XGOXとは?特徴や今後の将来性をわかりやすく解説!

XGOXとは?特徴や将来性を解説

XGOXの概要

通貨名称 XGOX(GoCion)
最大発行数 23億8000万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://gocoin.com/
ホワイトペーパー https://gocoin.com/pdfs/merchant_integration_guide_1.0.0.pdf

XGOXの特徴や目指しているもの

XGOX(ゴーコイン)は、最大年間利率1000%が特徴の仮想通貨です。もともとはGOKUCOINという名称でしたが、2017年に行われたリブランディングでXGOX(GoCoin)に生まれ変わりました。

一見詐欺としか思えないような利率ですが、草コインの中では比較的真面目に開発が行われており、ロードマップにもそれなりの具体性があります。大手取引所にはまだ上場されていませんが、今後上場された場合は暴騰する可能性を秘めています。

GoCoinの前身「GOKUKOIN」について

GoCoinはもともとGOKUCOINという名称でしたが、2017年10月にリブランディングが行われ、現在の名称になりました。

リブランディングが行われた原因は、GOKUCOIN側の著作権侵害です。かめはめ波でお馴染みの某アニメキャラクターの画像を公式サイトに無断で掲載していたのです。

すぐに画像は削除され、著作権者側と大きく揉める自体には至りませんでしたが、このままでは悪印象が拭いきれないということで、リブランディングを行ったようです。リブランディングに伴い公式ロゴやバナーなどの募集が行われ、最終的にはカジノのチップのようなロゴが採用されました。

GoCoinのコンセンサスアルゴリズム「PoS」について

GoCoinは、コンセンサスアルゴリズムにPoS(Proof of Stake)を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは大まかに言えば、ブロックチェーン(分散型のデジタル台帳)の記帳ルールのことです。ブロックチェーンに記帳する行為をマイニングといい、それを行おうとする人をマイナーといいます。多くの仮想通貨では、マイニングに成功したマイナーは報酬を受け取ります。

最もメジャーなコンセンサスアルゴリズムはPoW(Proof of Work)で、ビットコインを筆頭に多数の仮想通貨で採用されています。PoWは計算競争に勝利した(最も早く特定の計算を済ませた)マイナーがマイニングの権利を得て、報酬を受け取る仕組みです。データ改ざんに強いという長所を持つ一方で、計算競争が劣るコンピュータには勝ち目がなく、計算力のある一部のマイナーによる寡占が生まれやすい、電力消費量が多くなる、などの欠点もあります。

一方、PoSはマイニングの権利を得られるマイナーがランダムに選出される仕組みです。ただし、完全ランダムというわけではなく、コインの保有量が多ければ選ばれる確率は上がります。保有量の多い人には多くの報酬を、保有量の少ない人には少ない報酬を与えるという点で、利率に応じた利子を受け取れる銀行金利に似ていると言えます。

保有量が少ない人でも時折マイニングの権利が得られるため、PoW比べてマイニングの寡占が起こりづらく、電力消費量を抑えられるのが大きな特徴です。

XGOXの利率は最大1000%

XGOXの利率はブロックによって異なります。最初の方は利率が高く、時が経つ(合計ブロック数が増える)に連れて利率が低くなる、という仕組みを採用しています。具体的な利率は以下のとおりです。

  • 120,000〜199,999ブロック :1000%
  • 200,000〜249,999ブロック:500%
  • 250,000〜299,999ブロック:250%
  • 300,000〜349,999ブロック:125%
  • 350,000ブロック〜 :62.5%

数字だけを見れば分かる通り、非常に利率は高いです。これだけを見ると、完全に利率を餌にした詐欺コインにしか見えませんが、XGOXは開発を順調に進めており、具体性のあるロードマップも公開しています。

XGOXのロードマップ

GOKUKOIN時代にはかなり大まかな内容しか記載されていなかったロードマップですが、XGOXへのリブランディングと同時に、その内容はかなり具体的なものになりました。ロードマップはフェーズ1とフェーズ2の2段階から成り立っており、具体的には以下のような内容になっています。

フェーズ1

  • GOKUCOINからGoCoinへの移行(完了)
  • Discord(チャットアプリ)によるサポート(完了)
  • 複数言語によるアナウンス(準備中)
  • GoCoinのフォーラム、サイト、ゲーム作成(公式サイトはすでに完成)
  • レギュラーAirDrop(discord内で実施中)
  • マーチャントアプリ作成(準備中)
  • ステーキングプール作成(準備中)
  • Androidウォレットの作成(準備中)

フェーズ2

  • イーサリアムのブロックチェーンへ統合
  • 定期的なバーン(燃焼)
  • 自社開発ゲームとGoCoinの統合
  • 複数の仮想通貨取引所への上場
  • 多数のマーチャントとの連携

フェーズ1での計画はすでにいくつかが完了しており、他のものについても着々と準備が進められています。時価総額の低い草コインではありますが、決して開発が放置されているわけではなく、むしろ熱心に行われていることがわかります。将来的にはゲーム分野への進出も予定しています。

専用ウォレットについて

GoCoinは取引所に保管しておくこともできますが、安全性を考えると専用ウォレットの利用をおすすめします。専用ウォレットは公式サイトで配布されていますので、そこからダウンロードしましょう。

筆者が考えるXGOXの今後の将来性

まずまず期待できると考えています。常識はずれとも言えるほど高い利率は一見胡散臭く見えますが、少なくともただの詐欺コインということはなさそうだからです。開発も現時点ではキチンと行われているようなので、長期的な値上がりも期待できます。ただ、そうはいっても現時点では知名度が低く、不確定要素も多いので、過度な期待はしないほうがいいかもしれません。

XGOXが日本に上場する可能性

現時点では上場の見通しはありません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、今すぐ取引を開始したいという方は、そちらを利用しましょう。

XGOXが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • CoinExchange
  • CryptoBridge
0 0

この記事の共有はここから