Q2Cの特徴や今後の将来性をわかりやすく解説!

Q2Cの特徴や将来性を解説

Q2Cの概要

通貨名称 Q2C(QubitCoin)
最大発行数 約2億4800万枚
公開日 2014年1月
公式サイト https://qubitcoin.cc/
ホワイトペーパー

Q2Cの特徴や目指しているもの

Q2C(キュービットコイン)は、2014年1月に公開された、GPU・CPUでのマイニングする仮想通貨です。仮想通貨の中では比較的歴史がある方ですが、その割には知名度や時価総額は低い草コインの1種です。

もともとはコミュニティ用の通貨として作られたものですが、最近は新たなディベロッパーのもとで開発が進められています。唯一無二と言えるほどの特別な機能はありませんが、高速送金、小さなブロックサイズ、プレマインなしなどの特徴があります。

Q2Cのブロック生成サイズは30秒

Q2Cの最大の特徴は、ブロックサイズの生成スピードが30秒と非常に短いことです。ビットコインのブロック生成スピードは10分であり、単純計算ではQ2Cのほうが20倍も早いということになります。ブロック生成スピードが早いぶん取引スピードも早く、そのぶん高速取引が可能です。

GPU・CPUでのマイニングが可能

Q2CはASIC耐性を持っているため、GPU・CPUでマイニングできます。

ASICとは、特定の用途のために作られた集積回路のことです。集積回路とはコンピュータを支えるパーツの1つです。ASICはマイニング専用ツールであるため、汎用性の高いGPU・CPUよりも遥かに効率的にマイニングできます。逆に言えば、GPU・CPUでは、ASICに太刀打ち出来ないということでもあります。

ASICはGPU・CPUと比べて開発費がかかる上、たくさん売れるものでもないため販売価格が高額であり、必然的にそれを大量に保有できるのは一部の資本グループに限られます。ASICの普及は、資本グループによるマイニングの寡占を招く可能性が否定出来ないのです。

実際、ASIC耐性のないビットコインの殆どは、いくつかの大規模なマイニンググループによって寡占されています。上位4グループの計算能力は全体の50%を超えています。分散を良しとするはずのビットコインの理念とは、真逆の状況になってしまっているわけです。

一方、Q2CにはASIC耐性があるため、ASICではマイニングができません。代わりに、より安価で入手しやすいGPU・CPUでマイニングができます。参入のハードルが低いため必然的にマイニングの寡占化も起こりづらくなり、高度な分散化を達成できます。

ブロックサイズは小さめ

正確な数値はわかっていませんが、Q2Cのブロックサイズはビットコインのそれ(1MB)よりも小さめに設計されています。ブロックサイズが小さいため、マイニングのために作られたわけではないGPUやCPUでも比較的簡単にマイニングできるわけです。PCの容量の大部分を占めることもありません。

ただし、ブロックサイズが小さいのがマイナスに働くこともあります。ブロックが小さいということは、ブロック状に記載できる取引の数が小さいということでもあります。今後、時間あたりの取引が増加した場合、ブロック内に取引を記載しきれず、その結果送金遅れや手数料の高騰が発生する可能性があります。

こうした問題はスケーラビリティ問題と呼ばれ、すでにビットコインでは明確な課題となりつつあります。その結果、取引サイズを小さくするSegwitが導入されたり、ブロックサイズが大きいビットコインキャッシュが誕生したりしています。

Q2Cはもともと全世界で使われることを目指したものではなかったため、ブロックサイズは小さくても問題ないとしてこのように設計されたのかもしれませんが、今後取引が増えた場合にはQ2Cでも同様の問題が起きかねません。

筆者が考えるQ2Cの今後の将来性

現状では、長期的な値上がりはほとんど期待できないでしょう。仮想通貨としての性能自体はそれなりにはありますが、抜きん出ているというほどでもありません。誕生からすでに4年半が警戒しているにもかかわらず時価総額は草コインの中でもかなり低い部類に入りますし、広告やユーザーへの周知活動も殆ど行われていません。Twitterアカウントも4年以上停止しています。

今後投機筋の対象となって一時的に値が上がることはあるかもしれませんが、長期的には忘れ去られゆくものだと思っています。

Q2Cが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外取引所に上場されていますので、気になるという方はそちらを使うといいでしょう。

Q2Cが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから