RUPの特徴や将来性、RUPが購入できるおすすめの取引所

RUPの特徴・将来性・取引所を解説

RUPの概要

通貨名称 RUP
最大発行数 8400万枚
公開日 2017年1月
公式サイト https://rupeeblockchain.org/
ホワイトペーパー https://rupeeblockchain.org/pdf/Rupee%20White%20Paper%20V2.0.pdf

RUPの特徴や目指しているもの

RUPは、ライトコインをベースに開発された仮想通貨です。南アジアの教育水準を向上させ、それによって貧困を解決するためのツールであり、開発チームは得た収益の大半を南アジアでの教育、及び福祉に使用する予定です。

RUPの仕組みと特徴

RUPは南アジアの初等教育の質の向上と量の拡大のために開発された仮想通貨です。開発チームは、RUPでの支払いを受け付ける事業者に対してゲートウェイとPoint of Sale(POS)アプリケーションを提供します。
ゲートウェイとPOSアプリケーションを使用する事業者は、開発チームに対して、各取引の1%の手数料を支払います。現状、日本で普及しているPOSアプリケーションの手数料(3~4%)と比べると、かなり割安に設定されています。
ここで発生した収益の一部をRUPの更なる開発や普及活動、インフラ整備などに投資して、残る全部を南アジア地域の教育と福祉の向上に費やすのです。収益を効果的に使うために、南アジア地域内での活動に焦点を当てた非営利団体を招待する予定です。現在はブロックチェーンを米国の非営利団体として登録する法的枠組みを完成させる作業を進めています。

筆者が考えるRUPの今後の将来性

現時点では、あまり期待できません。RUPという通貨の構想そのものは優れたものと言えますが、南アジアの主要国であるインドが仮想通貨に消極的だからです。
現状はP2P取引による仮想通貨取引が開発されており、取引量は増加傾向にありますが、これを受けて政府がより厳しい規制に乗り出す可能性は高いと思われます。いくら物自体が素晴らしくても政府に目をつけられればそれまで、というのが仮想通貨であるため、現状は厳しいと言わざるを得ないでしょう。

RUPが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用しましょう。

RUPが購入できる海外の取引所一覧

  • Bitibu
  • Yobit
0 0

この記事の共有はここから