TOAの特徴や将来性、TOAが購入できるおすすめの取引所

旅行やカフェで使える仮想通貨TOAを解説

TOA(Toacoin/トアコイン)の概要

通貨名称 TOA(Toacoin/トアコイン)
最大発行数 約88億2600万枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://toacoin.com/ja/
ホワイトペーパー

TOAの特徴や目指しているもの

TOAは、旅行時の支払いをスムーズにすることを目指す仮想通貨です。ビットコインが多様な場面での支払いを想定した汎用的な仮想通貨であるのに対して、TOAは旅行という限られた場面での支払いを想定したニッチな仮想通貨と言えます。

開発チームはホテルや航空会社、旅行代理店などとの提携を進めており、TOAが使える環境を整えています。フィリピン及びマレーシアに拠点をおいており、アジアを中心に数箇所にTOAでの支払いが可能なTOAカフェを置く予定です。

TOAの仕組み

TOAは旅行時の支払手段として設計された仮想通貨であり、TOAが普及すれば、旅行代理店や個別のホテル、航空会社への支払いをすべてTOAで済ませられるようになります。そうなれば海外はもちろん国内旅行時にも多額の現金やクレジットカードを持ち歩く必要はなくなります。

TOAを導入することで、現金や伝票を管理する手間が省けることが期待できます。TOAは旅行者とサービスを提供する企業、双方にメリットがある仕組みであると言えます。

普及にも熱心な開発チーム

仮想通貨プロジェクトの開発チームは通常技術者で占められることが多く、彼らは得てして機能を高めることにのみ熱心になりがちですが、TOA開発チームはマーケティングの専門家も招き入れて、普及のための活動も熱心に行っています。

それでも成功するかどうかは不明ですが、現状ではリアルはもちろんネットでも精力的に活動している様子が見られるため、成功する可能性は十分にあるかと思います。

TOAの将来性

現時点では、まずまず将来性はあると考えています。旅行業界と仮想通貨というのは一見メジャーな組み合わせに見えますが、実はそれほど多く見られるものではありません。競合が少なく、目的も明確な上、現在も開発が活発に行われているため、並の草コインと比べれば遥かに期待できます。

TOAが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらで買うといいでしょう。

TOAが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから