ODEの特徴と今後の将来性、ODEが購入できるおすすめ取引所

ODEの特徴・将来性・おすすめ取引所

ODE(ODEM/オーデム)の概要

通貨名称 ODE(ODEM/オーデム)
最大発行数
公開日 2018年3月
公式サイト https://ODE.io/
ホワイトペーパー

ODEの特徴や目指しているもの

ODEは、教育格差の解消やオンラインでの教育の実現、将来的に大学を設立することを目的とした仮想通貨です。学生はODEMを通じてさまざまなオンライン講義を受講や、現実での学習体験に参加したりできます。教授はその見返りとして学生から報酬を受け取ります。大学を仲介しない新しい教育のあり方を提供することで、学生はもちろん、社会人の「学びたい」という意欲にも答えるサービスと言えます。

ODEMとODEの仕組み

近年、世界各地(特に先進国)で教育費用の高騰が問題となっています。教育にかかる費用の高騰は階層の固定化を招き、格差の拡大にマイナスの影響を与えることが懸念されています。

このような教育格差は1国内だけでなく、国と国の間にも存在します。例えば日本には義務教育制度があり、中学校まではよほどの過疎地域でない限り徒歩で通うことができますが、貧しい国の中には学校に行くために何時間もかけたり、あるいはそもそも学校に通えなかったりする子供が少なくありません。

ODEMはこのような現状世界に存在する様々な教育の問題点を解決するためのツールです。

ODEを一言で表せば、オンライン授業配信サービスです。ODEM上では教授が自らの授業を配信し、それを生徒が受講して学びます。「映像による授業」というのはすでに様々な場所で行われていますが(例えば放送大学もその一種と言えます)、その多くは収録した動画の公開という一方通行なものでした。

それに対して、ODEは生配信であり、なおかつチャット形式で教授と学生が双方向でコミュニケーションが可能なので、より講義室で受ける授業に近い形になり、遠隔地に住んでいる学生でも、簡単に授業が受けられるようになります。

スマートコントラクトで安価な授業料を実現

ODEには決済システムがあり、授業を受ける学生はODE上で直接授業料を支払います。大学のような中抜きをする仲介期間がないため、学生はより少ない授業料を支払うだけで済み、教授はいつもより多い受講料を得られます。支払いを正確に実行するために、スマートコントラクトを採用しています。

スマートコントラクトとは、契約を自動化するための仕組みです。契約の内容と、それを実行するための条件を予め定義しておくと、その条件が満たされた時に、自動で契約が実行される、という仕組みになっています。この仕組みを採用することによって、生徒が受講料を聞き逃げしたり、教授が授業料だけ取って雲隠れしたりするような自体は発生し得なくなるため、双方ともに安心して授業に参加できます。支払手段はODEです。

ODEの将来性

現時点では、かなりの将来性のあるプロジェクトだと考えています。教育格差は世界中で問題となりつつあることなので、賛同者を集めること自体は難しくないでしょう。

ただ、このシステムにはODEM上で授業をこなってくれる教授の存在が必要不可欠です。そうした人材をどのように集めるのかについては正直疑問も残ります。「ODEMで授業をはじめてみたけれど、プラスにならないので撤退する……」と思わせないような仕組みづくりを期待したいところです。

ODEが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

ODEが購入できる海外の取引所一覧

  • Bitforex
  • DragonEx
  • YoBit
0 0

この記事の共有はここから