OPCの特徴、今後の将来性と購入できるおすすめ取引所まとめ

OPCの特徴や将来性と、おすすめ取引所

OPCの概要

通貨名称 OPC(OP Coin)
最大発行数 約24億7000万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://opcoin.info/
ホワイトペーパー

OPCの特徴や目指しているもの

OPC(オーピーコイン)は、非常に高い配当が特徴のPoS(Proof Of Stake)型仮想通貨です。ウォレットに入れておくだけで、最大年率1500%のペースでコインが増えていきます。将来的にはOPCを使ったゲーム販売サイトも立ち上げられる予定であり、決して年率が高いだけのコインではありません。

PoSとは?PoWとの違いは?

PoSは、コンセンサスアルゴリズムの一種です。コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンを支える技術の一つであり、合意を形成するための仕組みです。もう少し簡単に言えば、「取引の承認を誰に行わせるか」を決める仕組みです。

ビットコインを筆頭とする(OPCも含む)多数の仮想通貨は管理人が存在しない非中央集権的なシステムです。しかし、管理人は存在せずとも、取引発生時には誰かが取引の承認を行わなければなりません。

コンセンサスアルゴリズムはこの取引の承認を誰が行うか、についてまとめたルールブックです。コンセンサスアルゴリズムにはいくつか種類がありますが、取引の承認を行うとそれに応じた報酬が受け取れるという点では一致しています。

コンセンサスアルゴリズムの中でも特に有名なのがPoWです。PoWはビットコインを筆頭に数多くの仮想通貨で採用されているもので、簡単に言えば「計算を最も早く解き終えた者に取引の承認を行わせる」という仕組みです。計算競争をマイニング、計算競争に参加する人たちはマイナーといいます。

この仕組みの元では、取引の承認を行うためには膨大な計算が必要です。必然的に、不正を行うにも膨大な計算力が必要になります。仮に不正をしようとする場合は、世界中のマイナーのコンピュータの計算能力を上回る必要がありますが、それを実現するのはかなり難しいです。仮にそれほどの計算力を手に入れたとしても、不正をするよりも正当なマイニングを行った方が遥かに効率的に稼げるため、やはり不正は起きません。

一方で、電力消費量が大きいため電気代がかさむ、高性能なコンピュータを用意できないと実質的にマイニング競争に参加できないという欠点もあります。

こうしたPoWの問題点を改善するために考案されたのがPoS(Proof of Stake)です。PoSは簡単に言えば、コインの保有量が多い者に優先的に取引の承認を行わせる仕組みです。(一定期間の間に)コインを10枚持っているものには10回、コインを1枚持っているものには1回承認を行わせる、といった感じです。

この仕組みは計算競争ではないので、電気代がかかりません。また、少額しかコインを保有していない人でも少しだけ承認ができる(それに伴う報酬が受け取れる)ため、公平感が高いです。ウォレットに保有しているだけでコインが増えていくため、面倒な作業も必要ありません。

OPCの年率は最大1500%!

PoSの仕組みは、通貨の保有量に応じて報酬が与えられるという点で、銀行預金に似ています。銀行預金の1年間の保有量に対する利息の割合を年率といいますが、OPSの年率はなんと最大1500%です。ウォレット内にただ仮想通貨を入れておくだけで、1年後には15倍に増えているわけです。

ただし、年率は常に一定ではなく、発行済のブロックの個数に応じて変化します。具体的な年率は以下のとおりです。

ブロック数 年率
~1万 100%
1万~3万 500%
3万~5万 1000%
5万~10万 1200%
10万~12万 1500%
12万~15万 1000%
15万~20万 500%
20万~ 100%

最も年率が低い20万~でも100%であり、銀行預金とは比べ物にならないくらい高利率です。もちろん、OPCは法定通貨と比べて値動きが激しいという欠点はありますが、コインが急速に増えていくのは嬉しい限りです。

仮にチャート自体はヨコヨコであっても、保有量の増加分で利益を得られます。発行上限もきちんと設定されているため、供給し過ぎによるインフレが起こるリスクもありません。

OPCのマイニング方法

まずは公式サイトからウォレットをダウンロードし、インストールします。インストールは通常自動で行われます。

ウォレットを立ち上げると自動的に同期がスタートするため、終了するまで待ちます。後はウォレットのアドレス宛にOPCを送金し、暗号化を行い、アンロックを行えばOKです。パソコンが壊れたときに備えて、バックアップも念の為に取っておきましょう。

OPCStore

OPCStoreとは、現在開発が進められているゲームプラットフォームです。今人気のSteamのようなものです。ユーザーはOPCStore上で、OPCを使ってゲームを購入できます。OPCはただ利率が高いだけではなく、実用性も確保しようとしています。

OPCX

OPCXは、OPCoinから派生した、2018年5月に誕生したばかりの仮想通貨です。ギフトカードショップとの連携や、マスターノードの設立などがOPCとの差別化点です。マスターノードとは通常のノード(コンピュータ)とは違った与えられる役割を持つノードで、これが存在する仮想通貨はそうでない仮想通貨と比べて高速送金が行われます。

OPC保有者は、20:1の交換比率でOPCXと交換することも可能です。

筆者が考えるOPCの今後の将来性

中短期的には値上がりが期待できると思っています。好材料がまだいろいろと残っていますし、年率が最低でも100%、最高で1500%というのは他の仮想通貨には見られない大きな魅力です。

ただ、OPCoinの実用性はそこまで高いわけではない(OPCで使われるくらい)ため、長期的に値上がりするかというと疑問が残ります。むしろ年率の低下につれて、ユーザーそのものが減っていくことも考えられます。時価総額も安く、価格変動も大きいため、ポートフォリオの中心に組み込むのは避けたほうがいいでしょう。

OPCが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、そちらを利用するといいでしょう。

OPCが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • Coinexchange
  • Trade Satoshi
0 0

この記事の共有はここから