OAXの特徴や将来性、OAXが購入できるおすすめの取引所

OAXの今後の将来性

OAX(OpenANX/オープンエーエヌエックス)の概要

通貨名称 OAX(OpenANX/オープンエーエヌエックス)
最大発行数 1億枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://www.oax.org/
ホワイトペーパー

OAXの特徴や目指しているもの

OAXは、分散型仮想通貨取引所「openANX」で流通するERC20準拠のトークンです。

openANXは分散型取引所と中央集権型取引所のいい所を併せ持ったハイブリッドな取引所を目指しています。透明性が高く、手数料を取られることもなく、流動性が高い取引所。それがOAXが目指すものです。

OAXの仕組み

国内の取引所のbitFlyerやCoincheck、Zaifなどのような取引所は管理者がいる「中央集権型取引所」の形態を採用しています。中央集権型取引所は、ハッキングやずさんな管理による資産の流失のリスクが付きまといます。

これに対して、分散型取引所には管理者がいません。参加している個人がそれぞれの資産と秘密鍵を自分で保管し、取引をする時だけ、秘密鍵を利用します。分散型取引所は掲示板のような場所を提供するだけで、個人の資産も秘密鍵も預かりません。

分散型取引所は透明性が高く、中間マージンを取られることはありません。ハッキングされるリスクもなく、いつでも取引ができるという利点もあります。しかし、分散型取引所は新しい技術のため、世の中に十分に浸透しているとは言えません。ユーザーが少ないので、全体の流通量も少なく、思うように取引ができない、というデメリットがあります。

OAXを支える分散型自立組織(DAO)

分散型取引所と中央集権型取引所のハイブリッドを実現するOAXですが、それを支えているのは分散型自律組織(DAO)という技術です。簡単にいうと、中央管理者が不在でも組織の人が勝手に動く仕組みのことです。DAOはスマートコントラクトの仕組みを利用して成り立っています。

OAXの将来性

OAXの将来は、正直微妙だと思います。分散型取引所と中央集権型取引所の良い点を併せもつ、という着眼点は良いと思います。ユーザーにとってかゆい所に手が届くようなプロダクトです。しかし、懸念材料はあります。

まず、公式サイトの中身が薄いというのは大きな欠点に数えられます。サービス内容の説明が少なく、投資家から見たら不安になります。扱う仮想通貨の種類がどのくらいあるのかも明示されていません。ERC20に準拠したトークンしか扱わない可能性もあります。

分散型取引所のプラットフォームとなるトークンは今後もリリースされる可能性が高いので競合が多いのが気になります。現在では、分散型取引所は浸透していないために流通量が少ないですが、今後は主流となる可能性が高いでしょう。そうなると流通量の問題は解決されるために中央集権型の取引所とのハイブリッドである必要はありません。そうなるとOAXの今後は楽観視できません。

OAXが日本に上場する可能性

現時点では国内の取引所への上場や上場予定はなく、仮に取引を検討するなら海外の取引所を活用するのが基本となります。

OAXが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから