TRKの特徴や将来性、TRKが購入できるおすすめの取引所

TRKの特徴・マイニング方法・将来性について

TRKの概要

通貨名称 TRK
最大発行数 約2億1880万枚
公開日 2014年7月
公式サイト http://truckcoin.net/
ホワイトペーパー

TRKの特徴や目指しているもの

TRKは、イギリスに本社を置く老舗ブロックチェーン企業GoldenHill International Limited(GoldenHill社)が開発した仮想通貨です。他の仮想通貨と比べて支払い処理性能の高さと安全性に優れています。GoldenHill社はTRKをインターネット上の商取引の基盤とするための活動を行っています。

ライフスタイルやインターネットを支える基盤となることを目指すTRK

その点、TRKは支払能力と安全性、両方を十分に確保しているため、性能的には優れていると言えます。GoldenHill社はTRKを単なる支払手段ではなく、ライフスタイルやインターネットを支える基盤にしたいと考えています。TRKは画一的なサービスを提供する銀行ではなく、個々人のスタイルに合わせた支払手段を提供します。

複数の仮想通貨のマイニングを実現するF2Pool

TRKにもビットコインなどと同様にマイニングの仕組みを導入していますが、その内容は少し変わっています。簡単に言えば、TRKをマイニングする人(マイナー)は、TRKに限らず、ビットコインやイーサリアムもマイニングできるのです。これを可能にするのがF2Poolです。

マイニングプールとは、多数のマイナーによって構成されるマイナー集団であり、提供した計算能力に応じて報酬を分割して利益を得ています。個々人でマイニングをするよりも利益が安定しやすいということで、多くのマイナーが参加しています。

F2poolは2018年11月時点で世界第7位のビットコインマイニングプールであると同時に、世界第4位のイーサリアムマイニングプールでもあります。その他にもライトコイン、Zcash、そしてTRKなどをマイニングしています。特定の通貨に特化したマイニングプールも多い中で、これだけ多くの種類の通貨をマイニングしているプールは非常に珍しいと言えるでしょう。

筆者が考えるTRKの今後の将来性

現状では、あまり期待していません。これと言って性能に優れているわけでもなければ、知名度が高いわけでもないからです。

Twitterアカウントのフォロワー数は現時点で約860名と、歴史の割にはかなり寂しい数字ですし、上場されている取引所も少なく、ホームページの内容も貧弱です。このままでは、他の多数のアルトコインの中に紛れてしまうことは間違いないでしょう。

TRKが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

TRKが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから