VIVOの特徴や今後の将来性と抱える問題点

VIVOの特徴や将来性と問題点を解説

VIVOの概要

通貨名称 VIVO
最大発行数 110万枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://www.vivocrypto.com/
ホワイトペーパー

VIVOの特徴や目指しているもの

VIVO(ヴィヴォ)は高速送金と高度な匿名化、ASIC耐性が特徴の仮想通貨です。もともとはDASHのソースコードから派生したもので、プライベートセンドと呼ばれる技術によってDASHと同等以上の匿名性を確保しています。取引速度も5秒と非常に早く、高速かつ安心して使える決済手段としてはなかなか優秀です。

ビットコインは「遅くて非匿名?」

ビットコインは高速で匿名、というイメージをお持ちの方は少なくないかと思いますが、実態はむしろ真逆です。ビットコインは仮想通貨の中ではかなり遅く、なおかつ匿名性も低いと言わざるを得ません。

ビットコインのブロック生成スピードは10分で、推奨される承認数は6段階であるため、普通に考えれば10分×6段階=60分(1時間)で送金されるはずなのですが、最近は送金詰まりが発生することが多く、取引に数時間、あるいはそれ以上の時間がかかることがしばしばあります。

また、ビットコインの取引はすべて世界中に公開されます。取引に使うアドレスは個人情報と結び付けられていないため、通常は匿名性は保たれるのですが、万が一両者が結び付けられてしまった場合、すべての取引は筒抜けとなります。

VIVOはこのようなビットコインが持つ欠点を大きく改善した、高速かつ匿名性の高い仮想通貨です。

「インスタントセンド」でわずか5秒で取引が終了

インスタントセンドとは、高速送金を実現するための技術です。インスタントセンドとは、マスターノード(ネットワーク上の特別なコンピュータ、詳しくは後述)に承認を一任することによって、送金速度を上げる仕組みです。

VIVOはインスタントセンドの仕組みによって、わずか5秒での送金を実現しています。ビットコインの理論上の値である60分(3600秒)と比べるとその速度は720倍です。送金にかかる時間が短いので、送金中の急な価格変動を気にする必要はなくなります。

プライベートセンドとは

プライベートセンドとは、DASHでも採用されている、送金を匿名化するための技術です。VIVOユーザーはプライベートセンド機能を利用することによって、誰に送金したかを簡単に秘匿できます。

プライベートセンドでは、まずは送金データ(送金額)を基本単位(0.01VIVO、0.1VIVO、1VIVO、10VIVO)に分割します。
例えば、58.39VIOを送金する場合は

  • 0.01VIOを9つ
  • 0.1VIOを3つ
  • 1VIOを8つ
  • 10VIOを5つ

といった感じで分割します。5839円を送金する場合に

  • 1円玉を9つ
  • 10円玉を3つ
  • 100円玉を8つ
  • 1000円札を5つ

と分割するようなものです。

次に、VIVOネットワーク上に存在するマスターノード上に対して「送金したい」というリクエストを送信します。個人を特定できる情報は送信されないため、マスターノード側がリクエストの申請者を特定することは不可能です。

マスターノードはこのリクエストが異なる3人から来るまで待ちます。3人分の送金リクエストが来たら、それぞれが送った送金データをしっかりとかき混ぜ、それぞれに返します。

イメージとしては、送金をリクエストした3人が送った分割された仮想通貨を1つの大きなプールで撹拌し、どれが誰のものだったかをわからない状態にしてから返す、といった感じです。これを何度も繰り返すと、資金源が極めて不明瞭になり、その結果匿名性が確保できる、といった仕組みになっています。この一連の流れは全て自動的に実行されるため、ユーザーが意識する必要はありません。

マスターノードとは

マスターノードとは、VIVOのネットワークにおいて中心的な役割を果たす、特別なコンピュータです。ブロックチェーンを適切に管理・監視することが主な役割であり、その役割を果たす見返りとしてブロック報酬の50%を受け取れます。

マスターノードになるための条件はたった1つ。1000VIVO以上を保有するだけです。2018年7月12日現在のレートが概ね1VIVO=30円なので、3万3000円あれば誰でもマスターノードになれます。

VIVOは誰でもマイニング可能

VIVOはASIC耐性を持つ仮想通貨です。ASIC耐性とは、ASICという「特定の目的を果たすために製造されたコンピュータ」ではマイニングができない仕組みのことです。高額で、資金力がなければ用意できないASICでのマイニングを排除し、より安価なGPUやCPUでのマイニングを受け入れることによって、高度な分散化を実現します。

パブリックブロックチェーンの高度な分散化を果たすためには、マイナーの数を増やし、新規参入のハードルを十分に下げる必要があります。

しかし、現状、ビットコインを始めとする主要な仮想通貨の多くは、一部のマイナーがマイニングを寡占している状態が続いており、十分な分散化が果たされているとは言えません。高額なASICが多数ないとまともにマイニングができず、それを用意できない個人や小組織がマイニングから抜けてしまっているためです。

VIVOは前述の通りASIC耐性を持つので、一部のマイニンググループにマイニング報酬が集中することなく、高度な分散化を果たせます。

筆者が考えるVIVOの今後の将来性

現時点ではあまり将来性はないと考えています。確かに高度な匿名化と高速送金は大きな魅力ではありますが、ではDASHと比べて明確に優れている点はどこにあるのか、と聞かれると答えに窮してしまいます。性能が似たようなものならばすでに時価総額が高く、ボラティリティ(価格変動幅)も比較的小さく、ウォレットなども充実しているDASHを使ったほうがいい、と多くの人は考えるはずです。

また、匿名通貨には規制のリスクもあります。匿名通貨は国家からすればハイリスクな仮想通貨だからです。匿名通貨は非匿名通貨と比べてブラックマーケットでの取引や資金洗浄などの違法な取引に使われる可能性が高いぶん、それを抑制するために取引所での扱いが禁止される可能性も高いです。

VIVOが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、今すぐ購入したいという方はそちらを利用するといいでしょう。

VIVOが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • CryptoBridge
0 0

この記事の共有はここから