SCの特徴や気になる今後の将来性とは?

SCの特徴や今後の将来性を解説

SCの概要

通貨名称 SC(Siacoin)
最大発行数 上限なし
公開日 2015年6月
公式サイト http://sia.tech/
ホワイトペーパー http://www.sia.tech/sia.pdf

SCの特徴や目指しているもの

SC(Siacoin/シアコイン)は、分散型のクラウドストレージサービス「Sia」上で使用される仮想通貨です。Siaは現在多くの企業から提供されている中央集権型のクラウドストレージよりも安全で、なおかつ安価(従来の価格の10分の1程度)で使えるサービスを目指しています。

現状のクラウドストレージの問題点

クラウドストレージとは、オンライン上に存在するストレージのことです。ストレージとはデータを保管するスペースです。クラウドストレージを利用すると、データをパソコンや外付けHDD、USBメモリといったローカル環境ではなく、オンライン上に保存できます。

クラウドストレージの最大のメリットは、インターネット環境があればいつでもどこでもデータを取り出せることです。外付けHDDやUSBメモリに保管したデータを外で取り出したい場合は、それを持ち歩く必要がありますが、クラウドストレージ上に保存しておけば手間が省けます。

また、オンライン上にデータが保管されるため、パソコンが故障してもデータが失われることはありません。クラウドストレージはそのサービスを提供する事業者によって管理されているため、手違いでデータが消えるリスクは0ではありませんが、事業者はリスク分散を行っているため、ローカル環境だけで保存するよりはデータ消失のリスクは低くなるでしょう

一方で、現状のクラウドストレージには問題点も少なからず存在します。一番大きな問題点は、データを預ける側のプライバシーが十分に保たれていないことです。クラウドストレージを利用するということは、それを提供している事業者に自らの保有するデータを預けるということでもあります。事業者は預けているデータを閲覧できるわけです。もちろん、通常は事業者もわざわざデータをのぞき見て第三者に流出させるようなことはしませんが、事業者側に悪意のある社員が入り込んでいる可能性は否定できません。

もう1つのデメリットは利用コストです。クラウドストレージには無料のものもありますが、有料のものもあります。ある程度大きな容量を使用する場合はコストを支払わざるを得ませんが、このコストは決して安いものではありません。例えばGoogle Driveの場合、1TBは1300円/月、10TBは1万3000円/月の費用がかかります。

現状のクラウドストレージはこのようにプライバシーがなく、費用も高く、ユーザーのニーズを十分に満たしていません。Siaはこうしたニーズに答えるために生まれた、分散型のクラウドストレージです。

SCは他者からデータを覗き見られないクラウドストレージ

Siaは、ブロックチェーンを用いた分散型のストレージです。ストレージが余っている個人や企業が、ストレージが足りない個人や企業に対してそれを貸し出すサービスであり、その支払にSCが使用されます。

預けたデータは企業の用意する特定のサーバーではなく、世界中に散らばって存在する数十以上のコンピュータに分散保存されます。データは分割され、暗号化されるため、保存先のコンピュータの保有者といえども、ファイルを勝手に望みることはできません。預けたファイルにアクセスできるのは、本人だけです。そのため、個人はもちろん、情報漏えいに気を使う企業も安心してサービスを利用できます。

データは細かく分割されるため、単一障害点は存在せず、一部のコンピュータがダウンしたときでも問題なくサービスを利用できます。

コストは従来の10分の1以下に

Siaは、従来のクラウドストレージの10分の1程度のコストで利用できます。公式Webサイトで解説されているところによれば、月間5TBを利用したときのそれぞれの価格は以下のとおりです。

  • Sia:10ドル
  • Amazon S3:115ドル
  • Google Drive:100ドル
  • Microsoft Azure:120ドル

個人はストレージを貸し出してお金を稼げる

Siaはストレージの貸し借りをするサービスです。個人でも企業でも自由にストレージを貸し借りできますが、基本的に個人は貸し出し、企業は借りる立場になります(もちろん、その逆も認められます)。

個人はストレージを持て余している人のほうが多いです。現在はストレージ容量が500GB~数TBのパソコンも少なくありませんが、それがみっちり埋まるほど大量のデータを抱えているという個人はほとんど居ないでしょう。

一方、企業はどちらかと言うとストレージが足りないところのほうが多いです。企業は個人の何倍、何十倍、あるいは何百倍もの情報を扱います。それらの情報には企業外に漏洩しては困るものも多く、そう簡単には外部には預けられませんが、Siaのような分散型ストレージならば安心して預けられます。

まとめると、個人は基本的に貸し出す側、企業は基本的に借りる側、ということになります。個人は全く使っていないストレージを貸し出すだけでお小遣い稼ぎができ、企業は従来の中央集権型のクラウドストレージよりもずっと安く、しかも安全に分散型ストレージを使用できます。双方にとって大いに得があるシステムと言えます。

筆者が考えるSCの今後の将来性

現状では、なかなかに将来性があると考えています。安全に使えるクラウドストレージは多くの企業が欲しているものですし、個人は深く考えずにお小遣い稼ぎができます。

ただ、ブロックチェーンとクラウドストレージを組み合わせたプロジェクトは多数存在するため、競合(STORJやFilecoinなど)との競争、そしてそれに伴う淘汰が起こる可能性は高いです。分散投資も考えたほうがいいでしょう。

SCが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所には上場されていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

SCが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • UPbit
  • BIttrex
0 0

この記事の共有はここから