TZCの特徴と主な使い道、今後の将来性まとめ

TZCの特徴・使い道・将来性まとめ

TZCの概要

通貨名称 TZC(TrezarCoin)
最大発行数 4億枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://trezarcoin.com/
ホワイトペーパー http://trezarcoin.com/whitepaper.pdf

TZCの特徴や目指しているもの

TZC(トレジャーコイン)は、強固なセキュリティを実現する仮想通貨です。PoWとPoSという2つのコンセンサスアルゴリズムを併用しており、なかでも0%PoSと呼ばれる仕組みはTZCの高い安全性を支える根幹技術となっています。

ビットコインは安全か?

ビットコインを筆頭とする(もちろんTZCも含む)仮想通貨のメリットとして、しばしば安全性の高さがあげられます。安全性とは簡単に言えば、取引の改ざんのされにくさ、通貨のハッキングされにくさなどであると考えてください。

ブロックチェーンとは、簡単に言えば世界中のコンピュータに分散保存される取引台帳のことです。取引台帳とは、これまでの取引記録をまとめたものです。ブロックチェーンは多数の電子的なブロックを時系列順に1本のチェーンでつなげたものであり、このブロックの中に個別取引が格納されています。概ね一定時間ごとに新しいブロックが生成され、その中には一定時間の中に行われた取引記録が格納されています。

新しいブロックを生成し、その見返りとして報酬を受け取る行為をマイニング、それを実施する人をマイナーといいます。仮想通貨のブロックチェーンが健全に保たれるのは、報酬目当てで働いてくれるマイナーのおかげと言っても過言ではありません。正当なマイナーを決めるルールをコンセンサスアルゴリズムといい、PoW(Proof of Work)やPoS(Proof of Stake)などがその代表格です。

取引記録は取引の当事者はもちろん第三者にも見える形で公開されるため(一部の匿名性の高い通貨は除く)、その追跡可能性は高いです。また、一度正当性が確保された取引の改ざんは極めて難しいため、安全性も高いです。

このように優秀な仕組みのブロックチェーンではありますが、一方で問題点もあります。例えばPoWを採用した場合、51%攻撃に対するリスクが高まります。これは特定のマイナーグループが計算力の過半数を占めた場合に発生する可能性が高くなるもので、取引の二重支払いや正当な取引の承認妨害などが起こりえます。

一方、PoSを採用した場合、通貨の流動性が低くなり、通貨としての価値を果たさなくなる可能性が高まります。多くの仮想通貨はコンセンサスアルゴリズムを1つしか採用していないため、上記のような問題と対峙することになります。

一方、TZCはコンセンサスアルゴリズムを複数採用することによって、安全性を高めています。

TZCはマルチアルゴリズムで安全性を確保

TZCはPoWとPoS、2つのコンセンサスアルゴリズムを採用しています。このように、複数のコンセンサスアルゴリズムを採用することをマルチアルゴリズムといいます。マルチアルゴリズムは仮想通貨の安全性を高める上で非常に有効な措置であり、新しい仮想通貨を中心に少しずつ広がっている仕組みです。

NeoScryptで高度なマイニングの分散を実現

TZCのPoWはNeoScryptを採用しています。PoWは簡単に言えば、最も早く計算を解いたマイナーに報酬を与える仕組みです。この仕組の長所は、ASIC耐性を持つことです。ASIC耐性とは、ASICと呼ばれる集積回路ではマイニングができない(しづらい)という特徴のことです。

現状、ビットコインを筆頭とする多くのPoW型仮想通貨はASICによってマイニングされています。ASICは効率的なマイニングを促進する一方で高額でもあるため、マイナーの偏りを招く一因にもなっています。今ではビットコインのマイニングは多数のASICを用意できる少数のグループによって寡占されており、当初の設計思想である高度な分散化を十分に達成できていません。

一方、TZCにはASIC耐性があり、代わりにCPUやGPUと行った個人や小さなグループでも十分手の届くコンピュータでマイニングできるため、少数のマイナーによる寡占化は起こりづらくなっています。

0%PoSでブロックチェーンを保護

TZCのPoSは0%PoSという特殊な仕組みを採用しています。PoSは簡単に言えば、通貨の保有量に応じてマイニングを振り分ける仕組みです。保有量の多いマイナーほどより頻繁にマイニングを行うことができ、その結果受け取れる報酬も増えます。

計算を行う必要がなく、通貨を保有するだけで報酬が受け取れるのが大きなメリットです。一方で、通貨を保有するインセンティブが大きいため、通貨が使用されづらく、流動性が下がるという一面もあります。

0%PoSは追加のセキュリティ層を確保するためのプロトコルであり、コインがウォレットに追加されてから24時間後から開始されます。

PoWとPoSの割合

TZCはPoWとPoS,2つのコンセンサスアルゴリズムを併用していますが、それによって生成されるブロックの割合は2:1です。3つブロックを生成する場合、その内2つはPoWによって生成され、残りの1つはPoSによって生成される、という意味です。

通常、PoWとPoSを併用した仮想通貨はPoSの割合が多くなりがちなのですが、TZCはPoWの割合を多くしています。高い流動性を確保したい、ASIC耐性があるのでマイニングの寡占化はそこまで気にする必要がない、などの理由があるものと思われます。

筆者が考えるTZCの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。PoWとPoSを両方採用しているというのは、マイナーからすれば割と大きなことですが、ユーザーから見た場合は大したことではないからです。ユーザーが重視するのはより実践に即した事象、例えば送金時間の速さや手数料の安さなどであり、TZCにはそうしたユーザーを引きつける特徴がこれといって内容に見えます。

TZCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

TZCが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • CryptoBridge
0 0

この記事の共有はここから