UNOの特徴や将来性、UNOが購入できるおすすめの取引所

UNOの特徴・将来性・購入できる取引所まとめ

UNOの概要

通貨名称 UNO
最大発行数 25万枚
公開日 2013年10月
公式サイト http://unobtanium.uno/
ホワイトペーパー

UNOの特徴や目指しているもの

UNOは、希少性を最重視して作られた仮想通貨であり、非常に少ない発行枚数と緩やかな供給量増加が特徴の仮想通貨です。デジタル時代の金(Gold)と言われることが多いビットコインにとってかわることを目指しています。

UNOはビットコインの特徴をより強化した新しいデジタルゴールド

UNOはビットコインの基本的な特徴を引き継ぎつつ、希少性をより強化した、新しいデジタルゴールドを目指す仮想通貨です。最大の特徴は、ビットコインと比べて最大供給量が少ないことです。ビットコインの最大供給量は2100万枚ですが、UNOの最大供給量は25万枚と少なく、高い希少性が設定されています。

UNOのマイニングにかかる時間は300年以上

UNOの最大発行数は前述の通り25万枚ですが、そのすべてをマイニングするには300年以上の時間がかかります。130年余りで掘り尽くしてしまうビットコインと比べると、供給量の増加ペースは緩やかであり、インフレが発生しづらい設定になっています。

UNOの公平な分配の仕組み

UNOのもう一つの特徴として、公正な分配を重視していることが上げられます。UNOでは開発者や関係者を対象に実施されるプレマイン(事前採掘)を実施していません。
仮想通貨は開発者、保有者、マイナーなど、複数の立場のステークホルダーが存在して成り立ちます。ステークホルダーを増やすためには強力なコミュニティの形成が必要不可欠ですが、誰もいない状態からコミュニティを育てるのは簡単なことではありません。プレマインという形で仮想通貨を配れば、配布された人がステークホルダーとなりコミュニティを形成してくれます。

しかし、こうしたプレマインは開発者による利益の独占に過ぎないという批判も根強く存在します。こうした意見を取り入れているので、UNOはプレマインを実施していません。

筆者が考えるUNOの今後の将来性

現時点ではあまり将来性を感じていません。希少価値が高いということ以外に、これといった大きな長所がないためです。決済手段として特別優れている点があるわけでもなく、「これならライトコインやモナコインでいいのでは」というのが正直な感想です。

UNOが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。仮にUNOを購入するのであれば、すでに上場している海外の取引所で購入するのが基本となります。

UNOが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから