OPCの特徴や将来性、OPCが購入できるおすすめの取引所

OPCの特徴や将来性と、おすすめ取引所

OPC(OPCoin/オーピーコイン)の概要

通貨名称 OPC(OPCoin/オーピーコイン)
最大発行数 約24億7000万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://opcoin.info/
ホワイトペーパー

OPCの特徴や目指しているもの

OPCは、ウォレットに入れておくだけで、最大年率1500%のペースでコインが増える非常に高い配当が特徴の仮想通貨です。
将来的にはOPCを使ったゲーム販売サイトも立ち上げも予定されていて、決して年率が高いだけのコインではありません。

OPCの仕組み

OPCはコンセンサスアルゴリズムにPloof of Stake(PoS)を採用しています。これにより最大1500%の年率での利息が期待できます。ただし、年率は常に一定ではなく、発行済のブロックの個数に応じて変化します。具体的な年率は以下のとおりです。

ブロック数と年率

ブロック数 年率
~1万 100%
1万~3万 500%
3万~5万 1000%
5万~10万 1200%
10万~12万 1500%
12万~15万 1000%
15万~20万 500%
20万~ 100%

最も年率が低い20万~でも100%であり、銀行預金とは比べ物にならないくらい高利率です。もちろん、OPCは法定通貨と比べて値動きが激しいという欠点はありますが、コインが急速に増えるのは魅力です。

仮にチャート自体はヨコヨコであっても、保有量の増加分で利益を得られます。発行上限もきちんと設定されているため、供給し過ぎによるインフレが起こるリスクもありません。

OPCの将来性

中短期的には値上がりが期待できると思っています。好材料がまだいろいろと残っていますし、年率が最低でも100%、最高で1500%というのは他の仮想通貨には見られない大きな魅力です。

ただ、OPCoinそのものの実用性はそこまで高いわけではないため、長期的に安定して値上がりするかというと疑問が残ります。むしろ年率の低下につれて、ユーザーそのものが減っていくことも考えられます。時価総額も安く、価格変動も大きいため、ポートフォリオの中心に組み込むのは避けたほうがいいでしょう。

OPCが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに海外の仮想通貨取引所に上場しているので、そちらを利用するといいでしょう。

OPCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから