SGの特徴や将来性、SGが購入できるおすすめの取引所

SG

SGの概要

通貨名称 SG
最大発行数 877万枚
公開日 2018年5月
公式サイト https://socialgood-foundation.com/jp/
ホワイトペーパー https://socialgood-foundation.com/jp/whitepaper-web/chapter1/

SGの特徴や目指しているもの

SGは、日本発のプロジェクト「Sosial Good Project」上で使用されるトークンです。国家、宗教、人種などに関係なく、誰もが参加できるプロジェクトとして、ICO時には海外の投資家から約33億円の資金を集めることに成功していて、利用者は普段通りに買い物をするだけで間接的に社会貢献(寄付)ができる仕組みになっています。

現状の「寄付」の問題点

寄付という行為自体は現時点でも盛んですが、現状の寄付には詐欺行為のリスクやコストが不透明なことなど、いくつかの問題点があります。

善意につけ込む詐欺行為

1つ目の問題点が詐欺行為です。残念ながら、世の中には募金活動を装った詐欺行為を行う輩が多数存在しています。典型的なのは世の中の注目を集めているトピックに対する街頭募金としてお金を集め、それをそのまま懐に入れてしまうというものです。そして、街頭募金が詐欺師なのかそうでないのかを見抜く方法はありません。こうした行為は正当な募金活動をする側と募金をする側の両方にとって、非常に害悪な存在です。

寄付金から差し引かれる各種コスト

2つ目の問題点はコストです。詐欺行為を行わないきちんとした募金活動には、当然ですがさまざまな経費が発生します。経費が増えれば本来お金を必要としている人の手元に届く金額は少なくなってしまいます。オンラインであっても銀行振込などにかかる手数料は少なくありません。

Sociai Googd Projectは、寄付にまつわるさまざまな問題点を解決する可能性を秘めた、新たな寄付の形を実現するプロジェクトです。

Social Good Projectの仕組み

Social Good Projectは、普段通りに買い物をするだけで自動的に寄付ができる仕組みを構築するプロジェクトです。人工知能(AI)とブロックチェーンによって支えられるものであり、Social Goodという独自の経済圏を構築し、それを拡大することを目的にしています。

Social Good Projectの仕組み自体は、AppleやAmazonと変わらない企業対消費者(BtoC)のマッチングプラットフォームであり、消費者は自由に買い物をすることができます。Social Good Projectは非常にハイフリークエンシー(超高速取引を実現すること)であり、送金の遅さにイライラさせられることはありません。

Social Good Projectで買い物するとキャッシュバックと寄付ができる

Social Good Projectのアプリを利用すると、ワンタップでキャッシュバックを受け取ることができます。Social Good Projectに参加している企業から買い物をした場合、その金額の数%をSGで受け取ることができ、受け取ったキャッシュバックの一部は社会団体などに寄付されます。普段の買い物をするだけで、自動的に寄付が行われるのです。

従来の寄付のような手間や経費はかかりませんし、怪しい団体は予め弾かれるので詐欺などを疑う必要もありません。消費者はキャッシュバックで経済的なリターンを得つつ、寄付によって精神的なリターンも得られます。

豊富な加盟店

Social Good Projectのホワイトペーパーによれば、同プロジェクトの主な取引先として、BMWやメルセデス・ベンツ、ハーレーダビッドソンをはじめ、欧米の少なくない企業が参画を表明しています。その売上高合計は実店舗だけでも2000億円にものぼり、仮にこの全てに5%のキャッシュバックがかかった場合、その総額は100億円となります。

AIが効率的な資金の配分を実現

Social Good Projectのシステムから各消費者へのキャッシュバック、及び寄付は、AIによって行われます。人の手が介在しないため手数料が殆どかからず、それ故に寄付した金額の大半が必要としている人の手元に届きます。

判断はAIが行うため、人間の恣意的な判断が紛れ込む余地はありませんし、特定の団体に過剰に資金が投入されることもありありません。結果として消費者と企業、そして寄付を受ける人の全員が得をする仕組みになっています。

使われるたびに知名度が向上する

Social Good Projectで商品の購入や寄付をすると、FacebookやTwitterなどの既存のSNSにそのことが投稿されます。利用されるたびに宣伝されて知名度が上がり、更に利用者が増えるという正のサイクルを作り出すことができれば、SGの更なる価格上昇も期待できます。

Social Good Projectは日本ではじめてSECに登録したプロジェクト

Social Good Projectは、米国証券取引委員会(SEC)に登録されています。仮想通貨がSECに有価証券だと認められることには様々なメリットがあります。一番のメリットは、投資家に対して安心感を得られます。SECの審査は非常に厳しく、生半可なプロジェクトでは登録は難しいとされています。逆に言えば、この審査をクリアしたSocial Good Projectは信頼できる、ということです。

なお、2019年1月現在、日本発のプロジェクトでSECに登録されているのはSocial Good Projectのみとなっています。

筆者が考えるSGの今後の将来性

現時点では、それなりに期待してもいいのではないかと思っています。一番の評価点は、すでにSEC(米国証券取引委員会)に認定されていることです。この後ろ盾はやはり大きいです。エコシステムの仕組みも良くできており、多くの人に「使ってみたい」と思われるものになっています。

SGが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

SGが購入できる海外の取引所一覧

  • DigFinex
  • Latoken
0 0

この記事の共有はここから