SDAの特徴や将来性、SDAが購入できるおすすめの取引所

SDA

SDAの概要

通貨名称 SDA
最大発行数 約1億6300万枚
公開日
公式サイト https://www.sdchain-iot.com/
ホワイトペーパー

SDAの特徴や目指しているもの

SDAは、IoTによって取得されたデータを効率よくシェアするためのプラットフォーム「Six Domain Chain」上で使用されるトークンです。各企業はSix Domain Chain上で提供されるデータやSDKを使うことによって、簡単にアプリケーションを提供できます。

IoTの将来性と問題点

IoTとは、「身の回りのありとあらゆるものがインターネットに接続すること」を示す概念です。これまでインターネットに接続される端末はパソコンや携帯電話などごく一部のものに限られていましたが、IoTが浸透すると、テレビやエアコンなどの家電製品はもちろん、自動車や自分の身体(正確には自分の体の状態を計測する端末)などもインターネットに接続さます。ありとあらゆる情報がデータ化され、適切な形で提供されるようになれば、私達の生活はもっと便利になります。

我々に対して多大な恩恵をもたらすIoTですが、一方で現状では問題点も少なくありません。現状、特に問題視されているのが、セキュリティリスクと通信量増大です。

インターネットにつながるセキュリティリスク

IoTでは家電製品や自動車も通信デバイスになります。これらは通常長期間使われることが多く、時間経過とともにセキュリティは脆弱になっていきます。アップデートやパッチによってある程度は改善できますが、あまりにデバイス本体の回収が必要になることもあります。家電製品や自動車をアップデートのたびに回収するというのは現実的ではありません。

端末数の増加による通信量の増加

また、IoTが一般的なものになると、インターネットに接続される端末の数も飛躍的に増え、それに伴って通信量も増えます。この問題はIoTの概念が生まれた当初から問題視されていますが、まだ明確な改善方法は提示されていません。

Six Domain Chainはこのように将来性がありつつも問題点も少なくないIoTに大きな革命をもたらすかもしれない、新しいプラットフォームです。

Six Domain ChainはIoTを安全で効率的なものにするプラットフォーム

Six Domain Chainは、ブロックチェーンを活用することによって、IoTで使用されるデータを効率よくシェアするプラットフォームです。Six Domain Chainでは特定のシステムに対応したソフトウェアを作るためのキット(SDA)が提供されます。SDKを用意することで開発者の負担は大幅に減ります。

また、Six Domain Chainはクロスチェーンを採用することによって、スケーラビリティを向上させています。クロスチェーンとは、異なるブロックチェーンを接続する仕組みです。Six Domain Chainはこれにより1秒あたり2000~5000回の取引ができます。

筆者が考えるSDAの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性があると考えています。IoTの将来性は様々な分野の専門家が評価していますし、実際に普及も始まっています。ただし、IoTとブロックチェーンを結びつけるプロジェクトはIoTAを筆頭に多数存在しており、それらとの競争にさらされることについては留意が必要です。

SDAが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

SDAが購入できる海外の取引所一覧

  • CoinTiger
  • OKEx
0 0

この記事の共有はここから