SMARTの特徴や将来性、SMARTが購入できるおすすめの取引所

SMARTの特徴・将来性・おすすめ取引所

TELの概要

通貨名称 TEL
最大発行数 1000億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://www.telco.in/
ホワイトペーパー

TELの特徴や目指しているもの

TELは、Telcoin社によって開発された、モバイル決済のための仮想通貨です。モバイル端末とインターネット環境さえあれば、銀行口座がなくてもTelcoinのアプリで簡単に個人間送金やネットショッピングができます。

Telcoinは数多くの通信事業者と提携することで、5000億ドル規模と言われている海外送金市場において極めて小さい部分しか占めていないモバイル決済を大きく飛躍させる可能性を秘めています。

Telcoinの基本的な仕組み

Telcoinの基本的な仕組みは非常に単純です。まず、Telcoin社が提携相手の通信事業者に対してTELを無償で配布して、通信事業者はそれをユーザに有償で配布します。

ユーザーは配布されたTELを使って送金したり、受け取ったりします。Telcoin社はTELが販売、あるいは購入される度に、取引額の0.5%を手数料として受け取ります。

遠回りなように見えますが、銀行口座を持っていなくてもモバイル端末を持っている人が多い新興国でモバイル決済を普及させる方法としては、これがベストと考えられているのです。

コインの配分はどのように行われる?

TELの発行枚数は前述の通り1000億枚であり、その内50%(500億枚)は通信事業者に10年かけて無償で分配されます。この500億枚をユーザが買う度に、取引手数料が発生します。残る50%のうち、25%(250億枚)はICOですでに販売されていて、残余はファンドなどに充当されています。

筆者が考えるTELの今後の将来性

現時点では、それなりの将来性はあると考えています。未開の大きな市場を相手にしているからです。OmiseGOなどのライバルとなるプロジェクトもありますが、分散投資先の1つとしては選択肢に入るでしょう。

TELが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

TELが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから