PINKの特徴や将来性、PINKが購入できるおすすめの取引所

PINKはどんな仮想通貨?特徴・将来性を解説

PINKの概要

通貨名称 PINK(PinkCoin)
最大発行数 5億枚
公開日 2014年5月
公式サイト https://pinkcoin.com/
ホワイトペーパー

PINKの特徴や目指しているもの

PINKは、慈善事業に革命をもたらすことを目指すプラットフォーム「Pinkcoin」上で使用される仮想通貨です。ユーザーはウォレット内にPINKを保存するだけで報酬を得ることができ、しかもその一部(一定割合)を自動的に寄付します。
寄付をすると次回以降の報酬が増えるというシステム「D4L」を採用しており、寄付をすることによって自らも利益を得られるのが大きな特徴です。

PINKはチャリティを丸裸にする

Pinkcoinは、現状の不透明なチャリティの仕組みを破壊し、その全貌を明らかにするためのプロジェクトです。今までは外部の人間がチャリティの主催者が集めたお金をどのように使っているかを十分に把握することはできませんでしたが、Pinkcoinはブロックチェーンを活用することによって、その問題を解決しています。

PINKは慈善と参加者全員に最大限の便益が達成されている状態(パレート最適)を追求しています。この両方を達成するためのシステムが、後述するD4Lです。

PINKの3つのコンセンサスアルゴリズム

PINKはコンセンサスアルゴリズムに、Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)、Flash Proof of Stake(FpoS)の3つを採用しています。PINKは3つのコンセンサスアルゴリズムを併用することによって、ネットワークの安全性を強化しています。

D4Lの仕組み

D4Lにはサイドステークブロックチェーンテクノロジーという機能が付随しています。これは簡単に言えば、PoSもしくはFpoSによって得た報酬の一部を寄付に回せるシステムです。寄付をすると履歴に残り、次回以降の報酬が増えます。寄付をすることによって自分も得をするため、自然と寄付が促されます。

筆者が考えるPINKの今後の将来性

現時点では、多少の将来性はあると見ています。寄付を目的とするプラットフォームは珍しくありませんが、寄付をすることで次回以降の報酬が増えるというのは大きな差別化点となっています。

ただ、それ以外にはこれと言って特別優れている点があるわけでもありません。過度な期待はしないほうが良いでしょう。

PINKが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

PINKが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから