SNMの特徴と将来性、SNMが購入できるおすすめの取引所

SNMの今後の将来性

SNM(SONM/ソン)の概要

通貨名称 SNM(SONM/ソン)
最大発行数 4億4400万枚
公開日 2017年3月
公式サイト https://sonm.com/
ホワイトペーパー

SNMの特徴や目指しているもの

SNMは、イーサリアムをベースにしたプラットフォームで、マシンパワーの貸し借りの際に、このSNMが通貨として利用されます。

フォグ・コンピューティングでマシンパワーの貸し借りを実現!

モノのインターネット(IoT)の時代となり、モノとインターネットが繋がるようになり、モノから情報がインターネットに送られて、蓄積されたデータを分析して、改善・改良が進められています。

IoT化が進むことで将来的には500億のモノがインターネットに繋がると言われ、クラウド側の処理遅延やコストの膨張が懸念されています。

フォグでクラウドの処理負担を軽減する

この問題を解決すると期待されているのが、フォグ・コンピューティングです。
フォグ・コンピューティングでは、エッジとクラウドの間に霧(フォグ)を置き、クラウドでしていた一括処理を、フォグで分散処理をすることでクラウド側の負担を減らすという仕組みです。

Yandex.Cocaineは開発のためのパッケージツール

Yandex.CocaineはPaasの実行です。PaaSはPlatform-as-a-Serviceの略で、クラウドサービスの一種です。簡単にいうとネットワークのインフラやOSのプラットフォームを用意しておき、すぐに開発ができる環境を用意しておきます。これにより、開発作業の簡略化、コストを抑えることができます。

Docker Containerで並列処理を実現

Docker Containerは、コンピューティングを並列処理を実行できる独立した環境を用意します。フォグの分散型コンピューティングをサポートするアプリケーションです。

BtSync ユーザーサイドのP2P技術

BtSyncは、P2Pネットワークのシステムです。ユーザーが迅速かつ安全にデータ送信ができるためのシステムです。

Whisper ノードのためのP2P技術

WhisperもBtSyncと同じくP2Pネットワークのシステムですが、Whisperはノード間のシステムです。ユーザー用とノード用に分けることで迅速な処理ができるようになっています。

筆者が考えるSNMの今後の将来性

SNMの今後については、あまり楽天的にならない方がいいでしょう。2018年1月6日、仮想通貨DADIのホワイトペーパーがSNMの盗用ではないか?というニュースが流れました。ホワイトペーパーの一部があまりに酷似していたからです。しかし、DADI側はすぐに公式に発表を行い、ことは大きな混乱を招く前に収束しました。

そもそも、SNMが目指すのはフォグ・コンピューティングでスーパーコンピューターを作ろうとしていますから、平たく言うとハード側。DADIはプラットフォームの用意までは同じですが、そのプラットフォーム上でWEBサービスを展開するのが目的なのでソフト側になります。プラットフォームは似ていますが、プロダクトは競合とは言い難いですね。

SNMが日本に上場する可能性

SNMよりも注目度の高いトークンはたくさんあるので、当分は日本の取引所に上場することはないと思います。購入する際は、海外の取引所から購入してください。

SNMが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから