XGOXの特徴や将来性、XGOXが購入できるおすすめの取引所

XGOXとは?特徴や将来性を解説

XGOXの概要

通貨名称 XGOX
最大発行数 23億8000万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://gocoin.com/
ホワイトペーパー https://gocoin.com/pdfs/merchant_integration_guide_1.0.0.pdf

XGOXの特徴や目指しているもの

XGOXは、最大年間利率1000%という驚異の利回りが特徴の仮想通貨です。もともとはGOKUCOINという名称でしたが、2017年に行われたリブランディングで生まれ変わりました。

一見詐欺としか思えないような利率ですが、草コインの中では比較的真面目に開発が進んでいて、ロードマップにもそれなりの具体性があります。大手取引所にはまだ上場されていませんが、今後上場された場合は暴騰する可能性を秘めています。

XGOXの利率は最大1000%

XGOXの利率はブロックによって異なり、最初のブロックほど高い利率が設定されていて、合計ブロック数が増えるにつれて利率が引き下げられています。具体的な利率は以下のとおりです。

  • 120,000〜199,999ブロック :1000%
  • 200,000〜249,999ブロック:500%
  • 250,000〜299,999ブロック:250%
  • 300,000〜349,999ブロック:125%
  • 350,000ブロック〜 :62.5%

これだけを見ると、完全に利率を餌にした詐欺コインに見えますが、XGOXは開発を順調に進めており、具体性のあるロードマップも公開しています。

XGOXのロードマップ

GOKUKOIN時代にはかなり大まかな内容しか記載されていなかったロードマップですが、XGOXへのリブランディングと同時に、その内容はかなり具体的なものになりました。
ロードマップはフェーズ1とフェーズ2から成り立っており、フェーズ1のいくつかが完了していて、他のものについても着々と準備が進められています。
このように、時価総額の低い草コインではありますが、決して開発が放置されているわけではなく、むしろ熱心に行われていることがわかります。

筆者が考えるXGOXの今後の将来性

常識はずれとも言えるほど高い利率は胡散臭く見えますが、少なくともただの詐欺コインとは考えられないため、まずまず期待できると考えています。開発も順調に進んでいるので、長期的な値上がりも期待できます。
そうはいっても現時点では知名度が低く、不確定要素も多いので、過度な期待はするべきではないでしょう。

XGOXが日本に上場する可能性

現時点では国内の仮想通貨取引所に上場する見通しはありません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場しているので、今すぐ取引を開始したいという方は、そちらを利用しましょう。

XGOXが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから