SKINの特徴や将来性、SKINが購入できるおすすめの取引所

ゲーム内スキンの取引ができるSKINの使い道や購入できる取引所を解説

SKINの概要

通貨名称 SKIN
最大発行数 4億8800万枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://skincoin.org/
ホワイトペーパー

SKINの特徴や目指しているもの

SKINは、主にスキンの取引をするために開発された仮想通貨であり、ゲーム内のスキンを変更(購入)したいプレイヤーと、スキンを販売したいプレイヤーの取引をより円滑にします。

SKINの仕組み

SKINはスキンを取引したいプレイヤーの支払手段として機能します。その仲介の場として働くのが、SteamTradeやSKINWINです。

プレイヤーはこれらのウェブサイトを使ってギャンブルを行います。まずはスキンを「ラウンド」に入れてデジタルチケットに換金し、そのチケットを賭けます。勝つとチケットが増えて、スキンと交換できます。

ギャンブルの結果は、ブロックチェーンによって管理します。記録の改ざんが極めて難しいブロックチェーンで勝敗を管理することで、スキン賭博で問題視されている八百長やイカサマを効率的に排除します。

スキンの取引にそんなに需要があるの?

ゲームを遊ばない人にはあまり実感がわかないことですが、ゲームキャラクター(アバター)の見た目を変更できるスキンには絶大な人気があり、人気のスキンの取引には大きな需要があります。ゲームそのものよりもスキンの方に興味がある、というプレイヤーは少なくないのです。

魅力的なスキンはプレイヤー人口の増加も期待できますが、このことを「プレイヤーが増えて嬉しい」と無邪気に喜ぶことはできません。その裏ではというスキンを賭けたギャンブル(スキン賭博)が盛んになり、場の健全性を壊すことにもつながるからです。

SKINはこうした社会の潮流に乗りつつ、現状の不健全なスキン賭博を健全なものに変える可能性を秘めた開発された仮想通貨です。スキン賭博の問題点である八百長やイカサマを排除し、健全なギャンブル市場を構築します。

筆者が考えるSKINの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性があると見ています。対象としているスキン賭博市場は右肩上がりに急速に成長していますし、すでにプラットフォームが可動しているというも評価点です。ただし、こうしたサービスは規制対象となる可能性もあるので、その動向には注意が必要かと思います。

SKINが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

SKINが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから