POAの特徴や将来性、POAが購入できるおすすめの取引所

POAの特徴や使い道や将来性を解説

POAの概要

通貨名称 POA
最大発行数 252,460,800枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://poa.network/
ホワイトペーパー

POAの特徴や目指しているもの

POAは、イーサリアムを利用したブロックチェーン のプラットフォームでもともとは「Oracles Network」という名前でした。スマートコントラクトが高速にできるのが特徴です。データベースで世界的に有名なOracle社とは関係ありません。

「スマートコントラクトならイーサリアムでもできるのに、POAに需要はあるの?」と思う方もいるでしょう。POAがイーサリアムよりも優れている点、その他の特徴やメリット、将来性について解説していきます。

コンセンサス・アルゴリズムにPoAをはじめて採用

POAは、イーサリアムを基盤としたスマートコントラクトとDappsの開発プラットフォームになっています。公式サイトにもイーサリアムにできることはPOAにもできると記載されています。しかし、それだけではイーサリアムと変わりません。わざわざPOAを開発する意味はなくなってしまいます。

POAとイーサリアムの大きな違いはコンセンサス・アルゴリズムが違うことです。POAは、コンセンサス・アルゴリズムに世界ではじめてPoAを採用しました。これがPOAのもっとも大きな特徴です。イーサリアムはコンセンサス・アルゴリズムにProof of Work(PoW)を採用しています。

POAはコンセンサス・アルゴリズムにPoAを採用することで取引の処理速度アップを実現します。PoAでは難しい計算などが不要なので、高速かつ安全性の高い取引が可能。ブロックの生成時間は5秒です。イーサリアムはブロック生成に15秒かかりますので、3倍のスピードで処理をすることができることになります。

バリテーターは安全な人々?

あらかじめ決められたバリテーターという人たちが承認の権限を与えられるのは不公平では?と思うかもしれません。バリテーターは個人の名前や住所など個人情報をネット上に晒されています。不正しようものなら、すぐに所在が分かってしまう為、現実的に不正は起こりにくいだろう、という考え方のもとに成り立っています。バリテーターの人々は「Master of Ceremony」というネPOAの創始者たちから渡された12個の初期キーを保持し、ネットワークの運営・保持を務めています。

ただし、バリテーターという特定の人が承認をするということは中央集権と同じですので、本来のブロックチェーンの概念には当てはまらないといえます。個人情報をさらされた中央管理者が承認をしているというのと同じです。このあたりは今後調整、修正されるかもしれません。

ICOがなんと58秒で終了!?

なんと!POAは2017年にICOを開始するとわずか58秒で予定枚数が完売しました。それだけ投資家が注目し、将来性があると思われたのでしょう。2017年の時点でPOAに目をつける投資家の先見の明もすごいですが・・・ICOだけで良し悪しは評価できませんが、明るい材料であることは確かです。

筆者が考えるPOAの今後の将来性

筆者が考えるPOAの将来は、比較的明るいのではと思います。まず、イーサリアムをベースにしつつ、処理速度のアップや安全性の強化を実現するという点が硬派で実用性が高いといえます。投資家から見ても魅力的です。無駄にサービスをつけていない、シンプルで割り切った姿勢が好感が持てます。

コンセンサス・アルゴリズムにPoAを採用しているという点が大きな特徴であり強みです。個人情報をさらされたバリテーターがトランザクションを承認しているというのがアナログ的ですが、安心感が持てるのは確かです。PoAは、厳密にはブロックチェーンの概念に反します。しかし、それで安全や処理速度が担保されるのであれば良いのではないでしょうか。

POAが日本に上場する可能性

投資家の期待は高いですが、仮想通貨全体で150位あたりだと、まだ日本の取引所に上場するまでは難しいでしょう。当分、購入はバイナンスなどの海外の取引所を利用してください。

POAが購入できる海外の取引所一覧

    バイナンス
  • Bibox
  • Tidex
0 0

この記事の共有はここから