SALTの特徴や将来性、SALTが購入できるおすすめの取引所

SALTの今後の将来性

SALT(ソルト)の概要

通貨名称 SALT
最大発行数 1億2000万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://saltlending.com/
ホワイトペーパー https://crushcrypto.com/wp-content/uploads/2017/08/SALT-abstract.pdf

SALTの特徴や目指しているもの

SALT(ソルト)は、仮想通貨を担保にして法定通貨を借りるためのプラットフォーム、及びそのプラットフォーム上で使用されるトークンの名称です。

ブロックチェーンを使用しているため、顔が見えない相手とも安全に契約できるのが大きなメリットです。現在、SALTのプラットフォーム上で使える(担保にできる)仮想通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の3種類ですが、今後はさらに多くの仮想通貨が追加される予定です。仮想通貨で大きな含み益が出た人、仮想通貨を売却したくない人にとっては有用なサービスであり、一定の需要が見込まれます。

仮想通貨で大きな含み益が出たときの悩み

仮想通貨が使える店舗は現状、多くありません。ビットコイン(BTC)やモナコイン(MONA)など一部の仮想通貨はそこそこ使える店が増えてきていますが、大半の仮想通貨はほぼ投資・投機の対象となっているというのが正直なところです(もちろん、将来的により利便性が高まる可能性は十分に考えられます)。

いくら含み益が出ようともそれを決済に使えない以上、利益に見合った決済をするためには一度法定通貨に変えなければなりません。しかし、仮想通貨から法定通貨への交換を行うと、それに見合った税金が発生します(含み益である限りはそれがいくら大きくなろうが税金は発生しません)。

仮想通貨に関する税制は国によって違うのでなんとも言えませんが、日本の場合、仮想通貨投資で得た所得は雑所得として計上されます。この計上方法は極めて簡単に言えば「税金が高くなる仕組み」であり、多くの利益が出た場合は、それに見合った税金を払うことになります。含み益のままでは十分に使えない、かといって利確してしまうと多額の税金を取られるというジレンマに、多くの仮想通貨投資化が頭を悩ませています。この問題を解決してくれるかもしれないのがSALTというプラットフォームです。

仮想通貨を担保に法定通貨を借りる仕組み

SALTは、所有している仮想通貨を担保に法定通貨を借りられる仕組みです。「お金を担保にしてお金を借りる」というのはなんとも不思議に思えるかもしれませんが、基本的な仕組みは土地を担保に借りる不動産ローンや株式を担保に借りる証券担保ローンと代わりありません。

この仕組のもとでは、まず借り手と貸し手のマッチングが行われます。借り手はどの仮想通貨を担保にどの法定通貨をどれくらいの金額借りたいのかを提示し、貸し手は借り手一覧の中から最も良さそうな人を選びます。

マッチングが成功したら、借り手は仮想通貨を担保としてSALTのプラットフォーム上に差し出し、借り手は法定通貨を貸し出します。法定通貨は借り手が予め登録した銀行口座に直接送金され、借り手は通常のローンと同じように毎期少しずつ返済していきます。

滞りなく返済が終わった場合、最初に担保として差し出した仮想通貨が戻ってきます。返済出来なかった場合は、SALTのプラットフォームから貸し手に担保の仮想通貨が届きます。貸し手は利息が得られ、借り手は仮想通貨を売却せず(税金を発生させず)に法定通貨を借りられます。

ブロックチェーンを用いた効率的な仕組みで融資を実現

現代の貸し手(銀行など)が行っている融資の基準は、思った以上に曖昧です。貸し手は借り手の職業、年齢、年収、資産などを元にその人の信用を数値化(スコアリング)し、その数値を元に融資の審査を行っています。

しかし、これらのデータから借り手の与信を正確に測るのはほぼ不可能ですし、そもそも借り手が提出されたデータが完全に正確である保証もありません。そのため、貸し倒れに備えて高い金利を設定したり、データが本当に信頼できるものなのかの調査に時間をかけたりしています。はっきり言って非小売です。

一方、SALTではブロックチェーン上の改ざん不可能なデータに担保を登録し、その担保から与信を図ります。担保さえ用意できれば、職業も年齢も関係なく有利な条件で借りられます。審査基準が簡単なので、効率的な契約が可能になります。貸し手は安心して貸し出せますし(万が一貸し倒れた時には仮想通貨を回収できます)、借り手は低い金利で借りられます。

この仕組みは、実際には高い返済能力があるにもかかわらず、融資で冷遇されてきた人たち(個人事業主などの被雇用者でない人など)にとって特に有用です。

なお、借り手には誰でもなれますが、貸し手になるためには一定の条件(SALTの保有など)を満たす必要があります。問題ある貸し手は自動的にシステムから弾かれる仕組みになっているわけです。

SALTトークンの使い道

SALTトークンはSALTのプラットフォームの利用料の支払いに使うほか、上記の通り貸し手になるためにも使います。保有している額が多ければ多いほど、貸し出せる額が増えたり、貸し出せる法定通貨の種類が増えたりします。

融資期間中に担保が暴騰/暴落したらどうなる?

仮想通貨は法定通貨に対して暴騰・暴落することがあります。担保にしていた仮想通貨の価格がこのような急激な価格変動を起こした場合はどうなるのでしょうか。

仮想通貨の価格が上がった場合、借り手は増えた担保を元により多くの融資を受けることが出来ます。もちろん、何もしないでそのまま返済を続けても一向に問題ありません。

逆に下がった場合は、下がった分を補える担保を追加で差し出すか、毎月の返済額を増やすかしなければなりません。現状、価格変動幅の非常に大きい仮想通貨を担保に差し出すことにはリスクも有ることを把握して置かなければならないでしょう。

筆者が考えるSALTの今後の将来性

一定の需要は見込めるものの、そこまで急激な高騰はしないのではないかと考えています。

仕組み自体は優秀です。仮想通貨はまだ売りたくない、けれどどうしても法定通貨がほしいというのは投資家(特に資産の多くを仮想通貨に割いている投資家)にとっては切実な悩みであり、それを解決できるのはいいことです。

ただ、このような需要がそこまで増えるかというと、疑問を持たざるを得ません。仮想通貨がたくさんあってなおかつ法定通貨が足りず、金利を払ってでも法定通貨を借りたい、というのは結構限定的なシチュエーションにも思えます。今後仮想通貨投資自体がさらなる活況を示せば需要もそれなりに増えるのでしょうが、それまでにはかなりの忍耐が必要になりそうです。開発もまだまだ途上なので、保有する場合は長期戦になることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。

SALTが日本に上場する可能性

現状、SALTが日本に上場する見通しは立っていません。バイナンスなどの海外の仮想通貨取引所を利用しましょう。

SALTが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Bittrex
  • Liqui
0 0

この記事の共有はここから