RENの今後の将来性とRENが購入できるおすすめの取引所

REN

RENの概要

通貨名称 REN
最大発行数 10億枚
公開日 2018年2月
公式サイト https://renproject.io/
ホワイトペーパー

RENの特徴や目指しているもの

RENは、注文票を公開することなく仮想通貨同士の取引を成立させるダークプールを実現するためのプロジェクト「Republic Protocol」上で使用される仮想通貨です。既存の取引所に任意でダークプールを設置できることから、多くのフィンテック企業がプロジェクトに対して投資しています。

ダークプールの仕組みとメリット

ダークプールとは、証券会社が証券取引所を介さずに非公開で投資家同士の注文をマッチングさせる仕組みです。

通常の取引所を仲介する仕組みでは、注文の内容が第三者に公開されるので、大きな金額を動かす機関投資家が注文を出すと、それだけで市場に大きな影響が出てしまいます。これは一般投資家にとっても、その注文を出した機関投資家にとっても望ましいことではありません。

ダークプール上で出された注文は公開されないため、そのような急な相場変動を抑制できます。Republic Protocolはこのダークプールを仮想通貨でも実現しようとする試みです。

Republic Protocolはゼロ知識証明によって非公開取引を実現

Republic Protocolは、ダークプール上での非公開取引を実現するプロジェクトです。投資家は第三者に注文の内容を知られることなく、安全に取引が行なえます。既存の取引所がRepublic Protocolを導入することももちろん可能です。

これを実現するのがある情報が「真実である」ということを、「その情報が真実である」ということ以外の情報を与えないまま証明する「ゼロ知識証明」です。ゼロ知識証明は、イーサリアムやZcashでも導入されている、非常に先進的な技術です。

取引のマッチングはノードが実行する

株式のダークプールでは投資家同士のマッチングは証券会社がしてきましたが、Republic Protocolではネットワークを支え、他者を接続するコンピュータ(ノード)がマッチングをします。

投資家は注文を出すときにRENで手数料を支払い、ノードの保有者はこれを受け取ってマッチングをします。支払手数料が多いほど、優先的にマッチングしてもらえます。ネットワーク使用時にもRENのデポジットが必要です。デポジットしたRENは不正行為を行うと没収されてしまうため、不正は自然と防止されます。

ダークプールにはどれくらいの需要がある?

Republic Protocolでは、ダークプールを用いた仮想通貨取引は月間で270億ドル(約3兆円)にも上ると予測しています。現状、米国株におけるダークプールを用いた取引の割合が15%程度であり、仮想通貨でも同じくらいの割合になるだろうと予測しています。

筆者が考えるRENの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性があると考えています。仮想通貨の非公開取引というのは、特に機関投資家にとって大きなメリットがあるものです。実現すればそれなりに価値を持つものになるでしょう。

RENが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

RENが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから