SYSの特徴や将来性、SYSが購入できるおすすめの取引所

SYSの将来性や特徴を解説

SYS(シスコイン)の概要

通貨名称 SYS(Syscoin)
最大発行数 8億8000万枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://www.syscoin.org/
ホワイトペーパー https://www.syscoin.org/whitepaper/

SYSの特徴や目指しているもの

SYS(Syscoin/シスコイン)は、2017年7月に誕生したばかりの、ビットコインをベースとしたネットショップの分散型プラットフォーム(マーケットプレイス)です。SYS上でやり取りされるトークンはSyscoinと呼ばれ、販売業者はSyscoinを介して商品を全世界の顧客に販売できます。

販売業者は従来よりも安い手数料で商品を販売でき、消費者は従来より安い価格で商品を購入できるのが大きな特徴であり、Amazonに取って代わる可能性を秘めたサービスと言えます。

現状のマーケットプレイスの問題点

マーケットプレイスとは、インターネット上に存在する、多数の売り手と買い手が参加する取引市場です。具体的にはAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが該当します。こうしたマーケットプレイスの発展は消費者には大きな利便性を、販売業者には新たな販路を提供しましたが、一方で従来のマーケットプレイスには無視できない問題点もあります。

1つ目の問題点は、管理者が何らかの問題を起こしたときに、消費者や販売業者が不利益を被る可能性があることです。例えば、管理者の故意または過失によって消費者の個人情報が流出するという事件は過去に何回も起こっています。Amazonのような大企業も例外ではありません。むしろこうした大企業のほうが多くの有益な情報を持っているため攻撃の対象となりやすい一面すらあります。

また、サーバーがダウンした場合、消費者は商品購入の機会を、販売業者は利益獲得の機会を逃すことになります。

2つ目の問題点は、販売業者が管理者に対して安くない手数料を支払わなければならないことです。マーケットプレイスは、販売業者に対して販売スペースを貸す代わりに、マーケットプレイス利用料や販売手数料を徴収する事によって成り立つビジネスです。消費者はあまり気に留めることもないでしょうが、販売業者にとってはこれは思いの外大きな出費となります。

例えばAmazonの場合、マーケットプレイス利用料は大口アカウントの場合4900円/月と大した金額ではありませんが、販売手数料は多くの商品が15%と無視できない金額になっています。仮に大口アカウントが1ヶ月で1000万円を売り上げた場合、その手数料は4900円+1000万円×15%=150万4900円です。

現状はAmazonなどの知名度があまりにも圧倒的であるため、こうした不利な条件を飲んででもマーケットプレイスに出店する販売業者がほとんどです。しかし、販売業者の本音は「もっと安く使えるマーケットプレイスがほしい」です。こうした販売業者の本音に答えてくれるのが、SYSという仕組みです。

SYSには管理者が存在しない

SYSは分散型のマーケットプレイスです。分散型とは簡単に言えば、管理者が存在せず、代わりにブロックチェーンによって安全に運営されるサービスのことです。分散されているため、既存のサービスのように中央サーバーがダウンしてしまい取引ができなくなる、ということはありません(世界中に分散されたコンピュータが同時にダウンすれば別ですが、そのようなことはまず起こらないでしょう)。

また、SYSでは内部の取引はすべてSyscoinを通じて行われます。シスコインは取引手数料が極めて安くなるように設計された仮想通貨ですので、販売業者は非常に割安な手数料を支払うだけで済みます。そうして浮いた費用の一部を価格に還元すれば、消費者にもメリットが生まれます。

Syscoinウォレットで安全にSyscoinを管理

Syscoinには、Syscoin Blockmarket Walletという公式のウォレットがあります。このウォレットは、SYSに最適化されています。Syscoinの送受信に必要な機能を兼ね備えているだけではなく、アイテムの売買や再販などの提供も行っています。現状では最も安全に、なおかつ便利にシスコインを管理できるウォレットであると言えるでしょう。

また、SyscoinにはALIASESという機能も搭載されています。これは従来非常に長かった仮想通貨アドレスを、記憶できる程度の長さまで短縮できるシステムです。通常の仮想通貨アドレスは30文字程度のものが多く、平均的な記憶力の持ち主では覚えられませんでしたが、シスコインのアドレスは比較的容易に覚えられます。小さな機能ですが、コピーアンドペーストができないウェブサイトなどでは役立ちます。

SYSはMicrosoftと提携している

SYSは大手IT企業のMicrosoft社と提携しています。SyscoinはMicrosoftのBlockchain As a Service(クラウドでブロックチェーンを提供するサービス)として、Microsoft Azure上で提供されます。

筆者が考えるSYSの今後の将来性

現時点では将来性は高いと考えられます。Amazonを筆頭とするマーケットプレイスのいわば「殿様商売」っぷりは、多くの販売業者にとって悩みの種です。実際にSYSが運用に耐えうるところまで開発されれば、多くの販売業者はそちらに流れていくことでしょう。そうなればSyscoinの価格も必然的に上昇します。

ただ、SYSには大きな懸念点もあります。管理者が居ないゆえに、マーケットプレイスがブラックマーケット(違法な物品を取り扱うマーケット)化するリスクがあることです。もしそうなった場合、各国政府はブラックマーケットを野放しにするわけにはいきませんから規制をかけようとするはずです。

違法な物品をマーケットからいかに排除しつつ、Amazonに負けない利便性を提供するためにはどうすれば良いのか、という問いに対する答えは未だに見つかっていません。この問いに適切な回答が出せるようになったとき、Syscoinは更にその勝を上げていくことでしょう。

SYSが日本に上場する可能性

Syscoinは現時点で時価総額ランキング80前後に位置しており、知名度はそこまで高くありません。知名度が高いアルトコインに絞って提供する日本の仮想通貨取引所がSyscoinをすぐに取り扱い始める可能性は低いので、早めに仕込んでおきたい場合は海外の仮想通貨取引所を利用しましょう。

SYSが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • UPbit
  • Bittrex
0 0

この記事の共有はここから