スピード決済のWDCの今後の将来性とは?WDCの仕組みと購入できる取引所まとめ

スピード決済のWDCの将来性・仕組み・取引所まとめ

WDCの概要

通貨名称 WDC(WorldCoin)
最大発行数 2億6500万枚
公開日 2013年5月
公式サイト http://www.worldcoin.solutions/index.html
ホワイトペーパー

WDCの特徴や目指しているもの

WDC(WorldCoin/ワールドコイン)は2013年5月に開発された、歴史の長い仮想通貨です。イーサリアムよりも古いこの仮想通貨はコーヒー1杯から高価なチケットまでありとあらゆる商品をスムーズにするための決済手段であり、わずか60秒以内にすべての決済が完了します。送金の手続きも数回クリックするだけと非常に簡単です。

WDCはビットコインやライトコインよりも早い決済手段

決済機能がメインの仮想通貨と聞いて、ビットコインやライトコイン、あるいはビットコインキャッシュやモナコインなどを思い浮かべる方は多いかと思います。しかし、WDCはここに挙げられたいずれのコインよりも決済スピードが早く、そこが優位点となっています。世界中のどこでも、誰とでも、わずか60秒以内に取引を終えられます。

WDCのブロック生成間隔は30秒です。上記のコインで最も早いモナコインですら90秒であることを考えると、その速さは圧倒的です。取引が即座に完了するので店頭決済などにも導入しやすく、銀行などの第三者機関を介さないため、取引手数料も僅かです。

また、WDCで支払いを行う際には、公開する情報の量を自分で決められます。隠したい情報は隠せるので、プライバシーも十分に保護できます。

コンセンサスアルゴリズムと難易度調整

マイニングのコンセンサスアルゴリズムはPoW(Proof of Work)を採用しています。これは簡単に言えば、計算競争によってマイナーを決める仕組みです。最も計算の早かったマイナーだけが、記帳と報酬を受け取る権利を得られます。マイナーが得る報酬は64WDCで、1週間毎に1%ずつ減少していきます。

時間が経つに連れてマイニング報酬が少なくなるので、過剰な供給によるインフレ(価格の低下)を防げます。マイナーが増えれば増えるほど、そのネットワークは強固で安定したものになります。

WDCもビットコインと同様に、難易度調整が行われます。難易度調整とは、WDCのマイニングの難しさを自動的に調整する仕組みです。マイニングのペースが早すぎるときは難易度を上げて計算が遅くなるようにします。逆にマイニングのペースが遅すぎるときは、難易度を下げて計算が早くなるようにします。難易度調整は1時間(120ブロック)ごとに行われます。

筆者が考えるWDCの今後の将来性

現時点では、あまり将来性はないと考えています。決済スピードが早いというのは良いことですが、それ以外に正直目だった特徴もありません。マーケティングもお世辞にも成功しているようには見えませんし、比較的メジャーでしかもWDCよりも決済が早い仮想通貨も少なくありません(XRPやDASHなど)。これらの仮想通貨にはない抜きん出たものが見られない以上、普及する可能性は低いのではないでしょうか。

WDCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

WDCが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから