UBQの特徴や将来性、UBQが購入できるおすすめの取引所

UBQの特徴や将来性おすすめ取引所を紹介

UBQの概要

通貨名称 UBQ
最大発行数 5億枚
公開日 2016年6月
公式サイト https://ubiqsmart.com/
ホワイトペーパー

UBQの特徴や目指しているもの

UBQは、イーサリアムをベースに作成された分散型アプリケーション(DApps)のプラットフォーム「Ubiq」上で使用されるトークンです。

UBQの基本的な仕組みはイーサリアムと非常に似ています。UBQにもイーサリアム同様、スマートコントラクトが搭載されていますが、UBQはイーサリアムと差別化がされている点は注目に値します。

UBQとイーサリアムの最大の違い

一番の違いは取引速度と手数料です。簡単に言えば、イーサリアムは取引速度が早く手数料が高い、Ubiqは取引速度は少し遅めだが手数料は安い、という関係になっています。アプリによっては高速な取引を必要としないものもあり、そうしたアプリにはUBQが適合します。高速取引を必要とするアプリはイーサリアムを使えばよく、棲み分けが行われています。

ASIC耐性によりマイニングの寡占化を防いでいる

また、Ubiqは一般的なパソコンにも搭載されるようなGPUだけで6年間マイニングができる仕組みになっています。

一方、UBQはASICでのマイニングに耐性を持たせているため、GPUでもマイニングが可能です。この仕組のもとではマイニングの寡占化が起こりづらく、必然的に高度な分散化が達成できます。

UBQは開発コミュニティが非常に強力

UBQのメインコミュニティは「Slack」の内部にあります。Slackは開発者に人気のチャットツールで、日本語にも対応しています。メインコミュニティには3000人以上が所属しており、日々情報交換を行っています。コミュニティが強い仮想通貨は拡散されやすい(熱心なファンが多国語に翻訳して情報発信したり、技術的特徴を解説してくれたりするため)ため、知名度の獲得、ひいては内部トークンであるUBQの価格上昇も期待できます。

筆者が考えるUBQの今後の将来性

現時点ではなかなか期待できると思っています。ICOを実施せずとも開発が順調に行われるほどの将来性に加えて、コミュニティの強力さも評価点です。イーサリアムとの棲み分けも考慮されており、面白いプロジェクトだと思います。

UBQが日本に上場する可能性

現時点で日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

UBQが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから