XLMの特徴、今後の将来性まとめと、XLMが購入できるおすすめ取引所

XLMの今後の将来性

XLM(ステラ/ルルーメン)の概要

通貨名称 Stellar
最大発行数 1000億枚+年1%
公開日 2014年7月
公式サイト https://www.stellar.org/
ホワイトペーパー https://www.stellar.org/papers/stellar-consensus-protocol.pdf

XLMの特徴や目指しているもの

XLM(ルーメン)は、個人間の決済をスムーズにするためのプラットフォーム「Lumens」で使われる仮想通貨です。当初、このプラットフォームはStellarと呼ばれていましたが、2015年にLumensにリブランディングされています(ただ、何故か現在もStellarと呼ばれることが多いです)。

Lumens基本的な理念はリップルに近く、仕組みも似ていますが、XLMはXPR価格変動を抑える方向に力が働きやすく、非営利団体(Stellar Development Foundation)が運営しているなど、細かな違いも少なくありません。現状は何かと無駄が多い個人間送金をより便利なものにするかもしれない将来性のあるプロジェクトであり、注目に値します。

XLMの元となったリップル(XRP)の仕組み

XRPはアメリカのリップルラボ社が開発した国際間送金プラットフォーム「リップル」上で使われる仮想通貨です。リップルは様々な法定通貨や仮想通貨の送金をスムーズにするためのものであり、その仲介役をXRPが担います。

例えば、日本の企業がアメリカの企業に送金をする場合、日本の企業はリップルのシステム上で日本円を送ります。するとリップル内で日本円がXRPに変換され、さらにXRPが米ドルに変換されて、アメリカの企業のもとに届きます。

「日本円→XRP→米ドル」という流れだけでなく、「日本円→XRP→ビットコイン」のように法定通貨から仮想通貨に変えたり、「ライトコイン→XRP→ビットコイン」のように仮想通貨から仮想通貨に変えたりすることも可能です。

リップルは現状多くの金融機関が使用している国際送金システムと比べて極めて迅速かつ安価であり、世界中の金融機関を巻き込んだ一大プロジェクトとして普及への取り組みが進められています。XRPの時価総額はビットコイン、イーサリアムに次ぐ第3位であることからも、その期待の高さが伺えます。

XLMは「個人がメインターゲットのXRP」

XLMも基本的な仕組みはリップルと同じです。というか、リップルを元に開発されています。元マウントゴックス社の創業者であるジェド・マケーレブ氏が開発したものであり、現在は非営利団体のStellar Development Foundationが開発を行っております。

中央集権的であるというリップルに対する批判を考慮しているのかはわかりませんが、給与を公開したり、プログラムの詳細を公開したりするなど、情報公開に積極的に努めています。

XLMの基本的な仕組みはXRPと同じく、他の法定通貨や仮想通貨の橋渡しをすることですが、XRPが銀行などの法人、それも大規模な法人をメインターゲットとしているのに対して、XLMは主に個人をメインターゲットとしています。個人の送金する金額は法人よりも金額が少なく、そのため決済速度はXRPよりも早いです(XRPも仮想通貨の中ではかなり早い方ですが)。

デフレ通貨のXRP,インフレ通貨のXLM

XRPもXLMも、最初の発行枚数は1000億枚です。しかし、XRPは最初の発行から増えることがなく、むしろ使われれば使われるほど送金のたびに一部が破棄されて減っていく「デフレ通貨」であるのに対して、XLMは毎年1%増えていく「インフレ通貨」という違いがあります。XLMがインフレ通貨として設計された理由は、価格の高騰を防ぐためです。

XLMの流通量が一定だと、需要が増えるたびに価格が高騰してしまい、個人には使いづらいものになってしまいます。

あらかじめだんだん流通量が増える仕組みを採用することによって、価格を安定させ、個人でも使いやすいものにする狙いがあります。

価格が高騰しづらい仕組みになっているのならば投資の対象としては適さないのではないか、と思われるかもしれませんが、まだ普及が不十分な今は価格が高騰する可能性が高いです。価格を安定させるというのは、あくまでも普及したあとの話です。

独自のアルゴリズム「SCP」で分裂を抑制

XRPはXRP Ledgerというアルゴリズムを採用していますが、XLMはそれを改善し、より安全性の高いものにした「SCP」というアルゴリズムを採用しています。

XRP Ledgerは、承認者を予め選定しておき、その人達によって承認作業が行われる仕組みです。承認者のリストUNL(ユニークノードリスト)と呼ばれ、承認者がお互いを承認者であると認めることによってネットワークを形成します。承認者の80%が承認すれば、取引は正常なものと認められ、完了します。

この仕組は基本的にはよく出来ていますが、万が一承認者の80%からの承認がなかった場合、取引台帳が分岐してしまうという欠点を抱えています。

一方、SCPでは、承認者のリストはQuorum slicesと呼ばれます。SCPの仕組みのもとでは、承認者の80%の承認がなかった場合でも、取引台帳は分岐しないため、より安全です。勝手に分岐しないというのは仮想通貨の信頼を担保する上で非常に大切であるため、この仕組みには大きな意味が有ります。

筆者が考えるXLMの今後の将来性

XLMの将来性は高いと見ています。幾つかの企業がすでにこの仕組を採用しているというのが、心強いです(XLMは個人向けのシステムですが、企業も使えます)。フランスの送金業者TEMPOやナイジェリアの通信サービス事業者ParkWayはすでにこの機能を使ったサービスを提供しており、成功を収めています。世界的な大企業であるIBMもXLMとパートナーシップを結んでおり、国際送金事業をより効率的なものにしようとしています。

仮想通貨が値上がりするためには実需があることが大切ですが、XLMはまさに実需を取りに行った仮想通貨です。

一方、懸念点はインフレ通貨であることです。インフレ率自体は1%と高くはありませんが、やはりインフレ傾向があるというのは、投資の対象としては望ましいことではありません。もっとも、きちんと使われるようになれば、その需要の増加のペースは1%ではとても追いつかないほど高くなるはずですので、暫くの間はあまりそのことについて心配する必要はないのかもしれません。

XLMが日本に上場する可能性

日本ではすでに、KrakenがXLMの取扱を開始しています。ただ、Krakenは現状みなし仮想通貨取引業者であり、利用はおすすめできません。みなし仮想通貨取引所よりは、バイナンスやポロにエックスなど、信頼できる海外の仮想通貨取引所を使うことをおすすめします。

XLMが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Poloniex
  • Bittrex
0 0

この記事の共有はここから