TKNの特徴や将来性、TKNが購入できるおすすめの取引所

TKN

TKNの概要

通貨名称 TKN
最大発行数 4230万枚
公開日 2017年5月
公式サイト https://monolith.xyz/
ホワイトペーパー

TKNの特徴や目指しているもの

TKNは、世界中で使用可能なデビットカード「TokenCard」を使用する際に必要となる仮想通貨です。TokenCardはイーサリアムトークンであるERC20と互換性のあるウォレットが付帯されたカードであり、TKNを含めた仮想通貨での決済が可能になります。

TokenCardの仕組み

TokenCardは、世界中での使用を想定されたデビットカードです。デビットカードにも国際ブランドがあり、その加盟店ではクレジットカード同じ感覚で使用できます。ただし、その仕組み上、分割払いや定期払いには対応しておらず、全て一括払いとなります。

デビットカードの発行元は多くが銀行であり、銀行口座からお金を引き落とすシステムが一般的ですが、TokenCardは支払いには仮想通貨を使用する点が異なります。

TokenCardで使える仮想通貨は10種類

TokenCardでは、支払いにTKNのほか、ETH、REP,MKR、DGD、ICN、MLN、GNT、1ST、SNGLSのうち、最大5個を使用できますが、TKN以外の仮想通貨で支払った場合は、TokenCardプロジェクトの一環として開発されたソフトウェアプロトコルの仕様に対する報酬として取引手数料が発生します。

ウォレットの仕組み

TokenCardのユーザーは、専用のウォレットを使って資金を管理します。このウォレットはスマートコントラクトに対応しています。
ユーザーは資金をより効率的に管理するために、基本通貨を設定します。このウォレット内に保管されている仮想通貨を使って、支払いを行います。

クレジットカード・デビットカードによる購入

上記のウォレットにTKNなどの仮想通貨を直接送金するというやり方は、ある程度仮想通貨というものに慣れている人でなければできないことです。これをすべての人ができるようになれば問題ないのですが、実際にはなかなかそうも行きません。そこで役に立つのが、クレジットカードやデビットカードによるトークンの購入です。従来型の決済手段でトークンが購入できるようになれば、新しい技術に不慣れな層も取り込むことが期待できます。

筆者が考えるTKNの今後の将来性

現時点では、それなりに期待しています。仮想通貨とデビットカードの組み合わせというのはなかなか新鮮であり、期待できると思います。分散投資先の1つとしては、有力な選択肢になるのではないでしょうか。

TKNが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されているため、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

TKNが購入できる海外の取引所一覧

  • Ether Delta
  • HITBTC
  • Liqui
  • Livecoin
0 0

この記事の共有はここから