VTCの特徴や将来性、VTCが購入できるおすすめの取引所

VTC

VTCの概要

通貨名称 VTC
最大発行数 8400万枚
公開日 2014年1月
公式サイト https://vertcoin.org/
ホワイトペーパー

VTCの特徴や目指しているもの

VTCは、2014年1月に誕生した、比較的歴史の長い仮想通貨です。その誕生は時価総額ランキング2位のイーサリアムよりも早く、多くの取引所で取り扱われています。

VTCは大きな権力に左右されない、人々のための通貨を目指しています。他の仮想通貨よりも公平であることを重視しており、政府や銀行はもとより、特定の個人やグループが大きな影響力を持つことも抑制しています。

今の仮想通貨は本当に分散されているか?

仮想通貨について調べていると必ずと行ってくるほど出てくる「分散化」というワード。過剰な持ち上げられ方を見ると流石に苦笑してしまいますが、分散化には大きなメリットがあることは間違いありません。しかし、今の仮想通貨の中に十分な分散化を果たしていると言えるコインはおそらくありません。VTCはそれを打破することを目的に開発された、公平・公正性を再重視した仮想通貨です。

分散化に対する熱意が違うVTC

結論から言ってしまいますと、VTCとビットコインの間に大きな機能差はなく、どちらも基本的には安全・安価な決済手段です。一応VTCのほうが送金スピードが早いのですが、目を見張るレベルというわけでもありません。しかし、分散化に対する熱意に関しては、VTCのほうがはるかに上です。

VTCはより万人に開かれたマイニングを目指している

先ほどビットコインのマイニングは少数のマイニンググループによって寡占化されているというお話をしましたが、この寡占化を促進させているのがASICです。ASICは特定の用途のために開発された集積回路(電子部品)です。ASICは様々な「特定の用途」のために開発されますが、ビットコインマイニング用のASICというものも存在します。ASICはCPUやGPUと比べて非常に高額であるため、ASIC同士の競争でも生き残れる強力な少数のマイニンググループだけがマイニングを寡占しています。もはや個人がビットコインのマイニングに参戦できる余地はないと言っても過言ではないでしょう。

このような現状を鑑みて、VTCはASIC耐性を搭載しています。ASIC耐性とは、ASICではマイニングされない仕組みのことです。ASICは特定の用途のために作られた集積回路であるため、マイニングの演算方法やプログラムを定期的に変更する仮想通貨に対しては極めて使いづらいという欠点があります。この欠点を突いたのがASIC耐性です。

ASIC耐性のある仮想通貨はCPUやGPUと言った、個人でも調達可能なマシンでマイニングせざるを得ないため、個人投資家や弱小マイニンググループでも生き残れます。その結果マイナーが増え、高度な分散化が達成されるというわけです。

VTCはICO・プレマイニングのいずれも実施していない

VTCは、アルトコインとしては比較的珍しいことに、ICOやプレセール、プレマイニングなどを一切していません。

ICOとは、仮想通貨の開発陣が仮想通貨を販売することによって開発資金を確保する手法であり、プレセールと呼ばれることもあります。株式を公開して経営資金を確保するIPOと似た仕組みであり、投資家は仮想通貨が値上がりすれば大きな利益を得られます。

プレマイニングとは、不特定多数の参加者に公開される前に、開発者やその関係者がマイニングを行い、その見返りとして報酬を受け取る行為のことです。開発者や関係者の利益、開発資金を確保するために行われます。

ICOもプレマイニングもそれ自体は責められるべきものではありませんが、徹底した分散化を目指すVTCは、このような特定のものだけに通貨が集まる仕組みを徹底的に避けています。開発側もいくらかVTCを持っているのですが、これはプレマイニングによって得たものではなく、不特定多数の参加者に公開した後のマイニングで入手したものです。

筆者が考えるVTCの今後の将来性

現時点では厳しいと考えています。分散化された仮想通貨を目指す、という理念は素晴らしいですが、ユーザーにとっては余り魅力的には見えないからです。実際のところユーザーが気にするのは価格と機能です。価格が上がらなければ誰もマイニングで報酬を得ようとしないので、ASIC耐性があっても意味がありません。

WebサイトやSNSなどの更新も頻繁に行われているとは言えませんし、ボランティアだよりの運営もかなり不安です。絶対に失敗するとは言い切れませんが、個人的にはVTCを買うお金があるのなら他のもっと有望な仮想通貨を買うことをおすすめします。

VTCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しはありません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

VTCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから