SPHTXの特徴や将来性、SPHTXが購入できるおすすめの取引所

SPHTXの特徴や今後の将来性とは?

SPHTXの概要

通貨名称 SPHTX
最大発行数 3億5000万枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://www.sophiatx.com/
ホワイトペーパー https://www.sophiatx.com/storage/web/SophiaTX_Whitepaper_v1.9.pdf

SPHTXの特徴や目指しているもの

SPHTXは、あらゆる企業のビジネスに焦点を当てたブロックチェーンプラットフォーム「SophiaTX」上で使用されるトークンです。DECENTという独自のブロックチェーン技術を使用することによって、現状では規格統一には程遠いビジネスツールを統合し、業務の効率化を図ることを目的としています。

現状のビジネス管理の問題点とは

2018年現在、規模の大小にかかわらず、ほぼすべての企業は、あらゆる場面でシステムを利用した業務管理を導入しています。業務管理システムを内製する企業もありますが、コスト面で有利なことから、多くの企業は外注で済ませています。

外注であるため、トップシェアのソフトウェアと二番手・三番手のソフトウェアでは、規格が異なることも珍しくありません。この規格の違いを乗り越えて、スムーズなビジネス展開をサポートすることを目的としているのがSopihaTXです。

SophiaTXはアプリをブロックチェーンに統合する

SophiaTXは、各企業が使っている業務管理システムをブロックチェーンで統合するだけではなく、機能拡張を提供するプラットフォームです。あくまでも現状のシステムをより優れたものにするためのツールであり、既存のシステムに取って代わることを目的としているわけではないようです。

このシステム内で使用される内部トークンがSPHTXです。SPHTXは一般的な仮想通貨と同様に、マイナーへの報酬や取引手数料としても使われる他、SophiaTXのネットワークの維持・サービスの深化などにも使われる予定です。

独自のブロックチェーン「DECENT」とは

SophiaTXのブロックチェーンは、ブロックチェーン技術を使用したコンテンツ配信プラットフォーム「DECENT」という仮想通貨で採用されているブロックチェーンをベースにしています。
DECENTの最大の特徴は、企業間取引(B2B)トランザクションエンジンに特化していることです。企業間取引は企業と消費者間の取引(B2C)と比べると意識されづらいものですが、その市場は非常に大きく、業務管理システムのベースにするには最適と言えます。

SophiaTXのプロジェクトチームには、DECENTの創設者でもあるMatej Michalko氏が顧問として参加しています。その他にも知名度こそ低いものの優秀なメンバーがそろっており、開発力に問題はなさそうです。

筆者が考えるSPHTXの今後の将来性

現時点ではなかなか将来有望であると言えます。かなり大きな市場をターゲットにしているにもかかわらず、目立った有力なライバルプロジェクトがないのは大きな評価点です。また、現時点で普及しているシステムに取って代わるものではなく、あくまでもそれを補強するものであるというのも評価点です。

開発陣も優秀な人が揃っており、これと言って大きな欠点は今の所ないように見えます。

SPHTXが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場していますので、今すぐに購入したいという場合はそちらを利用すると良いでしょう。

SPHTXが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから