TRIの特徴や将来性、TRIが購入できるおすすめの取引所

TRI

TRIの概要

通貨名称 TRI
最大発行数 12万枚
公開日 2014年7月
公式サイト https://info.triangles.technology/
ホワイトペーパー

TRIの特徴や目指しているもの

TRIは、2014年7月に取引がはじまった仮想通貨です。仮想通貨業界の中でも非常にレアな仕様を持つ仮想通貨であり、他の仮想通貨と比べると発行量が非常に少なく、年率33%もの高い利率がつくことが特徴です。

エコフレンドリーな仮想通貨を目指すTRI

TRIはエネルギー効率に優れていてエコフレンドリーなコンセンサスアルゴリズムであるProof of Stake(PoS)を採用しています。

少ない供給量と無限の可能性

TRIの総供給量は12万枚とビットコイン(BTC)の2100万枚やライトコイン(LTC)の8400万枚、リップル(XRP)の1000億枚などと比べると、非常に少なく設定されています。供給量が少なければ、それだけ単価は上がりやすくなります。仮想通貨の中でもとくに希少なTRIは、大きな可能性を秘めていると言えます。

ネットワークは着実に大きくなってきており、世界中のユーザーが自らの保有する価値を保存するために使うことができます。人種や性別、年齢などに関係なく、誰でもTRIを利用して、自身の資産をTrianglesトークンに移転して、価値の保存に利用することができます。

ネットワークはオープンソースプロジェクトになっており、今すぐにでもコミュニティに参加することが可能です。

普段遣いの仮想通貨として

TRIはビットコインと比べてエネルギー効率が良いだけでなく、トランザクションやブロックの生成が早く、それでいて送金手数料が非常に安いという特徴があります。日常的に行う決済手段としては、ビットコインよりも優秀と言えるでしょう。

筆者が考えるTRIの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。コインの性能自体は悪くないのですが、ずば抜けて優れているわけでもなければ、マーケティングに成功しているとも言い難い状況です。性能が良くても使われなければ価値がつかない仮想通貨の世界においては、やや苦しい立場にあるといえるでしょう。

TRIが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

TRIが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから