UNOの特徴と今後の将来性、購入できる取引所まとめ

UNOの特徴・将来性・購入できる取引所まとめ

UNOの概要

通貨名称 UNO(Unobtanium)
最大発行数 25万枚
公開日 2013年10月
公式サイト http://unobtanium.uno/
ホワイトペーパー

UNOの特徴や目指しているもの

UNO(Unobtanium)は、非常に少ない発行枚数と、緩やかな供給量増加が特徴の仮想通貨です。希少性を最重視して作られた仮想通貨であり、プレマインを行わない、公正な配布を良しとしています。ビットコインはデジタル時代の金(Gold)と言われることが多いですが、UNOはその役割をビットコインに変わって担うことを目指しています。

なぜビットコインは金のように希少価値があるのか?

ビットコインはデジタル時代の金(Gold)と呼ばれることがあります。両者の間にはいくつかの重要な共通点があるからです。

共通点その1:最大供給量が明確である

金とビットコインはどちらも、最大供給量(市場に今後流通しうる最大の量)がかなり明確にわかっています。

金の最大供給量は約22万tです。このうち人類がすでに掘り出した金の総量は約15万t程度で、埋蔵量は約7万tと言われています。人間がどれだけ頑張っても、金の供給量を約22t以上にすることはできないのです。

一方、ビットコインの最大供給量(最大発行数)は2100万枚です。このうち発行済枚数は約1700万枚で、未発行枚数(今後発行される枚数)は約400万枚です。人間がどれだけ頑張っても、ビットコインの供給量を2100万枚以上にすることはできないのです。

一方、日本円やドルなどの法定通貨は金融政策次第で無限に近い発行が行われる可能性が否定できません。政策が理性的に決定されればそのようなことは起こりませんが、人間の理性に過度な期待はできません。金とビットコインはどちらも人間がどれだけ非理性的であっても大量に供給されないため、インフレによる暴落が発生せず、価格が安定しやすいのです。そのため、どちらも金融危機時に安全資産として買われることがあります。

共通点2:供給量の増加ペースが鈍化する

金とビットコインはどちらも時間が経つとともに供給増加ペースが鈍化していきます。

金は「掘りやすい(安価で掘れる)ところから掘る」のが基本です。そうした方がより大きな利益を得られるからです。必然的に、最初のうちは供給量は急激なペースで増加しますが、掘りやすいところから掘り尽くしてしまうと供給ペースは鈍化します。2018年時点ではすでに掘りやすいところからはあらかた掘ってしまったため、これからは極地や海底からも取り出すことになりそうです。

いっぽう、ビットコインには半減期という仕組みがあります。半減期とは時間あたりの新規発行が半減するタイミングのことで、概ね4年に1回訪れます。半減期が来るたびに、供給ペースは鈍化します。わずか10年で1700万枚が発行されたビットコインですが、今後は約120年掛けて400枚を発行していくことになります。

共通点その3:多くの人が「価値がある」と考えている

金やビットコインの単価が高いのは、その限られた供給量に対して、極めて大きい需要があるからです。なぜ大きな需要があるかと言うと、多くの人が「価値がある」と考えているからです。金の価格は工業的な需要よりもむしろ宝飾品や価値保存手段としての需要が多く、ビットコインも決済手段としてよりも価値保存手段としての需要が高いです。逆に言えば、「価値がある」と考える人が減ると、これらの資産は暴落する可能性があるということでもあります。

UNOはビットコインの特徴をより強化した新しいデジタルゴールド

UNOはビットコインの基本的な特徴を引き継ぎつつ、希少性をより強化した、新しいデジタルゴールドを目指す仮想通貨です。

UNOの最大の特徴は、ビットコインと比べて最大供給量が少ないことです。ビットコインの最大供給量は前述の通り2100万枚ですが、UNOの最大供給量は25万枚です。供給量が少ないということは、希少性が高いということです。

コンセンサスアルゴリズムにはビットコインと同じくPoW(計算競争によってマイナーを決める仕組み)を採用しています。採掘難易度はビットコインよりも高く、送金速度は高速です。

UNOのマイニングにかかる時間は300年以上

UNOの最大発行数は前述の通り25万枚ですが、そのすべてをマイニングするには300年以上の時間がかかります。130年余りで掘り尽くしてしまうビットコインと比べると、供給量の増加ペースは緩やかです。供給量の増加ペースが緩やかということは、インフレが発生しづらいということです。

UNOの公平な分配の仕組み

UNOのもう一つの特徴として、公正な分配を重視していることが上げられます。UNOは他の多くの仮想通貨と違い、プレマイン(事前採掘)が行われていません。プレマインとは、仮想通貨が不特定多数の参加者に公開される前に行われる、限られたメンバー内(主にその仮想通貨の開発者やその関係者)で行われるマイニングです。

プレマインを行う理由はいくつかありますが、最も大きな理由は仮想通貨コミュニティを強化するためです。仮想通貨は開発者、保有者、マイナーなど、複数の立場のステークホルダーが存在して成り立ちます。ステークホルダーを増やすためには強力なコミュニティの形成が必要不可欠ですが、誰もいない状態からコミュニティを育てるのは簡単なことではありません。

プレマインという形で開発者やその関係者に仮想通貨を配れば、彼等がコミュニティを形成してくれます。彼等は仮想通貨保有者でもあり、その価値を高めたいと考えるからです。

しかし、こうしたプレマインは開発者による利益の独占に過ぎないという批判も根強く存在します。こうした意見を鑑み、UNOはプレマインを実施していません。

筆者が考えるUNOの今後の将来性

現時点ではあまり将来性を感じていません。希少価値が高いということ以外に、これといった大きな長所がないためです。決済手段として特別優れている点があるわけでもなく、「これならライトコインやモナコインでいいのでは」というのが正直な感想です。

UNOが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。以下の海外の取引所で買いましょう。

UNOが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • Bleutrade
0 0

この記事の共有はここから