SDAの特徴や将来性、SDAが購入できるおすすめの取引所

SDA

SDA(sdchain/エスディーチェーン)の概要

通貨名称 SDA(sdchain/エスディーチェーン)
最大発行数 約1億6300万枚
公開日
公式サイト https://www.sdchain-iot.com/
ホワイトペーパー

SDAの特徴や目指しているもの

SDAは、IoTによって取得されたデータを効率よくシェアするためのプラットフォーム「Six Domain Chain」上で使用されるトークンです。各企業はSix Domain Chain上で提供されるデータやSDKを使うことによって、簡単にアプリケーションを提供できます。

Six Domain ChainとSDKの仕組み

Six Domain Chainは、ブロックチェーンを活用することによって、IoTで使用されるデータを効率よくシェアするプラットフォームです。Six Domain Chainでは特定のシステムに対応したソフトウェアを作るためのキット(SDA)が提供されます。SDKを用意することで開発者の負担は大幅に減ります。

また、Six Domain Chainはクロスチェーンを採用することによって、スケーラビリティを向上させています。クロスチェーンとは、異なるブロックチェーンを接続する仕組みです。Six Domain Chainはこれにより1秒あたり2000~5000回の取引ができます。

SDAの将来性

現時点では、それなりに将来性があると考えています。IoTの将来性は様々な分野の専門家が評価していますし、実際に普及も始まっています。ただし、IoTとブロックチェーンを結びつけるプロジェクトはIoTAを筆頭に多数存在しており、それらとの競争にさらされることについては留意が必要です。

SDAが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

SDAが購入できる海外の取引所一覧

  • CoinTiger
  • OKEx
0 0

この記事の共有はここから