PINKとはどんな仮想通貨?PINKの特徴と今後の将来性を解説

PINKはどんな仮想通貨?特徴・将来性を解説

PINKの概要

通貨名称 PINK(PinkCoin)
最大発行数 5億枚
公開日 2014年5月
公式サイト https://getstarted.with.pink/
ホワイトペーパー

PINKの特徴や目指しているもの

PINK(PinkCoin/ピンクコイン)は、慈善事業に革命をもたらすプラットフォーム「Pinkcoin」上で使用される仮想通貨です。ユーザーはウォレット内にPINKを保存するだけで報酬を得ることができ、しかもその一部(一定割合)を自動的に寄付します。寄付をすると次回以降の報酬が増えるというシステム「D4L」を採用しており、寄付をすることによって自らも利益を得られるのが大きな特徴です。

PINKはチャリティを丸裸にする

Pinkcoinは、現状の不透明なチャリティの仕組みを破壊し、その全貌を明らかにするためのプロジェクトです。今までは外部の人間がチャリティの主催者が集めたお金をどのように使っているかを十分に把握することは出来ませんでしたが、Pinkcoinはブロックチェーンを活用することによって、その問題を解決しています。

PINKは慈善とパレート最適を追求しています。パレート最適とは、ある人の効用を犠牲にすることなく別の人の効用を改善することが出来ない状態です。資源が最も効率的に分配されている状態と言えます。パレート最適を達成するためのシステムがD4L(後述)です。

PINKの3つのコンセンサスアルゴリズム

PINKは「PoW(Proof of Work)」「PoS(Proof of Stake)」そして「FpoS(Flash Proof of Stake)」という3つのコンセンサスアルゴリズムを採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、マイナーを決めるためのルールのことです。マイナーとはマイニングを行うことによって取引台帳に取引を記録し(新しいブロックを生成し)、その見返りとして報酬を受け取る人のことです。

PoWは計算競争によってマイナーを決める仕組みです。最も計算を早く解き終えたものがマイニングを行い、報酬を受け取る権利を得ます。ビットコインを筆頭に多くの仮想通貨で採用されている仕組みであり、ハッキングに強いのが特徴です。一方で消費電力量が多くなり、マイニングの寡占化が起こりやすいというデメリットもあります。

PoSは仮想通貨保有量に応じてマイナーを決める仕組みです。保有している仮想通貨の量が多いほど、マイナーになれる確率が高まります。この仕組みのもとでは通貨保有量と報酬量が比例します。計算競争が生まれないため弱小マイナーも生き残りやすく、消費電力量も抑えられますが、通貨を保有することがプラスにつながるため、流動性が阻害されるという欠点もあります。

FpoSはPoSの高速処理イベントです。以下の時間帯にだけ行える特別なPoSマイニングです。

  • 0:00~1:00
  • 5:00~6:00
  • 10:00~11:00
  • 15:00~16:00

この時間中は通常のPoSよりマイニングがしやすく、しかも報酬が高くなります。

PINKは3つのマイニングを併用することによって、ネットワークの安全性を強化しています。

D4Lの仕組み

D4Lにはサイドステークブロックチェーンテクノロジーという機能が付随しています。サイドステークによって独自のトランザクションが可能になります。これは簡単に言えば、PoSもしくはFpoSによって得た報酬の一部を寄付に回せるシステムです。寄付を行うとそのことが履歴に残るだけでなく、次回以降の報酬が増えます。寄付をすることによって自分も得をするため、自然と寄付が促されます。

筆者が考えるPINKの今後の将来性

現時点では、多少の将来性はあると見ています。寄付のためのプラットフォームは少なくありませんが、寄付をすると次回以降の報酬が増えるというのは大きな差別化点となっています。

ただ、それ以外にはこれと言って特別優れている点があるわけでもありません。過度な期待はしないほうが良いでしょう。

PINKが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

PINKが購入できる海外の取引所一覧

  • Bittrex
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから