POWRの特徴や将来性、POWRが購入できるおすすめの取引所

POWERの今後の将来性

POWRの概要

通貨名称 POWR
最大発行数 10億枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://powerledger.io/
ホワイトペーパー

POWRの特徴や目指しているもの

オーストラリアのPower Ledger株式会社によって運営されるERC20準拠のトークンが、POWR(Power Ledger/パワーレジャー)です。

オーストラリア初のICOとなったPOWRは電力系としては初のトークンだった為、注目を集めました。さらに、関西電力と共同で技術開発をしている点でも話題になりました。

電力をユーザー同士で取引できる!

POWRでは、自家発電した電力を、電力会社を仲介せずにユーザー同士で直接売買できます。第三者を仲介しないことで買う側にも売る側にも良い条件で取引をすることができます。電力の中央集権的システムを解消することも期待できます。POWRはそんなことができるプラットフォームを目指しています。

水道や電力などのインフラ産業は大手企業が独占しています。電力は生活に必ず必要なものですから、国が介入することも多いですが、いずれにしろ中央集権システムの最たるものです。POWRのP2Pネットワークを利用した取引は、この中央集権を崩すことが期待されます。

Sparkzというトークンで取引をする

POWRも他の仮想通貨と同様に価格変動が激しいのが特徴です。そのため、POWRを電力の取引の通貨として利用するのは好ましくありません。そこでPOWRではなく電力価格を反映したSparkzという仮想通貨で取引をします。価格安定化、取引所間の価格差の解消も期待できます。

筆者が考えるPOWRの今後の将来性

POWRの将来性ですが、よくわからない、というのが正直なところです。

再生可能ソーラー系のトークンであるPOWRは実用性もあり、ニーズも高いでしょう。P2Pで電力会社を仲介しないことで電力の売買ができれば、買う方にも売る方にもメリットがあります。オーストラリアや海外の大手企業が出資している、という点も投資家目線で見れば嬉しい材料です。アプリも魅力的です。電気自動車はもちろん、移動できる電源ポートも画期的です。投資家に対してアピールできる大きなポイントでしょう。

しかし、ユーザーが少ないうちは流動性が低く、取引が成立する確率は下がります。また、東京電力などの既存の大手電力会社がブロックチェーン事業に参入したとなると、既存ユーザーを多く抱える大手の会社に太刀打ちできないことは目に見えています。POWRの発想やプロダクトは素晴らしいと思いますが、順調にいくかどうかは疑問です。オーストラリア政府もバックアップして多いに盛り上がっていますが、そうそうスムーズにいかないのではないでしょうか。既得権者は、現状を変えることを嫌がります。

いくらいいプロダクトだとしても、そのプロダクトが自分の利益を脅かすのであれば、排除しようと思うのは当然です。POWRが世の中に浸透していくにはまだ時間がかかりそうです。

POWRが日本に上場する可能性

関西電力と共同開発をしているとから、将来的に国内の取引所に上場する可能性もなくはないものの、現時点ではPOWRが上場するというニュースはありません。仮に購入を検討するのであれば、海外の取引所で購入するのが基本です。

POWRが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから