PBLの特徴や将来性、PBLが購入できるおすすめの取引所

PBL

PBLの概要

通貨名称 PBL
最大発行数 約1200万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://publica.com/
ホワイトペーパー

PBLの特徴や目指しているもの

PBLは、2017年11月に取引が始まった、比較的歴史の浅い仮想通貨です。Publicaというプロジェクト上で使用されます。

PBLは出版と仮想通貨を組み合わせた一大プロジェクトです。誰もが出版社を通さずに、「Book ICO」を通じて本を出版できるようになります。Book ICOでは、本の著者は今後の作品を読める権利を得るためのトークンを販売し、投資家はそれを購入します。このシステムにより、著者は早い段階で執筆にかかる費用を賄うことができます。

現代の本の出版の流れ

現代で本が出版されるまでの流れは非常に複雑かつ長大です。編集者による企画立案と編集会議を経て、ライターによる執筆と校正、印刷を経て、製本されたものが書店やネット通販で販売されることで読者の手に届きます。

一連の工程にはおよそ数カ月から数年程度の時間がかかり、それだけの時間をかけても必ず売れる本になるとは限りません。書籍の出版とは、このように極めて時間とコストのかかる事業なのです。

著者の一存だけでは出版には至らない

本を作る上で最も大きな役割を果たすのは出版社の編集者です。もちろん、著者も大事な役割ですが、編集者には及びません。

著者の一存だけでは、出版にはどうしても至らないのです。なんとしても本を出版したい!という場合は出版社への持ち込み、もしくは自費出版を選ぶことになります。前者は競争が激しく大抵の場合は箸にも棒にもかからないですし、後者の場合は結果的に赤字になるケースが多いです。

また、本を出版するためには費用がかかりますが、その費用は基本的に売上で回収することになります。つまり、先にお金を払って、後で回収するという仕組みです。この仕組のもとでは、売上が十分に上がらなかった場合に赤字となってしまいます。こうした問題点を解決するために作られたのが、Publicaです。

Publicaの仕組み

Publicaは本の著者のためのICOプラットフォームです。著者はPublica上で、自分の意志だけでBook ICOを行うことができます。Book ICOとは、文字通り本を発行するためのICOのことです。

Book ICOの仕組み

Book ICOは、上記のICOの仕組みをさらに発展させたものです。本の著者は自身の今後の作品を読める権利を得るためのトークンを販売します。そうすることで、著者は早い段階から活動資金を集めることができます。通常の出版では先に経費をかけて後で売上で回収するというシステムになっていますが、Book ICOでは先に活動資金を得て後でそれを費やすというシステムになるため、赤字のリスクを抑えることができます。

著者は集めた資金を元に、執筆活動を行います。もちろん、必要に応じて集めた資金で取材やインタビューを行うこともできます。そうして完成させた作品はブロックチェーン上に記載され、トークンを持つ人だけが読むことができます。

上記の方法で発行されたトークンは、他者と売買することもできます。なので例えば人気作家が本を出すという場合は、その人の作品に興味がなくても予めICOでトークンを買っておき、後で値上がりしたらその作品のファンに売る、という儲け方が考えられます。

スマートコントラクトで安全な契約を実現

Publicaでは、スマートコントラクトを導入することで、スムーズに契約を結びやすくしています。スマートコントラクトを活用するメリットは複数ありますが、一番大きいのは契約から実行までの取引がスムーズになることです。

第三者の介入なしに安全に取引ができるため、これまでかかっていた手間、あるいは費用を大幅に削減することができます。

筆者が考えるPBLの今後の将来性

現時点では、それなりに期待しています。自分の本を世の中に出したいと考えている人は少なくないので、そうした著者からの利用はかなり期待できるでしょう。

PBLが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

PBLが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから