PXCの特徴や将来性、PXCが購入できるおすすめの取引所

PXCの特徴・将来性・購入できる取引所まとめ

PXCの概要

通貨名称 PXC
最大発行数 9800万枚
公開日 2013年5月
公式サイト http://phoenixcoin.org/
ホワイトペーパー

PXCの特徴や目指しているもの

PXCは、2013年5月に誕生した、イーサリアムよりも長い歴史を持つ仮想通貨です。ライトコインをより発展させたものであり、ライトコインよりも早いブロック生成スピードと多い発行枚数が特徴です。

ライトコインをさらに発展させたPXC

PXCはブロック生成スピードはライトコインを上回る1.5分、発行枚数もライトコインを上回る9800万枚と、ライトコインよりもさらに日常的に使いやすく設計されています。

PXCは原則として取引を含むブロックのあとに6つのブロックが接続された時点で取引完了とみなすため、送金時間は1.5分×6分=9分となります。ビットコインはもちろん、ライトコインよりも早いので、送金詰まりが起きにくいという特徴があります。

筆者が考えるPXCの今後の将来性

現時点では期待していません。誕生からすでに5年が経過していますが、価格上昇の要素がこれと言って見えないからです。時価総額は草コインの中でもかなり低く、公式サイトにはホワイトペーパーやロードマップがないなど、最低限のことすらできていないというのが正直な印象です。

後発で優秀なアルトコインが次々と登場している昨今、このような態度で生き残るのは不可能と思われます。

PXCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

PXCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから