PPTは今後どうなる?PPT特徴や将来性について徹底解説

PPTの今後の将来性

PPT(ポピュラス)の概要

通貨名称 PPT(Populous)
最大発行数 約5300万枚
公開日 2017年4月
公式サイト https://populous.co/
ホワイトペーパー https://populous.co/populous_whitepaper.pdf

PPTの特徴や目指しているもの

PPT(ポピュラス)は、イーサリアムのブロックチェーン技術を元に構築されたインボイスファイナンス(売掛金担保融資)のためのプラットフォームです。PPTのユーザーは、売掛金(後述)をトークン化したもの担保に資金を貸し借りします。

PPTのプラットフォーム上で使われるトークンはPokensと呼ばれるもので、法定通貨と同等の価値を持ちます(ペック通貨)。例えば1 JPY Poken=1円、1USD poken=1ドル、と言った感じです。

資金融通のためのプラットフォームは数多く開発されていますが、売掛金を担保にするものは珍しく、その独自性は高いです。借り手が担保にした売掛金を自動で信用格付するシステムがあるため、貸し手は安心して借り手を選べます。次世代の金融市場を創造するかもしれないプラットフォームであるため、ビジネスマンならば抑えておきたいところです。

そもそも売掛金って何?

売掛金とは、企業などが後払いで商品やサービスを販売した場合に発生する、あとで受け取れるお金、もしくはそれを受け取る権利のことです。購入した側が支払わなければならないお金、もしくはそれを支払う義務は「買掛金」と呼ばれます。この仕組は要するに「ツケ」であり、もう少し格式張った言い方をすれば「掛取引」です。

企業は必ずしも現金で即時決済を行うわけではありません。特に大企業ともなれば取引を1日に数百回、あるいはそれ以上の回数行うことも珍しくなく、そのたびに現金を移動させるのは現実的ではないからです。顧客が商品を先に納品し、その●ヶ月後に代金を払うという掛取引は、多くの業界で日常的に行われています。

高額な掛取引をする際は通常、契約書を作成します。買掛金を支払う義務がある側が「私はそんな契約していませんよ」と言い出すのを防ぐためです。契約書には金額や支払日時といった基本的な事項だけでなく、支払いが遅れたときにどのような措置をとるか、双方が守らなければならない義務はなにかなども書いておきます。契約書を丁寧に作成すれば、その分あとでトラブルが発生する可能性を下げられます。

契約書を作成しても掛取引は完全に安全にはならない

高額な掛取引の際に契約書を作成するのは当然のことですが、しかし契約書を作成したら絶対に売掛金が回収できるようになるのかというと、そんな事はありません。そもそも無い袖は振れないからです。いくら売掛金があることを証明しても、相手に支払能力がなければ回収はできません。掛取引を穏当に終わらせるためには、相手の支払能力を調査したり、金額を制限したりと言ったような工夫が必要になります。

借金の売掛金は担保にもできる

売掛金は将来お金を受け取れる権利です。この権利を担保にする借金をインボイスファイナンス(売掛金担保融資)といいます。借り手は売掛金(の請求書)を担保として差し出し、貸し手はその売掛金の質(金額や支払日時、回収可能性など)を吟味して貸し出します。

融資が実施されたあと、支払が滞り無く終わった場合は何も起きませんが、返済できなくなった場合は担保の売掛金が貸し手に移ります。売掛金をもらえる企業が変わるわけです。不思議な仕組みにも思えますが、日本では売掛金を担保にする融資はもちろん、売掛金自体の売買も合法です。

通常、インボイスファイナンスは銀行や日本政策金融公庫と行います。顧客がこれらの金融機関に対して売掛金を差し出し、金融機関がその売掛金の質を審査した上で融資する、という仕組みです。例えば東京スター銀行の「売掛債権担保ローン」では、小口の売掛金をまとめて担保とすることができ、融資上限額は2億円となっています。

インボイスファイナンスは低金利が大きな魅力ですが、一方で審査に時間と手間がかかるというデメリットもあります。会計上は黒字なのに、現金が用意できずに倒産、という自体が発生しかねないわけです。このような現状のインボイスファイナンスのデメリットを解消し、より多くの企業が簡単に、安全にインボイスファイナンスを利用できるようになるのが、PPTというプラットフォームなのです。

売掛金をトークン化してスムーズな融資を実現

PPTでは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンスマートコントラクト(契約を自動化するシステム)によって、売掛金をトークン化します。そして、そのトークンを担保に融資を行います。

借り手は売掛金をトークン化したものをPPTに出品します。貸し手は、出品された売掛金一覧の中から、最も信頼できそうな(貸したい)物を選び、金利を提示します。借り手はその金利に納得すれば契約成立となり、借り手のもとにプラットフォーム内で使われるトークン「Poken」が送られてきます。Pokenは前述の通り法定通貨との交換レートが固定されているもので、そのまま法定通貨に変えることも出来ますし、外部のイーサリアムウォレットに送金することも可能です。

この仕組みの最大のメリットは、金利を低く設定できることです。銀行のような仲介機関が入らず、必然的にそこに手数料を支払う必要がなくなるからです。これは借り手にとってはもちろん、早く借り手を見つけたい貸し手にとっても大きなメリットとなります。

借り手の財務諸表を元に正確な格付けを実現

PPTでは、XBRLという言語を採用しています。XBRLとは「Extensible Business Reporting Language」の略で、直訳すれば「拡張可能な事業報告言語」です。もっとわかりやすく言えば、企業の財務データを収集し、格付けを行うための国際的なフォーマットです。異なる国、異なる業種の企業の財務状況を比較するのに非常に便利なものです。イギリスでは約190万社がこのフォーマットを利用しています。

PPTではXBRLのデータをAltman Z-scoreなどの別のフォーマットと組み合わせることによって、業界標準よりも更に正確な格付けを行います。貸し手はこのデータを元に融資先を決められます。審査が全自動で行われるようなものです。

もちろん、あえて格付けの低い相手に対して、高い金利で貸し出す、といったようなことも可能です。そのあたりの判断は自分で行うことになるため、完全に自己責任の世界となります。

筆者が考えるPPTの今後の将来性

現時点では将来有望だと思います。正確な格付けシステムが非常に便利なため、今後は銀行の業務を一部食いとることになる可能性が高いでしょう。XBRLのシステム自体もどんどん進化しているので、今後その信頼性はさらに高いものになるでしょう。

ロードマップによれば、今後は3年ほど賭けて堅固な基盤を気づくとともに中小企業とのパートナーシップを4年~6年以内に欧州での拡大を目指すとのことで、時間は掛かりそうです。気長に値上がりを待てる人にはおすすめの投資先と言えます。

PPTが日本に上場する可能性

現時点で日本の仮想通貨取引所に上場される見通しはありません。海外の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

PPTが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Kucoin
0 0

この記事の共有はここから