OCNの特徴や将来性、OCNが購入できるおすすめの取引所

OCNの特徴や将来性を解説

OCNの概要

通貨名称 OCN
最大発行数 100億枚
公開日 2018年1月
公式サイト http://www.ocnex.net/
ホワイトペーパー

OCNの特徴や目指しているもの

分散型シェアリングエコノミープラットフォーム「ODESSEY」で流通するトークンが、OCN(Odyssey/オデッセイ)です。

シェアリングサービスの維持・発展にブロックチェーンとトークン、スマートコントラクト、人工知能(AI)などを利用し、ユーザーの信頼度をランク付けすることによって、サービスの改善を図るのが大きな特徴です。

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは、モノやサービスを共同所有・利用する仕組みであり、自動車を共有するカーシェアリングや民泊サービスのAirbnbなどが代表例です。

総務省の統計によれば、2015年における国内のシェアリングエコノミーの市場規模は約285億円ですが、2018年には600億円まで拡大する見通しであり、潜在的市場規模は2兆6300億円と、今後の成長が期待できるサービスです。

世界規模で見た場合、2013年の市場規模は150億ドル(約1兆6500億円)ですが、2025年には約3350億ドル(約36兆円)に達する見通しであり、やはり将来有望と言えるでしょう。

シェアリングエコノミーの懸念点

将来有望なシェアリングエコノミーですが、一方で懸念点も少なくありません。一番の懸念点は、貸し手と借り手の信頼をどのように担保するのか、ということです。貸し手は当然自分の資産を雑に扱うような人には貸したくないでしょうし、借り手は粗悪なものを貸そうとする貸し手から測りたくないでしょう。貸し手がある程度信頼のある企業の場合はそうそうトラブルは起こりませんが、両者ともに個人の場合などはそうしたトラブルが発生する確率は高まります。

ODESSEYではブロックチェーンとスマートコントラクトで契約を管理することによって、トラブルを未然に防ぎます。

ODESSEYの基本的な仕組み

ODESSEYの仕組みでは、借り手が貸し手のレビューをできます。基本的な仕組みはAmazonや楽天市場などのレビューと同じで、良かった点や悪かった点を書き込めます。レビューは他の借り手にとっては非常に重要な参考意見となります。

信頼できるレビューを作成した人にはOCNが与えられるのでレビューを書くインセンティブが存在していて、ネットワークの健全性維持が期待できます。

また、ODESSEYのもとでは、サービスの利用状況も明確になります。例えばA社のサービスはリピート率が30%、B社は20%、C社は40%といったデータが明確になるのです。レビューだけでは自作自演の可能性を完全に否定できませんが、利用状況は偽れません。

借り手はレビューだけでなく、利用状況も合わせて確認することによって、より正しい判断を下せるようになります。こうした指標は貸し手にとってもサービス改善に大切な資料となり、双方にとってメリットのある仕組みと言えるでしょう。

大手IT企業を中心にパートナーシップ提携が広がる

ODESSEYはaws(Amazon Web services)、IBM,TRONなど、大手企業・プロジェクトともパートナーシップを結んでいます。パートナーシップはあくまでもパートナーシップであり、その内容は千差万別ですが、OCNのチーフアドバイザーにTRONなどの創業者であるJustin Sun氏が関わっているなど、深い関係があります。

Justin氏はそれ以外にも中国で人気の音楽サービス「Peiwo」の開発者であり、中国リップルラボの元最高責任者でもあるなど、非常に豊富な経験と高い知名度があります。こうした著名な人物が関わるプロジェクトはメディアに露出する機会も多く、長期的な価格上昇はもちろん、短期的な急騰も見込めます。

筆者が考えるOCNの今後の将来性

現時点ではなかなか期待できるプロジェクトであると言えるでしょう。シェアリングエコノミーそのものは否定するほうが難しい状態であり、順調に成長していくことは間違いありません。それに伴い、ODESSEYにも大きな成長が期待できます。

シェアリングエコノミー×ブロックチェーンのプロジェクトはいくつかありますが、ODESSEYを上回るような有望株は現状では見られません。今後も順調な開発を期待したいところですね。

OCNが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、取引を検討するならそちらの利用をおすすめします。

OCNが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから