SNTの特徴や将来性、SNTが購入できるおすすめの取引所

SNTの今後の将来性

SNTの概要

通貨名称 SNT
最大発行数 約68億487万枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://status.im/
ホワイトペーパー https://status.im/whitepaper.pdf

SNTの特徴や目指しているもの

メッセンジャープラットフォーム「Status」で流通するトークンが、SNT(Status/ステータス)です。LINEやWechatを想像してもらえればイメージしやすいでしょう。

SNTの基本的なしくみ

SNTのそもそもの目的は、イーサリアムの分散型アプリケーションを、ITに詳しくない人でも抵抗なく利用してもらえるようにしようというものでした。スマホからもアクセスでき、LINEのようなメッセンジャー機能もつけてイーサリアムを世の中に広く浸透させようということを目指して開発されたプラットフォームがSNTです。

AppStoreのような機能あり

SNTには、AppStoreやGoogle Playのようにアプリに簡単にアクセスできる機能があります。現在は、以下の7つのサービスがリリースされています。

uPort 個人情報認証システム
Gnosis 市場予測アプリ。複雑な予測が簡単な操作で可能。
Oasis Exchange イーサリアムとERC20準拠のトークンを交換することができるサービス
Ethlance 雇用者と技術者をマッチングさせるシステム
Aragon 会社や組織の創造・運営を行うためのプラットフォーム
Etheric 保険のプラットフォーム
Ujo 音楽配信サービス

他にも便利なサービスは増えていくことでしょう。あっと驚くようなサービスがリリースされることを期待したいですね。

チャットで送金も可能!

LINEやWechatのようなチャット機能があることは前述の通りですが、SNTではトークンの送金も可能です。さらにイーサリアムをベースに作られているのでスマートコントラクトも可能。
イーサリアムが持つ便利なサービスをスマホ一台で簡単に体現できることを目指しているのがSNTなのです。スマホをいじりながら仮想通貨で送金、決済などができれば一般の方にも仮想通貨がずっと身近になります。

サービスが終わる可能性が低い!

SNTのメリットとして、中央管理者が不在でユーザー同士でデータを保有しているため、会社の倒産やサービスの一方的な終了というリスクがありません。どんなに優れたサービスでユーザーが多くても、企業の製品であるかぎりサービスが終了するという可能性は常にあります。ブロックチェーン の技術の上に成り立っているSNTは、ユーザー同士が運営を行うためサービスが終了するということは現実的にありません。

データの正確性、安全性が確保される

ブロックチェーン は情報をユーザー同士が分散して保有します。そのため、不具合があったり、悪意のある第三者によって改ざんされても、他のデータと整合性が合わないため、すぐに不具合や改ざんを修正することが可能です。

P2Pだから管理者に見られる心配なし!

SNTはメッセージの秘匿性が高いのもメリットの一つです。送受信者どうしはピア・ツー・ピア(P2P)でやりとりをするので、中央管理者にメッセージを見られる心配はありません。プライバシーが守られると同時に、個人情報が流出する可能性が圧倒的に低い、という点はユーザーにとって大きなメリットです。

筆者が考えるSNTの今後の将来性

SNTの将来ですが、正直よくわかりません。ICOで100億の資金調達に成功した実績や、2018年5月時点で仮想通貨全体でも224位という順位も素晴らしいと思います。SlackやtwitterなどのSNS上でもひんぱんに情報を更新しているので、開発も順調なようです。いい条件がそろっています。

しかし、懸念すべき点は、すでに多くのユーザーを抱えるLINEやFaceBook、instagramに太刀打ちできるのか?という点です。すでにLINEを利用していて不都合がないユーザーはあえてSNTを利用する必要はない、と思うかもしれません。

SNTが日本に上場する可能性

仮想通貨全体で24位という上位につけているSNTですが、今のところ日本の取引所に上場するというニュースはありません。注目度の高いトークンですから、上場してもおかしくないので、もしかしたら2018年内中には上場するのではないか、と筆者は睨んでいます。

SNTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから