WINGSの特徴や将来性、WINGSが購入できるおすすめの取引所

WINGSの今後の将来性

WINGS(ウィウンズ)の概要

通貨名称 WINGS(Wings)
最大発行数 1億枚
公開日 2014年
公式サイト https://www.wings.ai/
ホワイトペーパー https://wingsfoundation.ch/docs/WINGS_Whitepaper_V1.1.2_en.pdf

WINGSの特徴や目指しているもの

WINGS S(ウィウンズ)は、DAO(Distributed Autonomous Organization、分散型自治組織)を通じて、クリエイターが新規のプロジェクトを発表し、投資家がその成功を予測して投資するプラットフォーム、あるいはそこで使用されるイーサリアムベースのトークンです。

プロジェクトのクリエイターは質の高いプロジェクト(を行うためのDAO)を作成することによって報酬を受け取ります。一方、WINGSの利用者は数々のプロジェクトが成功するか否かを予想し、その予想の的中具合によって報酬を受け取るという仕組みになっています。言ってしまえばプロジェクトを対象にしたギャンブルのようなものです。

イーサリアムのスマートコントラクトによって細かい条件を随時設定することが可能であり、プロジェクトの進捗状況はブロックチェーンを通じて確認できます。

DAOってどんな仕組み?

WINGSの有用性を理解するためには、まずDAOが具体的にどのようなものなのかを理解する必要があります。DAOとは日本語に訳せば分散型自治組織、もう少しわかりやすく言えば、人間ではなく、複数のコンピュータが予め決められたルール・契約に従って管理する組織のことです。

通常、組織というものは人間が管理します。例えば株式会社の場合は、会社の保有者である株主が株主総会を通じて経営者を専任し、その経営者は従業員を管理します。近年は従業員でなくコンピュータを管理する機会も増えましたが、管理する側が人間であるという点では代わりありません。

一方、DAOの元では、コンピュータが予め与えられたルール・契約に則って人間やコンピュータを管理します。

コンピュータは複数存在し、互いに相互監視し、ルール・契約に違反しているコンピュータがないことを確認しながら、管理します。最初のルール・契約自体は人間が決めます(AIが進歩すればその部分もコンピュータが決めるようになるのかもしれません)。

ビットコインも複数のコンピュータによって管理されており、予め決められたプログラムによって新規発行や取引の承認が行われているため、DAOの一種と言えます。

コンピュータは人間よりも適切に判断する

コンピュータに管理を任せて大丈夫なのか、と思われるかもしれませんが、コンピュータが行う管理は人間が行うそれよりもずっと正確です。

普段はなかなか気づきづらいかもしれませんが、人間には様々なバイアス(ものの見方に対する偏り)がかかっています。そのバイアスは人間を正しい判断から遠ざけます。

例えば、人間には正常性バイアスというバイアスがあります。これは簡単に言えば、大きな災害や株価の大暴落など、通常はなかなか起きない大きな危険に対して「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」などと考えてしまう傾向のことです(火災報知器が鳴っても逃げずにその場に留まったことがある方は多いのではないでしょうか)。

人間は日常ではなかなか経験しない突然の大きな危機に対しては鈍感にできています。心配し過ぎによる心の消耗を防ぐ仕組みでもありますが、一方で逃げ遅れに対する原因にもなりえます。

投資で言えば、明らかに損切りして市場から脱出すべき場面でもポジションを持ち続け、損失を拡大させてしまうのがこれに該当します。理屈の上では損切りすべきとわかっていても、正常性バイアスが行動を妨げるのです。一方、コンピュータには正常性バイアスがないので、損切りすべき場面では損切りします。

もちろん、最初にルール・契約を作るのは人間であり、その部分に偏りがでることは避けられないでしょうが、コンピュータに管理を任せれば、少なくとも最初に定めたルール・契約自体が守られないことはなくなります(平常時に冷静に考えられて定められたルール・契約は適切な可能性が高いです)。

DAOは様々なプロジェクトに適用できます。ビットコインもそのプロジェクトの一つですが、従来の株式会社に似た仕組みも作れます。起業家、投資家、従業員などが能動的に参加し、コンピュータがそれを管理します。報酬の仕組みは予め決められており、参加者はそれにしたがって報酬を受け取ります。このDAOの仕組を最大限活用し、より有望なプロジェクトの資金調達、あるいはそれに対する投資を行いやすくするのが、WINGの目的です。

WINGSでは将来性の高いプロジェクトに直接投資できる

WINGSの仕組みのもとでは、何かを行いたいクリエイター(個人でも団体でもOK)は新しい提案を行い、DAOの概要をアップロードします。なぜDAOを結成するのか、集めた資金で何を行うのか、投資家が受け取れる報酬の割合はどうやって決めるかなどを明示するのです。仮想通貨のホワイトペーパーみたいなものですね。

投資家(WINGS保有者)はアップロードされた複数のDAOの概要を見比べて、成功する可能性が高そうなものに対して投資を行います。その期間が終わると、個々のプロジェクト用の新しいトークンが発行されます。正しい予測をした投資家は、それを受け取ります。トークンはブロックチェーンとスマートコントラクトによって保護されます。

レーティングの仕組み

WINGSには、クリエイターや投資家に対するレーティングシステムが搭載されています。質の高い提案を行ったクリエイターや、制度の高い予測をしている投資家は高く評価され、プラットフォーム上で様々な面で優遇されるようになっているのです。

例えば、レートの高い投資家には「一般投資家の代理人になる権利」が与えられます。一般投資家から依頼を受けて、代わりに投資するDAOを決めるのです。予測が当たれば、双方ともに報酬を受け取れます。

筆者が考えるWINGSの今後の将来性

WINGSの将来性ですが、現時点では競合の多さがネックとなりそうです。WINGSはクリエイター側からすれば資金調達の仕組みの一つですが、このような似た仕組みはいくつも存在しています。例えば近年何かと話題のICOもその一つです。ICOは下火にはなってきてはいますが、まだまだ人は少なくありません。こうした競合するモデルに打ち勝てるかどうかが、今後の分かれ道となりそうです。

WINGSが日本に上場する可能性

現状では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。早めに仕込みたいという方は、海外の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

WINGSが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Bittrex
  • Liqui
0 0

この記事の共有はここから