VIVOの特徴や将来性、VIVOが購入できるおすすめの取引所

VIVOの特徴や将来性と問題点を解説

VIVO(ViVoCoin/ヴィヴォコイン)の概要

通貨名称 VIVO(ViVoCoin/ヴィヴォコイン)
最大発行数 110万枚
公開日 2017年8月
公式サイト http://vivocoin.net/
ホワイトペーパー

VIVOの特徴や目指しているもの

VIVOは、匿名通貨として知られるDASHのソースコードから派生した、高速送金と高度な匿名化、ASIC耐性が特徴の仮想通貨です。

プライベートセンドと呼ばれる技術により、DASHと同等以上の匿名性を確保しています。取引速度も5秒/1件と非常に早く、高速かつ安心して使える決済手段としてはなかなか優秀です。

VIVOの仕組み

VIVOは、マスターノードに承認作業を一任することで送金速度を上げる「インスタントセンド」により、わずか5秒での送金を実現しています。ビットコインの理論上の値である60分(3600秒)と比べるとその速度は720倍です。送金にかかる時間が短いので、送金中の急な価格変動を気にする必要はなくなります。
また、送金を匿名化する「プライベートセンド」により、匿名通貨としての機能を備えていることも見逃せません。

誰でもマイニングに参加できる

VIVOはASIC耐性を持つ仮想通貨です。ASIC耐性とは、ASICという「特定の目的を果たすために製造されたコンピュータ」ではマイニングができない仕組みのことです。高額で、資金力がなければ用意できないASICでのマイニングを排除し、より安価なGPUやCPUでのマイニングを受け入れることによって、高度な分散化を実現します。

パブリックブロックチェーンの高度な分散化を果たすためには、マイナーの数を増やし、新規参入のハードルを十分に下げる必要があります。VIVOは前述の通りASIC耐性を持つので、一部のマイニンググループにマイニング報酬が集中することなく、高度な分散化を果たせます。

VIVOの将来性

現時点ではあまり将来性はないと考えています。確かに高度な匿名化と高速送金は大きな魅力ではありますが、DASHと比べて明確に優れている点が見当たらないからです。また、各国の匿名通貨への規制強化の動きも大きなマイナスポイントと言えるでしょう。

VIVOが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、今すぐ購入したいという方はそちらを利用するといいでしょう。

VIVOが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから