POAの特徴や将来性、POAが購入できるおすすめの取引所

POAの特徴や使い道や将来性を解説

POA(POANetwork/ポアネットワーク)の概要

通貨名称 POA(POANetwork/ポアネットワーク)
最大発行数 2億5246万800枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://poa.network/
ホワイトペーパー

POAの特徴や目指しているもの

POAは、イーサリアムを利用したブロックチェーンのプラットフォームで、もともとは「Oracles Network」という名前でした。スマートコントラクトが高速にできるのが特徴です。データベースで世界的に有名なOracle社とは関係ありません。

「スマートコントラクトならイーサリアムでもできるのに、POAに需要はあるの?」と思う方もいるでしょう。POAがイーサリアムよりも優れている点、その他の特徴やメリット、将来性について解説していきます。

POAの仕組み

POAは、イーサリアムを基盤としたスマートコントラクトと分散型プラットフォーム(Dapps)の開発プラットフォームになっています。公式サイトにもイーサリアムにできることはPOAにもできると記載されています。しかし、それだけではイーサリアムと変わりません。わざわざPOAを開発する意味はなくなってしまいます。

POAとイーサリアムの大きな違いはコンセンサスアルゴリズムが違うことです。POAは、コンセンサスアルゴリズムに世界ではじめてPoAを採用しました。これがPOAのもっとも大きな特徴です。イーサリアムはコンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)を採用しています。

高速決算を実現するコンセンサスアルゴリズムを導入

POAはコンセンサスアルゴリズムにPoAを採用することで取引の処理速度アップを実現します。PoAでは難しい計算などが不要なので、高速かつ安全性の高い取引が可能。ブロックの生成時間は5秒です。イーサリアムはブロック生成に15秒かかりますので、3倍のスピードで処理をすることができることになります。

POAの将来性

筆者が考えるPOAの将来は、比較的明るいのではと思います。まず、イーサリアムをベースにしつつ、処理速度のアップや安全性の強化を実現するという点が硬派で実用性が高いといえます。投資家から見ても魅力的です。無駄にサービスをつけていない、シンプルで割り切った姿勢が好感が持てます。

コンセンサスアルゴリズムにPoAを採用しているという点が大きな特徴であり強みです。個人情報をさらされたバリテーターがトランザクションを承認しているというのがアナログ的ですが、安心感が持てるのは確かです。PoAは、厳密にはブロックチェーンの概念に反します。しかし、それで安全や処理速度が担保されるのであれば良いのではないでしょうか。

POAが日本に上場する可能性

投資家の期待は高いですが、仮想通貨全体で150位あたりだと、まだ日本の取引所に上場するまでは難しいでしょう。当分、購入はバイナンスなどの海外の取引所を利用してください。

POAが購入できる海外の取引所一覧

    バイナンス
  • Bibox
  • Tidex
0 0

この記事の共有はここから