RCNはどんな仮想通貨?RCNの特徴や今後の将来性を徹底解説

RCNの今後の将来性

RCN(リプトクレジットネットワーク)の概要

通貨名称 RCN(Ripio Credit Network)
最大発行数 約10億枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://ripiocredit.network/
ホワイトペーパー https://ripiocredit.network/#whitepaper

RCNの特徴や目指しているもの

RCN(リプトクレジットネットワーク)は、世界中の人と安全・快適にお金を貸し借りするためのプラットフォーム「Ripio Credit Network」上で使われるトークンです。スマートコントラクトとブロックチェーンの技術を活用することによって、従来は金融機関を筆頭とする仲介業者が行っていた融資を個人や企業が直接行えるようになります。

仲介業者が利息を取らないため、借り手はより安い金利で借りることができ、貸し手はより高い金利で貸すことができます。当初は中南米での利用を見込んでいます。

銀行口座を持たない人は世界に25億人以上!

日本ではほとんど苦労することなく、誰でも簡単に銀行や信用金庫などで自分だけの口座を保有できます。そんなのは当たり前だ、と思われるかもしれませんが、これが当たり前でない国は少なくありません。

独立行政法人 国際協力機構が発表しているところによれば、2014年時点での世界全体の金融機関口座保有率は62%に過ぎません。全体の38%、人口にして約26.6億人が、銀行口座を持てない不便な生活を強いられているのです。

世界を先進国と開発途上国に分けた場合、先進国の口座保有率は94%と非常に高いのに対して、開発途上国は54%にとどまっています。また、開発途上国内でも男性59%に対して女性50%、富裕層60%に対して貧困層46%と差があります。

銀行口座を持たない人が特に多いのが東南アジア諸国や中南米諸国です。Ripio Credit NetWorkが主な対象としている中南米地域には、日本の人口の約5倍に当たる6億人が暮らしていますが、口座保有率は全体で35%に過ぎません。開発途上国平均と比べても低い数字です。加えて、中南米地域には先進国と比べると政治的に不安定な国が多く、各国の法定通貨の信頼度も高いとは言えません。

たとえば、サッカー強国として知られるアルゼンチンは、2001年に対外債務の返済不履行宣言(他国からの借金が返せないという宣言、国家経済の破綻)を起こしています。経済成長率は先進国と比べるとかなり高く5%を超えることが多いのですが、一方で諸外国からの信頼は未だに回復していません。国や銀行が海外から資金を調達できないため、住宅ローンを筆頭とする各種ローンが非常に高金利で、家を買うにも一括払い、というありさまです。

ブラジルの口座保有率は2014年時点で68%と、中南米の中では比較的高いほうですが、2018年には政情不安からソブリン債(国や政府関係機関の信用を引当とした債権。国自体の信頼を測る目安の一つとなる)の格付けがBBからBB-に引き下げられています。

政情不安な国では融資金利が高くなる傾向があり、本来融資が必要な層に十分に届かないことがままあります。こうした問題を解決するために作られたのが、Ripio Credit Networkです。

Ripio Credit Network は誰でも簡単に貸し借り可能なプラットフォーム

Ripio Credit Networkは、個人間、あるいは企業間での融資を安全・快適に行うためのプラットフォームです。Ripioとはスペイン語で砂利という意味の単語です。砂利が道路というインフラの基礎になるように、Ripio Credit Networkは金融というインフラの基礎になります。Ripio Credit Networkでは融資はRCNを通じて行われます。

Ripio Credit Networkは非常に簡単に使えます。まず、借り手はウォレットプロバイダーという人に対して借入の申込を行います。ウォレットプロバイダーは借入の申込を元に、取引上必要なデータ、例えば個人情報や返済の実現性などをブロックチェーンに格納します。

返済の実現性については、Ripio Credit Networkを支えるスコアリングエージェントと呼ばれる人が作成します。貸し手がこの人は信頼できるとか出来ないとかを考える必要はありません。

貸し手はウォレットプロバイダーに対して貸付可能なRCNの額、取引条件などの情報を送ります。ウォレットプロバイダーは両者を比較してマッチングを行います。

取引が成立した際には、借り手と貸し手、そして共同署名者がブロックチェーン上に署名します。借り手のウォレットには貸した分だけのRCNが送られ、すぐに借り手が希望した別の通貨に両替されます。両替はすぐに行われるので、為替レートの変動を心配する必要はありません(まるでリスクがないとは言えませんが)。万が一返済が滞った場合は、共同署名者が回収を行います。

この仕組みのもとでは、仲介業者である銀行が介入する余地がありません。そのため、借りてはより安い金額で借りることができますし、貸し手はより高い金利で貸し出すことが出来ます。

Ripio Credit Network に関わる人達

Ripio Credit Networkには、貸し手と借り手以外にも、

  • スコアリングエージェント:返済実現性を検討する人
  • 共同署名人:借り手の保証人になる人
  • IDベリファイヤー:借り手の本人確認を行う人
  • オラクル:借り手が望む通貨とRCNの交換レートを決める人

が携わります。
彼らに対しては、報酬としてRCNが支払われます。

筆者が考えるRCNの今後の将来性

Ripio Credit Networkは中南米ではある程度支持を得られても、それ以上は広がらないのではないかと見ています。

ブロックチェーンやスマートコントラクトと言った技術は金融との相性が極めて良好であり、似たようなプロジェクトは多数存在しています。代表的な存在は「SALT」です。SALTはイーサリアムのブロックチェーンをベースに作られた融資プラットフォームで、仮想通貨を担保として預けることによって資金の貸し借りを行うという特徴があります。

SALTとRipio Credit Networkを比較した場合、少なくとも素人目にはSALTのほうが優れたサービスに見えます。Ripio Credit Networkは前述の通り、多くの人が関わっています。多くの人が関わるということは、言い換えればそもそものシステムが非効率であるということです。効率的なシステムがつくれていれば、それを維持するための人は最小限ですみます。SALTは仮想通貨を担保とし、担保にした仮想通貨の価値の変動に従って借入可能額が自動で変動し、万が一の際には仮想通貨を回収するという仕組みになっているため、貸し手と借り手以外の人は殆どかかわらず、非常に効率的な運用がなされます。

Ripio Credit Networkは中南米をターゲットにしているとことなので、ここでは成功するかもしれませんが(中南米の商慣習などはよくわかりませんが、それに最適化される可能性が高いからです)、それ以上広がるためにはもっと効率的なシステムに組み替える必要があるのではないかと思います。

RCNが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。海外の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

RCNが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Huobi
0 0

この記事の共有はここから