QRKの特徴や将来性、QRKが購入できるおすすめの取引所

QRKの特徴・将来性・購入できる取引所を解説

QRK(Quark/クォーク)の概要

通貨名称 QRK(Quark/クォーク)
最大発行数 2億4700万枚
公開日 2013年7月
公式サイト http://quark.cc/
ホワイトペーパー

QRKの特徴や目指しているもの

QRKは、6つのハッシュ関数の組み合わせるという独自の仕組みによって、高度な安全性と公平性を獲得した仮想通貨です。また、CPUマイニングが可能なため、高額なASICを保有できない平均的な仮想通貨ユーザーでもマイニングを通じて報酬を得られます。

QRKの仕組み

QRKの最大の特徴は、複数のハッシュ関数を採用することで、安全性と公平性を支えています。

ハッシュ関数とは、ある値を入力すると、その値とは大きく異なる、一定の長さの値(ハッシュ値)が出力される特殊な関数のことです。入力する値を少しでも変えると、ハッシュ値は全く別のものになります。ビットコインを始めとするブロックチェーンでは、ハッシュ関数を使って暗号化を行っています。暗号化を複雑にすればするほど、安全性は高くなります。

3つのハッシュ関数とASIC耐性の導入

ビットコインはSHA-256という1つのハッシュ関数を採用し、2段階の暗号化を行っています。それに対して、QRKは6つのハッシュ関数を採用することで、3段階の暗号化を行っています。それぞれの段階で6つの中からランダムで3つが使用されます。

また、QRKはASIC耐性を導入することで、マイニングの寡占を防いでいます。ASICは特定のハッシュ関数に対象を絞ることによって計算能力を高めたコンピュータなので、複数のハッシュ関数を採用している仮想通貨のマイニングには使えないのです(理論上、複数のハッシュ関数に対応するASICを作ることはおそらく可能ですが、開発費用が膨大になるため、メーカー側に開発するメリットがありません)。

QRKの将来性

ASIC耐性を備えていることはメリットと言えますが、一般的な仮想通貨ユーザーがそこに引き寄せられるかというと、そうとも言えません。

ほとんどの仮想通貨ユーザーはマイニングにわざわざ参加しようとは思いません。彼等にとって、マイニングがしやすいとかしにくいとかいう話は、まったくもってどうでもいい話です。他に優れた機能があるわけでもないですしね。

QRKが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに海外の仮想通貨取引所に上場しているので、今すぐ購入したいという方はそちらを利用するといいでしょう。

QRKが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから