ONIONの特徴や将来性、今後の予定について詳しく解説

ONIONの特徴・将来性を解説

ONIONの概要

通貨名称 ONION
最大発行数 1890万枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://deeponion.org/
ホワイトペーパー

ONIONの特徴や目指しているもの

ONIONは、Torネットワークと統合された、匿名性の高さが魅力の通貨(匿名通貨)です。利用者のプライバシー確保を最優先に掲げており、ありとあらゆる団体からの攻撃、ハッキングを想定した対策を進めています。

P2Pを活用した匿名化技術「Tor」

The Onion Router(Tor)とは、ピア・ツーピア(P2P)技術を用いた、接続経路を匿名化する技術、もしくはその技術をもとに開発されたソフトウェアです。もともとは米海軍調査研究所(NRL)によって開発されたソフトウェアですが、現在はオープンソース化されており、Torを搭載したブラウザも提供されています。

Torのソフトウェアが搭載されたコンピュータは、Tor独自のネットワーク(Torネットワーク)を通じて通信を行います。ネットワーク上には複数のノードが存在し、そのノードをいくつか経由してから最終的な目的地にたどり着く、という仕組みになっています。

ノードは世界中に点在していて、経由するノードは毎回動的に変更されるので、利用状況の追跡をするのは非常に難しいとされています。その独自の性能から、言論統制が厳しい国家での情報交換、Wikileaksなどでの情報公開など、立場を危うくする通信を利用する際によく使われています。

ONIONの3つの機能

DeepVaultは、利用者がブロックチェーン上に保存したデータが不正に改ざんされていないかを確かめる「DeepVault」と>ONIONに関する情報を発信したり、プロモーション活動に貢献したりした人に対して支払われる独自のポイントの「DeepPoints」が実装されていて、今後投票機能として「VoteCentral」の搭載が予定されています。

筆者が考えるONIONの今後の将来性

匿名通貨自体の需要はたしかにありますが、その分匿名通貨そのものの数も多く、競争を勝ち抜ける見込みが小さいことから、先行きは暗いと考えています。ロードマップでは仮想通貨取引所の増加やスマートコントラクトの推進について触れられていますが、2018年も半分が終わった現時点ではこれらの取組みに関する周知がほとんどされていないのも懸念点です。

加えて、匿名通貨は国家からの規制を受けるリスクも高いので、投資対象にするときでも、少額にとどめておくのが賢明でしょう。

ONIONが日本に上場する可能性

ONIONはまだ時価総額が低く、すぐに国内の仮想通貨取引所に上場することは現時点では考えられません。すでに海外の複数の仮想通貨取引所に上場されているため、今すぐ解体という方はそちらを利用するといいでしょう。

ONIONが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから