ASICの計算速度に勝つのはほぼ不可能であり、無理矢理やっても電気代で赤字になるのが関の山です。

このような仕組みでは資金力のある少数のマイナー(マイニングを行う個人や団体)のもとに報酬が集中してしまいます。

一方、XMRにはASICが存在しないため、GPUでもマイニングが可能です。GPUは本来パソコンに画像を表示させるためのものですが、マイニングにも使えます。比較的高性能なパソコンにも搭載されるものであり、その価格はASICと比べるとずっと安価です。個人でもマイニングができるため報酬が分散され、ネットワークが健全に保たれます。

他の匿名性通貨との違い

XMR(Monero)、DASH、Zcashの3つの仮想通貨は、その匿名性の高さから日本では「匿名3兄弟」と言われることもあります。いずれも時価総額は高く、そのランキングはそれぞれ13位、9位、23位となっています(2018年3月10日時点)。

DASHは送金の際に管理ノードというコンピュータを経由し、そこで複数者から送金されたコインをよく混ぜることによって、匿名性を確保しています。送金スピードが数秒と非常に早く(XMRは2分)、名前負けしていません。

Zcashはゼロ知識証明という技術によって、第三者に取引を公開することなく、その取引の正当性を証明することです。本来は公開されるはずのアドレス、送金額などは外部からは見えないようになり、送金者と着金者だけが閲覧できます。3つの中では最も匿名性が高いですが、送金時間は10分と長めです。

それぞれに長所がありますが、現時点では送金スピードの優れるDASHがトップです。

筆者が考えるXMRの今後の将来性

XMRの将来性は判断が難しいところです。一番の懸念点は、国家による規制です。匿名性の高さは使用する側から見れば長所である反面、国家から見れば短所です。

違法な商品の売買、マネーロンダリングや脱税などに使われる可能性があるからです。日本を含めた各国で、「仮想通貨は認めるが、匿名性の高い仮想通貨は認めない」、とする動きが出てきても全く不思議ではありません。

それでも使う人は使うでしょうが(犯罪に手を染める人が国家の指図を聞くとは思えません)、表の世界で使われなくなってしまえばどうしてもその価値は限定的なものになってしまいます。

また、他の匿名通貨との競争にもさらされます。現時点では三つ巴と言ったところで、どれが勝つかは不透明です(複数の勝者が出る可能性もありますが)。

匿名性の高さ、マイニングの容易さ、ブロックサイズに対する懸念のなさなど、仮想通貨としては優秀であるため、厳しい規制がされないと信じるならば、買ってもいいでしょう。

XMRが日本に上場する可能性

日本ではコインチェックのみがXMRを扱っていますが、現時点での使用はおすすめできません。他の仮想通貨取引所に上場される見通しはありません。海外の取引所を使ったほうが遥かに安全です。

XMRが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • BITFINEX
  • Bittrex
  • HITBTC
0 0

この記事の共有はここから