POTの特徴や将来性、POTが購入できるおすすめの取引所

POTの特徴・将来性まとめ

POTの概要

通貨名称 POT(Potcoin)
最大発行数 4億2000万枚
公開日 2014年1月
公式サイト https://www.potcoin.com/
ホワイトペーパー

POTの特徴や目指しているもの

POTは、一部の国や地域で合法化されつつある大麻を円滑に取引するための仮想通貨です。国や地域ごとに大きくルールが異なり、不明瞭な取引になりがちな大麻の取引を、ブロックチェーンでより安全・明快・簡単なものにします。

現状の大麻取引の問題点

合法化により大きな拡大が見込まれる大麻市場ですが、一方で現在の大麻市場には問題点も少なくありません。一番の問題点は、現金決済以外の支払手段に乏しいことです。現金決済は「足がつきにくい」という点では優秀ですが、一方で国ごとに通貨は異なるため、業者は国ごとのさまざまな事情を考慮しなければなりません。

また、現状市場で流通している大麻は生産・流通経路が不明確なものも多く、それがリスクを大きくする要因にもなっています。嗜好用大麻が合法化されても、市場に流通する大麻の品質が完全に補償されるわけではないのです。

POTはこうした大麻取引の問題点を効率的に解決するための仮想通貨です。

POTは大麻取引のための仮想通貨

POTは大麻取引の問題点を解決するために作られた仮想通貨です。基本的な仕組みはビットコインやライトコインなどと似ていますが、大麻市場にターゲットを絞り、大麻の生産から流通までの流れを逐一ブロックチェーンに記載することで、大麻取引の安全性を確保するという違いがあります。

仮想通貨で取引の利便性を確保

仮想通貨であるPOTは世界共通の通貨なので、業者は両替の必要がなくなり、それにかかっていた費用を節約できます。POTの決済は即時に終了するため、クレジットカード決済のように振込日まで入金を待つ必要もありません。決済にかかる手数料もクレジットカードより格段に安いため、顧客を取り込むこともできます。大麻の購入者も面倒な手間を省くことができます。

筆者が考えるPOTの今後の将来性

現時点では、それなりの将来性はあると考えています。大麻市場は極めて将来有望な市場の1つであり、高い成長率が期待できます。POTで決済される機会が増えれば、それだけ価格も上昇するはずです。

政府としても、大麻の流れをブロックチェーンで効率的に管理できるのは悪い話ではありません。下手に違法市場で取引されるよりは、簡単に管理できる場所で取引してもらったほうがまだましだからです。

一方で、大麻の決済手段として開発された仮想通貨は他にも多数あります。例えばBudboやParagonなどがそれに該当します。今後はこれらの競争にどう勝っていくかが重要になるでしょう。

POTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに海外の複数の取引所に上場していますので、気になる方はそちらで買いましょう。

POTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから