XFTの特徴や将来性、XFTが購入できるおすすめの取引所

XFTの仕組みやメリット・デメリット、今後の将来性を解説!

XFT(FootyCash/フッティーキャッシュ)の概要

通貨名称 XFT(FootyCash/フッティーキャッシュ)
最大発行数 460万枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://www.footycash.com/
ホワイトペーパー

XFTの特徴や目指しているもの

XFTは、海外(主にアメリカ)で流行しているシミュレーションゲーム「ファンタジースポーツ」のプラットフォーム「Footy Cash」上で使われる仮想通貨です。です。プレイヤーは架空のプロスポーツチームを作成し、他のチームと戦わせ、試合結果に応じて配当を受け取ります。

XFTの仕組み

XFTは、ファンタジースポーツを円滑に実施するためのプラットフォームです。プレイヤーはプラットフォーム上で自らのチームを他のチームと戦わせます。ゲームをプレイするにあたっては参加費が必要であり、その支払手段はXFTに限られています。

自らのチームが勝利すると、プレイヤーはその結果に応じて配当を受け取ります。チームを強くするほど勝利の可能性は高まり、結果として受け取り配当も多くなります。

XFTは分散型のプラットフォームであるため、運営が存在しません。したがって手数料は安く、運営側の都合で試合結果が改変されるリスクもありません。現状存在するファンタジースポーツプラットフォームよりもさらに安心して利用できます。

総発行枚数が少ない

XFTの総発行枚数は約450万枚です。仮想通貨の中ではかなり少ないと言われるビットコインの2100万枚すら大きく下回っています。発行枚数が少ないということは、言い換えれば単価が高くなるということでもあります。単価が高い通貨は投機を招きづらいため、短期的な価格上昇は期待しづらい一面があります。

XFTの将来性

現時点では、あまり期待していません。ファンタジースポーツとブロックチェーンを組み合わせたプロジェクトは実は意外と多く、XFTがその中で特別優れていると言えるような点がないからです。

例えば、XFTと同じファンタジースポーツプラットフォームにNoLimitCoinがありますが、こちらの内部コインであるNLC2はXFTと比べて時価総額が100倍以上が高く、Twitter上での公式の活発な動きも確認できます。こうしたものと比べるとXFTは正直見劣りします。

XFTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

XFTが購入できる海外の取引所一覧

  • CryptoBridge
0 0

この記事の共有はここから