SWFTCの今後の将来性とSWFTCが購入できるおすすめの取引所

SWFTC

SWFTCの概要

通貨名称 SWFTC
最大発行数 100億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://www.swft.pro/
ホワイトペーパー

SWFTCの特徴や目指しているもの

SWFTCは、仮想通貨や法定通貨を相互に交換するプラットフォーム「SwftCoin」上で使用されるプラットフォームです。従来の銀行送金などよりも圧倒的に高速かつ安い手数料を、人工知能によって実現します。

SwftCoinでできること

現状、異なる通貨を交換するためには銀行や仮想通貨取引所などの中央集権型機関を仲介する必要がありますが、そのために時間がかかり、手数料も高額になりがちです。SwftCoin上では直接取引ができるため、時間も短く、手数料も送金金額の0.05%と非常に安価です。取引手数料がトップクラスに安いと言われているバイナンスですら0.1%であることを考えると、破格の安さであるといえます。

SwftCoinは、法定通貨、仮想通貨の交換がワンクリックでできる、通貨交換のためのプラットフォームです。

  • 法定通貨から法定通貨
  • 法定通貨から仮想通貨
  • 仮想通貨から仮想通貨
  • 仮想通貨から法定通貨

のいずれの交換も可能です。

現状、SwftCoinで交換できる仮想通貨はビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムなど、約130種類を数えます。SwitCoinはAndroid、iOSのどちらでも使えて、ダウンロードは公式サイト(https://www.swft.pro/)からできます。

筆者が考えるSWFTCの今後の将来性

現時点では、判断が難しいと考えています。プラットフォームがリリースされてからあまり時間も経っておらず、どれくらい需要があるのかも不明です。

SWFTCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

SWFTCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから