XDNの今後の将来性とXDNが購入できるおすすめの取引所

XDN

XDNの概要

通貨名称 XDN
最大発行数 85億9000万枚
公開日 2014年5月
公式サイト https://digitalnote.biz/
ホワイトペーパー

XDNの特徴や目指しているもの

Digital Note(XDN)は、匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)の一種であり、誰にもコントロールされず、追跡不可能なメッセージ機能を保有し、ASIC耐性によってマイニングの公平性を確保しています。

仮想通貨はどこまで匿名か?

「仮想通貨は匿名性が高いものである」というイメージがありますが、実際には取引内容はすべて第三者に公開されています。

この取引の透明性の高さは取引の安全性・透明性を確保するという点では有効ですが、一方で取引のプライバシーが十分に守られないというデメリットにも繋がります。取引の透明性は十分に維持しつつも、送金の内容が第三者にばれない仮想通貨の需要に答えたのが匿名通貨です。匿名通貨は現状DASHやMoneroなどが有名ですが、XDNはこのいずれとも違った特徴を備えています。

CryptoNoteで匿名性を確保

XDNは、CryptoNoteと呼ばれるアルゴリズムで匿名性を確保しています。CryptoNoteの肝はリング署名です。これはグループの公開鍵を束ねてまとめることで、取引の署名を誰がしたか匿名化する技術のことです。これにより、第三者は取引の署名者を区別できません。

匿名メッセージ機能付き

XDNには匿名メッセージの機能が搭載されています。これは簡単に言えば匿名で使える携帯電話のSMSのようなもので簡単に、追跡も関連付けもできないメッセージを送信できます。

ASIC耐性で公平なマイニングを実現

XDNはコンセンサスアルゴリズムにProof of Activity(PoA)を採用しています。PoAはProof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)のハイブリッドです。

PoAはマイニングに最も適していて、最も高価な集積回路(ASIC)に対する耐性があるため、弱小マイナーが淘汰されにくく、その結果マイニングが高度に分散されやすくなっています。

仮想通貨のロックで1%程度の利息がつく

一方、PoSは仮想通貨の保有量に応じてマイニングの権利が割り当てられる仕組みです。仮想通貨を大量に保有している人には高い頻度で、少量保有している人には低い頻度でその権利と報酬が与えられます。この仕組は計算競争ではないのでコンピュータの性能に左右されず誰でもマイニングができる上、電力消費量も少ないなど、多くのメリットがあることから、将来的にイーサリアムもPoWからPoSに移行する予定です。

PoSは通貨保有量に応じて報酬が決まるため、その報酬を保有量に対する利息と見ることもできます。XDNの利息は0.5%~1%程度で、預金する期間が長いほど利息は高くなります。ただし、利息を受け取るためにはロック(通貨を一定期間引き出せなくすること。定期預金みたいなもの)が必要です。

筆者が考えるXDNの今後の将来性

現時点では、あまり将来性はないと考えています。XDNの機能自体に大きな欠点があるわけではありませんが、匿名通貨自体の未来が怪しいからです。

かつては日本の取引所でも有名な匿名通貨の取引できましたが、現在はできません。フランス国民議会の金融委員会トップであるエリック・ヴォルト氏も、匿名通貨は禁止すべきという見解を示しています。このように匿名通貨への風当たりが強いことを考えると、匿名通貨自体への投資があまりおすすめできません。

XDNが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

XDNが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから