UPPの今後の将来性とUPPが購入できるおすすめの取引所

UPP

UPPの概要

通貨名称 UPP
最大発行数 5億枚
公開日 2018年6月
公式サイト https://sentinelprotocol.io/
ホワイトペーパー https://sentinelprotocol.io/whitepaper/

UPPの特徴や目指しているもの

UPPは、仮想通貨のAutonomy(自立性、管理者不在の仕組み)が原因で発生する弱点を解決するためのプロジェクト「Sentinel Protocol」上で使用されるトークンです。ICOではわずかな時間で800万ドル(約8億8000万円)の資金を集めることに成功するなど、その期待の高さが伺えます。

管理者不在がもたらすメリットとリスク

ビットコインを始めとする大半の仮想通貨は分散型、つまりは管理者不在のもとで可動しています。分散型仮想通貨は特定の管理者によって供給が恣意的にコントロールされないことや匿名性の高さ、検閲に対して高い耐性を持つというメリットがある一方、責任の所在が不明瞭であることや不正流出の可能性といったデメリットがあります。

Sentinel Protocolは、仮想通貨の分散性を維持したまま、集団的知性や人工知能(AI)を活用することで、仮想通貨にまつわる諸問題の解決を図っています。

Sentinel Protocolの特徴

Sentinel Protocolには様々な機能がありますが、中心となるのはSentinel PortalとS-wallet、分散型マルウェアサンドボックスの3つです。

ユーザーの安全性を高めるSentinel Portal

Sentinel Portalは、ユーザーの安全性を高めるための機能の総称であり、いくつかの細かい機能から成り立っていますが、不正利用の検知と抑制を目的としている機能が集約されています。

高い防御力が魅力のS-wallet

S-walletは、高い防御力が魅力の仮想通貨ウォレットです。集団的知性や人工知能を導入することで脅威の傾向や履歴を分析、未知の攻撃に対しても耐性を持ちます。

分散型マルウェアサンドボックス

サンドボックスとは、外部から受け取ったプログラムやコードを仮想マシン上で動かすことで安全を確保するシステムです。正常に動作すればそれでいいですし、もし悪質なマルウェアがあったとしても、サンドボックス内であれば外の重要なデータは守られる、という仕組みになっています。

既存のサンドボックスはサーバー内で仮想マシンを作動させていたため、莫大なコストが掛かっていたのに対して、Sentinel Protocolの分散型マルウェアサンドボックスは未確認のプログラムやコードのテストをユーザが担うことにより、負担の軽減に成功しています。

筆者が考えるUPPの今後の将来性

現時点では、それなりには期待してもいいのではないかと思っています。

UPPが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入しましょう。

UPPが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから