PIVXの特徴や使い道、チャートからわかる今後の将来性を完全解説

PIVXの今後の将来性

PIVXの概要

通貨名称 PIVX
最大発行数 4,316,650枚(いまはPoSを採用しているので事実上は無制限)
公開日 2016年2月1日
公式サイト https://pivx.org/
ホワイトペーパー https://pivx.org/wp-content/uploads/2017/03/PIVX-purple-paper-Technincal-Notes.pdf

PIVXの特徴や目指しているもの

PIVXは、ビットコインとダッシュをベースに作られた匿名性と高速決済処理を可能にしたオープンソースの仮想通貨です。もともとは、「DNET」という名前でした。2016年2月に発行されていますから、仮想通貨の中では古い方ですね。匿名性と高速決済という、仮想通貨の抱える大きな問題点の解決に取り組んだPIVX。

どのような特性、プロダクトを持っているのでしょうか?今回はPIVXの特徴やメリット、将来性について解説していきます。

ゼロ知識証明によってトランザクションの匿名性の高さを実現

PIVXは暗号学の「ゼロ知識証明」を利用することにより、トランザクションの匿名性を高く保つことを実現しています。ゼロ知識証明とは、ある命題が正しいということを証明するために、「命題が正しい」ということ以外は一切に伝えずに、命題が正しいことを証明できる手法のことです。もう少しくだけた表現をすると、「内容は教えられないけど、その内容は知っているよ!」ということです。

たとえば、あるパスワードは知っているけど、パスワードの内容を教えることはできないというケースはありますよね。パスワードの場合は、内容を伝えずに認証することができるので、パスワードを知っているということを証明することができます。このゼロ知識証明を応用した「ゼロコインプロトコル」という技術、そして「coin join」という技術も利用されています。「coin join」とは、複数の送信情報を一度集めてからごちゃ混ぜにし、受信者に送信することで、送受信者が特定できなくなる技術です。「ゼロコインプロトコル」と「coin join」を利用することで、PIVXはトランザクションの内容が第三者にはわからないようにするということを可能にしました。

PIVXにはリワードシステムがある

PIVXを売買以外で得る方法として以下があります。

  1. マスターノードの運用
  2. マイニングの報酬

マスターノードとは、公式サイトによると「同じブロックチェーン上で同じウォレットソフトウェアを実行しているネットワーク上の別のサービスを提供するノード」だそうです。

PIVXでは、マスターノードが増えすぎたり、固定化して中央集権的になったりしないようにリワードシステムを採用しています。マスターノード全員が持っているコインが増えるとマスターノードへの報酬が減り、マイナーの報酬が増えます。マスターノード全員のコインが減ればマスターノードへの報酬が増え、マイナーの報酬が減るというようにシーソーシステムによりバランスが取れるようになっています。

swift TXにより即時決済が可能に!

PIVXはswift TXという技術を利用することで、即時決済を可能にします。ビットコインでも即時決済は可能ですが、トランザクションの処理に時間がかかるため、決済後にキャンセル可能性が高い、というデメリットがあります。PIVXはマスターノード同士のネットワークが高速なため、決済後に取引がキャンセルされる可能性はとても低いのが特徴です。

コンセンサス・アルゴリズムにPoSを採用

PIXはコンセンサス・アルゴリズムにPoS(Proof of Stake)を採用しています。2016年8月までは、ビットコインと同じPoW(Proof of Work)を採用していました。PoSに変わったと同時に、コインの発行上限が無制限になりました。そのため、マイナーに対する報酬が安定して支払うことが可能になりました。

筆者が考えるPIVXの今後の将来性

PIVXの将来性については、正直よくわかりません。

高い匿名性を実現したことと、決済処理の即時処理など、一見ユーザーにとってはメリットが高そうです。しかし、匿名系の仮想通貨はマネーロンダリングに利用されたり、犯罪が起きた時に追跡できなかったりする為、国は嫌がります。もし国で規制されてしまうと流通するのが難しくなってしまうというのが一番の懸念点です。もっとも仮想通貨は中央集権的なものではありませんし、国境は関係ありませんから、規制しようとしても規制しづらいのは事実です。

しかし、PIVXに出資してくれる大手企業は手を挙げづらいでしょう。日本であれば、誰もが知っているような大手からの援助は期待できない可能性が高いです。ただでさえ、日本の大手企業は保守的です。国がよく思っていないプロジェクトに出資するような冒険はまずしません。

また、決済処理の速度ですが、PIVXはブロックの生成時間が60秒です。ビットコインが10分ですから、ビットコインよりは10倍早いといえるでしょう。しかし、ブロック生成時間がもっと早い仮想通貨は数多あります。数秒でブロック生成できるトークンも多いので、特別PIVXが速いとは今はいえません。もちろんこれからさらにアップグレードされていく可能性があるので、一概には言えませんが。

匿名性を重視するとどうしても1つのトランザクションが大きくなってしまいます。1つのブロックに書き込めるトランザクションの数が少なくなると、どうしても取引を記録するのに時間がかかってしまいます。これをスケーラビリティ問題といい、多くの仮想通貨が抱える課題です。匿名性とトランザクション処理の両立をどのように行なっていくかが、PIVXの課題です。

チャートをみてみましょう。
PIVXチャート
2017年4月16日に爆発的にあがり0.00160BTC(円建てだと2018年1月10日がピークで1,511円)を記録しています。その後、急降下しますが、2017年12月7日にミニマムの0.00030BTC(円建てだと、2017年3月上旬までずっと3円をキープ)まで下がりますが、上がり下がりを繰り返し、2018年5月13日現在は、0.000648BTC(約600円)をつけています。

仮想通貨全体でも38位とかなり上位。価格、順位はいいですが、今度の将来性という点ではクエスチョンです。筆者なら買いません。

PIVXが日本に上場する可能性

仮想通貨全体で38位と上位につけていることと、比較的古いトークンなので、日本の取引所に上場してもおかしくありませんが、前述のように、匿名系の仮想通貨は国が敬遠します。そう考えると、日本の取引所に上場するのは難しいかもしれません。現に、いまのところ日本の取引所に上場するという情報はありません。購入する際には、海外の取引所を利用しましょう。

PIVXが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Cryptopia
  • Upbit
  • YoBit
0 0

この記事の共有はここから