RIYAの特徴や将来性、RIYAが購入できるおすすめの取引所

RIYAの特徴・将来性について解説

RIYAの概要

通貨名称 RIYA
最大発行数 1億枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://etheriya.com/
ホワイトペーパー https://etheriya.com/wp-content/uploads/2017/11/The-Etheriya-WhitePaper.pdf

RIYAの特徴や目指しているもの

RIYAは、フリーランス向け分散型フリーマーケットサイト「ETHERIYA」上で使用されるイーサリアムベースのトークンです。ETHERIYAはその名前が示すとおり、スマートコントラクトを筆頭とするイーサリアムの独自機能を多数使用できます。

フリーランス向けマーケット(クラウドソーシング)の問題点

IT技術の進展に伴い、フリーランスはインターネットを通じて様々な仕事を受注できるようになりました。直接発注者に対して営業を仕掛けるフリーランスももちろんたくさんいますが、最近はクラウドソーシングで効率的に仕事を受注する人も増えてきています。

クラウドソーシングとは、群衆(Crowd)と業務委託(Sourcing)をかけ合わせた言葉で、不特定多数の発注者とフリーランスが集まり、仕事の受発注を行うウェブサービスです。サイト内には多数の案件が掲示されており、フリーランスはそれに応募します。発注者は応募者の経歴やスキルを見て採用の可否を決定します。

アメリカではクラウドソーシングが盛んで、同国カリフォルニア州の企業、オーデスク社が提供するクラウドソーシング「Odesk」は270万人のフリーランスと54万の受注者が登録しており、2012年には3.6億ドル(当時のレートで約330億円)を売り上げました。

日本ではフリーランスの割合が少ないこともあって海外ほど市場は大きくありませんが、それでも最大手の「クラウドワークス」が誕生から5年で登録者数100万人を達成するなど、かなりの市場に育ってきています。

このように市場自体は成長しているクラウドソーシング業界ですが、発注者が有利になることや手数料の高さといった問題を抱えています。
ETHERIYAはこうした2つの大きな問題点を解決する可能性を秘めた、分散型のフリーマーケットサービスです。

ETHERIYAの仕組み

ETHERIYAは、フリーランスと発注者をマッチングするためのマーケットサイトです。分散型のクラウドソーシングサイトとして、従来のものにはない多くのメリットがあります。

フリーランスにとって一番のメリットは、手数料が低いことです。管理者が存在せず、必然的に彼らに支払う手数料も存在しないため、現状のクラウドソーシングよりずっと割安です。登録は無料で行うことができ、手数料は売上が発生した時に初めて発生します。

フリーランスは発注者から評価を受けられます。評価は他の発注者にも公開されるため、高い評価を得てそれを見た別の発注者から受注し、更に高い評価を得る、といった好循環を得られます。ETHERIYAは発注者に対して積極的に評価を残すことを推奨しています。価格は固定されるため、値下げ競争も比較的起きづらいです。

一方、発注者も固定価格で注文できるため、オークションによる思わぬ価格での落札を防げます。手数料が低くなり、フリーランスが受け取れる割合が多くなったことによって生まれた余りを報酬に上乗せし、優秀なフリーランスを囲い込むこともしやすくなっています。

機能性の高いUI

ETHERIYAは、フリーランスのサービスが多種多様化したことに対応するために、使いやすいユーザーインターフェイス(UI)を用意しています。複数の条件を設定することによって、より自分のニーズに合った仕事やフリーランスを簡単に見つけられます。

筆者が考えるRIYAの今後の将来性

現時点では判断が難しいです。サービスの内容は独自性が高く、競合するものは殆どありません。現状のクラウドソーシングが抱えている問題を解決し、フリーランスや発注者により大きな利益をもたらす、という目標もしっかりしています。

ただ、現状では時価総額がかなり低く、不安定な部分が少なくありません。

RIYAが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場しているため、今すぐ買いたいという方はそちらを利用するといいでしょう。

RIYAが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから