RKCの特徴や将来性、RKCが購入できるおすすめの取引所

仮想通貨RKCとは?使い道と将来性を解説

RKCの概要

通貨名称 RKC
最大発行数 1500万枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://www.royalkingdomcoin.com
ホワイトペーパー

RKCの特徴や目指しているもの

RKCは、ドバイのIT企業、Royal Kingdom Enterprise(ロイヤルキングダムエンタープライズ)が開発したイーサリアムベースのトークンです。同社は中東を拠点に世界中でビジネスを展開しており、革新的なブロックチェーン技術やブランド化されていない技術(ホワイトラベル)を用いた高速決済システムで成長した企業です。

将来的にはドバイ国内での取引所の運営を目指しており、これが実現した場合には大きな価格の上昇も期待できます。またMyEtherWalletにトークンを入れておけば保有量に応じて新たなトークンを得られるのも特徴です

RKCは保有しているだけでその量が増えるトークン

RKCは、ドバイのロイヤルキングダムエンタープライズが発行したイーサリアムベースのトークンです。同社はこのトークンの発行(ICO)によって資金を集め、企業の事業推進力、事業展開スピードを向上させました。

一方、トークンホルダーは同社の事業成績によって、トークン保有量に応じてトークンを受け取れます。RKCの成長が、トークンホルダーの利益になるわけです。ただし、トークンをもらうためには、RKCを専用のウォレット(MyEtherwallet)に保管する必要があります。MyEtherwalletはイーサリアム及びイーサリアムベースのトークンを保存・管理するためのデスクトップウォレットです。

デスクトップウォレットとしては珍しく日本語に対応している上、多数のイーサリアムベースのトークンを保管できることから、広く使われています。1度ウォレットを設定すれば何もしないでも自動的にトークンが増えていくというのは大きな魅力です。

トークン供給量

RKCのトークン供給量の上限は1500万枚で、すでにすべてが発行済です。つまり、これ以上トークンの供給は増えない、ということです。また、ロイヤルキングダムエンタープライズが得た利益のうち50%は市場を通じたトークン購入に当てられ、残りの50%は事業へ投資されます。

つまり、時間が経てば経つほど、市場に出回っているトークンの量は減る、ということになります。これはトークンの価格上昇をもたらすと考えられます。

非常に低い時価総額

RKCの時価総額は、数ある仮想通貨の中でも最低クラスです。2018年9月時点での時価総額は約86万円、仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」でのランキングは1926通貨中1516位です。

こうしてみると最低クラスとまでは言えないようにも見えますが、実質的な最下位は1538位なので、ほぼ最低レベルと言えるでしょう。

筆者が考えるRKCの今後の将来性

現時点ではあまり期待していません。何しろ時価総額が低すぎる上、特に使える対象なども定まっていないからです。いくらMyEtherwallet内でトークンが増えても、その使い道が増えなければなんの意味もありません。

ただ、新たなトークンの使い道を公表されれば、一気に価格が跳ね上がる可能性はあります。前述の通りロイヤルキングダムエンタープライズはドバイ国内で取引所の開設をもくろんでおり、そこで基軸通貨としてRKCが採用されれば、価格は一気に上昇することが期待できます。

RKCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらで買いましょう。

RKCが購入できる海外の取引所一覧

0 1

この記事の共有はここから