匿名通貨PURAは安全なのか?PURAの特徴と今後の将来性を徹底調査

PURAの安全性・将来性を解説

PURAの概要

通貨名称 PURA
最大発行数 3億5000万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://mypura.io/
ホワイトペーパー

PURAの特徴や目指しているもの

PURA(プラ)は匿名かつ高速な取引を実現する仮想通貨です。ビットコインの利便性や高速性といった長所を更に高めた通貨であり、特に送金時間に関しては1秒以下と極めて優秀です。また、10万PURA以上を保有すると、保有量に応じた利子がもらえます。

PURAとビットコインの違い

PURAとビットコインはどちらも仮想通貨であり、基本的な仕組みは似ています。両者ともにブロックチェーン上に極めて改ざんしづらい形で取引データを記録し、その情報はネットワークが破壊されつくさない限り永遠に残り続けます。取引はP2P(ピアツーピア、金融機関等の仲介業者を介さない取引)で行われるため、取引手数料は極めて安価です。

一方で、PURAとビットコインには相違点もあります。主な違いは「匿名性」と「高速性」です。

匿名性

PURAはビットコインよりも遥かに高い匿名性を実現しています。

ビットコインは匿名である、というイメージをお持ちの方は少なくないかと思いますが、それは正しくありません。ビットコインの取引記録は、全て第三者に公開されるからです。ビットコインの取引はビットコインアドレスという個人情報とは無関係な数字の羅列を用いて行われるため、通常はそこから氏名や住所などがバレることはないのですが、万が一ビットコインアドレスと個人情報が紐付けられてしまった場合、すべての取引情報は第三者に筒抜けになってしまいます。

一方、PURAはそうした取引情報を第三者に対して秘匿しているため、より安心して取引が行えます。PURAのネットワークにおいて、自らの取引履歴や通貨の保有残高などを参照できるのは自分自身のみです。こうした機能をプライベートペイといいます。このような匿名性が高い仮想通貨を匿名通貨といいます。

ただし、匿名通貨がビットコインなどの非匿名通貨よりもあらゆる面において優れているかというと、必ずしもそうとはいえません。例えば仮想通貨を通じて慈善団体に寄付を行う際には、非匿名通貨を使ったほうがよいでしょう。匿名通貨だと、慈善団体が寄付で集めた資金を遊興費などに使っても外部からそれを認識できないからです。

高速性

PURAの取引完了スピードは、ビットコインよりも遥かに高速です。具体的にいうと、ビットコインは概ね1時間以上であるのに対して、PURAは1秒以下です。

そもそもなぜビットコインの取引完了にはこんなにも時間がかかるのでしょうか。理由は簡単で、ブロック生成スピードが遅く、承認にも時間がかかるからです。

ブロックチェーンを採用している仮想通貨では、取引はまとめてブロックチェーンに格納されます。ビットコインの場合、新規ブロックは一定時間10分ごとに生成され、既存のブロックチェーンに接続されます。

ならば取引完了までにかかる時間は10分ではないかと思われるかもしれませんが、実際にはもっとかかります。ブロックに記載された取引情報が正しいことを確認しなければならないからです。この作業を承認といいます。取引が正しくないと判断された場合(承認されなかった場合)、その取引は無効になります。

承認とは具体的に言えば、更に新しいブロックの生成です。例えば、A番目のブロックの取引を承認する場合、A+1番目が生成されたら、1回承認が行われたことになります。その後A+2番目のブロックが生成されたら、2回承認が行われたことになります。承認を繰り返すと、取引が無効になる確率は低下します。

ビットコインの場合は6回承認が行われるとその取引が無効になる可能性は0に極めて近くなります。そうなって初めて、取引が完了します。そのため、送金にかかる時間は6回承認が行われるのにかかる時間、つまり6個新しいブロックが生成されるのに掛かる時間=60分ということになります。実際には送金づまりなどが発生してさらに時間がかかることもありえます。

翻って、PURAの送金時間はわずか1秒以下です。これを実現するのがInstaPayという仕組みです。これは予め構築されたP2Pペイメントネットワークという独自の直接取引ネットワークを活用することによって高速送金を実現する技術です。取引情報はブロック状に保存され、安全に保管されます。

マスターノードで不労所得が得られる

PURAにはマスターノードという仕組みがあります。これは簡単に言えば、仮想通貨の取引ネットワークを支えるコンピュータのことです。マスターノードを稼働させると、そのコンピュータの保有者はマイニングと同じように報酬が得られます。

この仕組みを採用している仮想通貨は複数あり、マスターノードになるための条件もまちまちですが、PURAの場合は10万PURAを保有することが唯一の条件になっています。マスターノードはあなたが遊んでいるときも、仕事をしているときも、寝ているときも稼働し、ネットワークを支えます。その見返りとしてあなたは報酬を受け取ります。これは銀行口座の利子のようなものです。

なお、2018年9月17日時点でのPURAの価格は1PURA≒8.93円なので、マスターノードの擁立には約89万3000円がかかるということになります。

PURA開発チームと今後の方針

PURA開発チームは、専門知識を持つ20名以上のメンバーから成り立っています。利益よりも公益を優先させるという理念のもとでコミュニティを形成しており、マイニング報酬の10%をPuraMissionと呼ばれる非営利団体・社会的利益団体のために使っています。

彼らの公開しているロードマップでは、2018年中にブロック報酬やモバイルウォレットの変更を、2019年以降は投票及びプロジェクト資格制度の導入、Proof of Acceptanceという新しいアルゴリズムの導入などを行う予定です。

筆者が考えるPURAの今後の将来性

現時点では、やや厳しいと見ています。1秒以下の送金時間というのは非常に魅力的ですが、ビットコインも将来数秒での送金を可能にするライトニングネットワークという技術の導入を検討しています。1秒以下と数秒ではそこまで大きな差はなく、これが導入された場合にPURAの優位性は大きく揺らいでしまいます。

また、PURAは匿名通貨であるため、国家の規制を受けるリスクも高めです。匿名通貨はマネーロンダリングや違法な品の売買に使われる可能性が高いことから、非匿名通貨と比べてより厳しい規制を受けることになるかもしれません。

PURAが日本に上場する可能性

現時点で日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

PURAが購入できる海外の取引所一覧

  • Kucoin
  • Cryptopia
  • CoinExchange
0 0

この記事の共有はここから